文子の場合


[1] 文子 スリップ一枚って頼りないんです
ベンジーさん

> それをするのが、文子の使命じゃないか。

いつから使命になったのでしょうか。

でも、そう。
使命になってしまったのですね。
頑張ります。

> 誰も入って来なかったら、個室の外に出ていたということだよね。

そこまでは言ってないつもりですが、
ベンジーさんは、そういうことにしてしまいたいようです。

> そこまでの決意はあるわけだ。

決意はできていません。
スリップ一枚になってみると、どれだけ頼りない格好だかわかります。
決意なんて、一瞬で吹っ飛んでしまう程なんですよ。

約束ですので、頑張らせて頂きますが。

文子


[2] ベンジー
文子の使命を受け入れてくれてありがとう。
なんだかんだ言っても、やる気充分みたいだね。

まずは、トイレの個室から出るところからかな。

> スリップ一枚になってみると、どれだけ頼りない格好だかわかります。

その頼りない格好で、店内を歩くんだ。
下着売り場の店員さんにも協力して貰ったらどうかな。
例えば、スリップ一枚になった文子を、トイレの個室に置き去りにして貰うとか。


[3] 文子 何が何でもスリップ一枚なんて
文子です。

やる気にさせているのは誰ですか?
何かあったら、責任取ってもらいますからね。

トイレの個室から出るのは、結構なハードルです。
あの日はよくやろうとしたものだと思います。
外でトイレを使う度に思うのですが、まだまだ難しいかなって。

それにしても、凄いことを考えますね。
トイレの個室に、スリップ1枚で置き去りですか。
確かに協力者がいたらできますよね。
あの店員さんなら、喜んで協力してくれそうです。
でも、それって、何が何でもスリップ1枚で店内を歩かなければならない状況に自分を追い込むと言うですよね。
そんなことできるかなあ。


[4] ベンジー
> 何かあったら、責任取ってもらいますからね。

承知した。
私が責任を持って、私専属の露出奴隷として一生飼ってあげよう。

> あの日はよくやろうとしたものだと思います。

一度やろうとしたのだから、タイミングさえ合えばできるさ。

> でも、それって、何が何でもスリップ1枚で店内を歩かなければならない状況に自分を追い込むと言うですよね。

まさにその通りだよ。
今まで何人もの露出っこが、そうやって露出を達成して来たんだ。
今度は文子の番と言うことだよ。