はるかの場合


[1] はるか 野外で犯されました
お久しぶりです
はるかです
忙しくなってしまいメールがしばらく送れずすいません


課題実行しました
5月中旬、夜シースルーのチュール付きブルゾンに下着だけの格好で出かけました
今回は近くの橋の下まで隠れたりしながら歩きました。
そして橋の下に着くと服をはだけさせオナニーしました。
しかしオナニー中、近くに人が来てしかも写真を撮られてしまいました。そしてその写真を撮った人が「こんなところでオナニーしてるの?」とお酒で酔ってる状態の20代前半くらいの男性が声をかけてきました。
隠せもしなかったのではいと答えると「欲求不満だね〜オナニーしてる写真とっちゃったんだけどさ〜こればらまかない代わりにヤらせてくれたりない?発育いいしそういうの好きでしょ?若いしゴムつけるからさ〜」と言われました。
当然断れもしませんでしたので、はい、わかりましたと言いすると「おっ積極的〜まあ写真撮られてるし当然か〜笑ならまずここから綺麗にしてもらおうかな」と言い男性がブツを出してきたので彼の指示通りに私はフェラをしました。ある程度すると「そろそろゴム付けてくれる?そっちはもう準備いらないでしょ?」と言われてゴムを付けてあげ私の中にブツが挿入されました。野外でのエッチで犯されてるにも関わらず興奮してしまいました。そしてエッチが終わると「ホテルでもう一回しない?」と誘われ私はOKして二人で「名前なんて名前なの?」とか「よくオナニーしてるの?」とかお話しながらラブホまで歩いていきました。彼はまだ独身で会社の同期との飲み会後だそうでした。ラブホに着くと二人でお風呂に入ったりベッドでおもちゃを使ったりコスプレを借りたりしてエッチしたりしました。そしてそのまま二人で寝てしまいました。起きると彼は酔ってたときのことがうろ覚えだったらしく私が裸で隣で寝てたことに驚いていました。そして私が訳を話すと彼は謝ってきましたが私もエッチなが気持ちよかったので「全然いいですよ。もしよければまたしましょう」といいLINEを交換しました。
そして帰ろうとしたとき私が服が下着とシースルーのチュール付きのブルゾンしかないことに気づき「流石に朝にこの格好はマズイね」と彼が言ってくれ店までは彼の上着を借りて服を買ってくれました。そしてその店で別れ私は彼の買ってくれた服で家に帰りました。
課題の服でオナニーするだけのはずが凄い日になりました笑

[2] ベンジー
課題をするだけの筈が、すごい展開になってしまったね。
橋の下でのオナニーを撮られて、それをネタにレイプか。
でも、悲惨な体験ではなかったのだね。
野外で犯されて、興奮して、ホテルにまで着いて行ってしまったか。
はるかは、そういうの、嫌いではなかったみたいだね。
男の人がやさしかったのかな。
連絡先を交換したなら、野外露出も手伝って貰ったら。