亜美の場合


[1] 亜美 気持ちが楽になりました
亜美です。

> 亜美の心配は、付き合い始めた男女が誰でも持っているものではないのかな。

> だったら、それでいいじゃないか。

そう言う物でしょうか。

> だったら「露出プレイをしてくれるところだよ」と言うのもアリなんじゃないかな。


ベンジーさん、やさしいですね。
少しだけ、気持ちが楽になりました。


[2] ベンジー
> そう言う物でしょうか。

そう言うものだよ。

> 少しだけ、気持ちが楽になりました。

気持ちが楽になったのなら良かった。
でも、本当のところだと思うよ。


[3] 亜美 全裸で自販機に行かされました
亜美です。

彼の露出プレイは続いています。
車の中で全裸にされるのは当たり前のようになっています。
それだけでもドキドキなのに。

最初に内は、滅多に人が来ない駐車場とかだったのですが、この前なんて走り出すんです。
「ちょっと勘弁してよ」って言ったのですが、彼は笑っているだけで 車を止めてくれません。
シートを倒して、外から見えないようにするのが精いっぱいです。
「どこに行くの」って聞いても教えてくれません。
どこを走っているのか心配でなりませんでした。

やっと停まったと思ったら「缶コーヒー、買って来てよ」って。
私にハダカのまま行けと言うのです。
夜遅い時間ですが、誰も来ないと言う保証はありません。
「ムリ!」って言っても聞いて貰えず、
「行かないなら、もっと人の多いところで放り出そうか」なんて恐ろしいことを言うんです。
本気でするとは思いませんが、やらないと治まりそうもありません。
500円玉を一枚持って、車から降ろされました。
道路沿いの自販機です。
夜なのに、そこだけ明るいんです。
いつ車が通るかわからないのに。
覚悟を決めて小走りで自販機まで行って、缶コーヒーを一本買って車に戻りました。
必死でした。
全裸で外に出てしまったのです。
彼はとっても喜んでくれました。
「よくやったね」と褒めてくれました。
それが救いです。
でも「今度はもっと遠くまで行って貰うからね」って。

次は何をさせられるのでしょうか。

[4] ベンジー
彼と露出プレイを続けているのだね。
車の中でハダカにされて、そのまま走り出したか。
これは焦るよね。
でも、それでは済まなかったわけだ。
車から降ろされて、自販機まで歩かされた時はどんな気持ちだったかな。
全裸で外に出たということだよね。
次はもっと遠くまで、か。
楽しみだね。