◎ボルダリング

近頃、人気上昇中のスポーツ「ボルダリング」。
学校に新設された練習場で、放課後、トレーニングに励むJK。
夜になり、他の生徒がいなくなると、服を脱ぎ、全裸で壁を登っていく。
壁を登るには、足を思い切り開いて、ホールドと呼ばれる突起に足を乗せなければならない。
「あぁ、こんなに足、開いちゃって。もしこれが本当の大会なら、わたしのアソコもお尻の穴も、
 大勢の観客から丸見え…」
その想像に、彼女の興奮は高まる。
その時、突然、ひとりの男子生徒が練習場に戻ってくる。何か忘れ物でも取りにきたらしい。
「えっ、やだ、大変!ホントに人が来ちゃった!どうしよう…」
片手で股間を隠し、片手一本でホールドにつかまったまま、壁の上で固まる彼女。
男子生徒は、まさか頭上の壁に、全裸のJKがしがみついているとは想像もつかない。
「お願い。絶対、上を見ちゃダメ!今、上を向かれたら、何もかも見られちゃう…」
落下しないよう必死に片手でホールドをつかみながら、
一刻も早く男子生徒が立ち去るよう祈る彼女だった。