文子の場合


[1] 文子 あの子とお友だちに?
文子です。

> でも、後悔はしていないみたいだね。


最初は後悔もしましたよ。
なんであんなことしてしまったのだろうって。
でも、忘れてました。
今はむしろ逆です。
もう少し大胆なことをしておけば良かったなんて思うこともあります。

>> 「お友だちになりませんか」と言ったら、どんな顔をするのでしょうか。
> それ、良いと思うよ。

勇気を出して、言ってみました。
「少しお話しませんか」って。
店員のあの子ったら、
「女性にナンパされたのは初めてだわ」って。

なんか、すべてを見透かされているようで怖かったです。



[2] ベンジー
> もう少し大胆なことをしておけば良かったなんて思うこともあります。

そうだろうね。
あんな機会は滅多にないようだから。

> 「女性にナンパされたのは初めてだわ」って。

なるほど。
文子がナンパしてしまったと言うことか。

> なんか、すべてを見透かされているようで怖かったです。

この先、どうなるのだろうね。


[3] 文子 諦め切れないんです
文子です。

> あんな機会は滅多にないようだから。


ホントにその通りです。
千載一遇のチャンスだったのかもしれません。
ビビりの私には、もう機会がないかも。
やっぱり、店員のあの子にお願いするしかないのでしょうか。

> 文子がナンパしてしまったと言うことか。


ナンパって。
自分から言い出しておいて、そのまま放置してしまいました。
店員のあの子は怒っているでしょうか。
それとも、私のことなんか忘れているのでしょうか。

> この先、どうなるのだろうね。

あの子は全部わかっている筈です。
それを知ってて私の方から近づいたらどうなるのでしょうか。
面白がって協力してくれそうな気もします。
でも、この前みたいに露出しているところを写真に撮られて脅されたりはしないでしょうか。
それはなくても、エスカレートしすぎるとか。

どっちにしても不安です。
でも、諦め切れないんです。

私は、どうしたら良いのでしょうか。


[4] ベンジー
店員のあの子とは進展がないのだね。
案外、あの子は怒っているかもよ。
その後、連絡を寄こさないでって、
文子をイジメる機会を待っていたりして。
もちろん、文子のしていることは全部わかっているはずだ。
諦めることなんてないのだから、店員のあの子のところへ行っておいでよ。