亜美の場合


[1] 亜美 それは恥ずかしいことに繋がっているので
亜美です。

> 「これが俺なりの愛し方」と言うやつだね。
> 運命だと思ってあきらめることだ。


よく聞くセリフのようですが、意味不明です。
運命なんて、そんなのないです。

> 信じて、恥ずかしい思いをして来るのだね。


やっぱり恥ずかしい思いからは逃れられないのですね。

> 亜美にとっては酷いことかもしれないが、彼にとっては、まだまだなんじゃないかな。
> やりたいことはいくらでもあると言うか、湧いて来ると言うか。


きっとそうなのだと思います。
彼の楽しそうな顔を見るのは嬉しいのですが、それは恥ずかしいことに繋がっているので複雑です。

> ないと良いね。

お願いです。
あることを前提みたいに言うのは止めてください。
それじゃなくても、不安なのですから。


[2] ベンジー
> よく聞くセリフのようですが、意味不明です。

わかっているクセに。

> やっぱり恥ずかしい思いからは逃れられないのですね。

そうだよ。
亜美が彼と一緒にいたいと思えば、恥ずかしい思いをするのは避けられないということさ。

> 彼の楽しそうな顔を見るのは嬉しいのですが、それは恥ずかしいことに繋がっているので複雑です。

彼のために生きると言うのも女の幸せと言うものさ。
その分、彼も愛してくれるのだろ。

> あることを前提みたいに言うのは止めてください。
> それじゃなくても、不安なのですから。

亜美も「ある」と思っているのだね。