文子の場合


[1] 文子 シースルーのランジェリーで店内に
文子です。

> 「何しに来たの」って顔をされるのは仕方がないね。


口に出して言われなかっただけラッキーだったのかもしれませんね。

> 文子が言う通り、誰かが間違ってカーテンを開けるかもしれないんだから。

それはないと信じていました。
履物だって、そのままだし、中に誰かいるのはわかっていますから。

続きです。

店員のあの子が許してくれるまで、とても長い時間でした。
試着室で全裸で、何も着るものがなくて、取りにもいけなくて、本当にドキドキでした。
どうするつもりなんだろう。
まさか、このままあの子が帰ってしまったら、なんて。
不審に思って、別の店員さんに声を掛けられることだってありますよね。
「失礼します」って、あの子の声が聞こえた時はドキッとしました。
あれほど、来るのを待っていたのに。
「これ着て」って、それだけ言って服を一枚渡されました。
シースルーのランジェリーです。
下着の役割なんてしていません。
完全にスケスケです。
見せるための下着です。
丈も、股下までしかありません。
全裸の上に、それ一枚だけ付けろと言うのです。
「こんなの着れない」
「だったら、いつまでもハダカでいる?」
「だってぇ」
「着替えたら呼んでね」
そんな感じで、一方的にランジェリーを置いていってしまいました。
本当にこれを着るの、って感じでした。
でもまあ試着室の中だし、全然興味がないわけでもありませんし、取り敢えず着てみました。
みましたが、全然服を着ているという気がしません。
乳首まではっきり見えているし、おへそも透き通って見えているし、背中には殆ど生地がないし、本当にハダカ同然です。
バスタオルの方がずっとマシです。
「呼んでね」と言われましたが、この格好でどうやってあの子を呼べば良いのでしょう。
そう思っている内に、いきなりカーテンが開きました。
「なんだ。もう着替え終わっているじゃない」
あの子です。
一瞬、心臓が止まるかも思いましたが、あの子で良かったと思うしかありません。
「こんなの着せて、どういうつもり」
抗議したのも束の間、あの子に手首を引っ張られました。
そのまま試着室の外に出てしまう私。
履物も履かず、裸足のままです。
「ウソっ!」
こんな格好じゃ店内に出られない、そう思いながらも抵抗をしない私がいました。
ショッピングモールの片隅で、全裸同然の姿になってしまいました。
「それがイヤなら、変わりのを選ぶのね」
あの子はそう言って、私をお店の一角まで引っ張っていきました。
そこには、今着ているのと似たように下着が並んでいました。
男性を喜ばせるための下着です。
「選ぶまで試着室は使わせてあげないから」って、怖い顔を作っています。
選べと言われても、どれも似たような物です。
でも、いつまでもこんな姿で店内にいるわけにはいきません。
適当に選んで、あの子に渡しました。
「お買い上げありがとうございます」
とあの子はわざとらしく頭を下げました。
その下着を買うことになってしまいました。
試着室に戻り、着ていたランジェリーを脱ぐと、あの子が服を持って来てくれました。
さっき買うことになってしまった下着と一緒に。
「次はその下着で遊びましょうね」って。
「自分で選んだんだから、文句はナシよ」って。

次って、いつのことでしょうか。
買うことになってしまった下着がどんなものか、よく見てもいませんでした。



[2] ベンジー
> 口に出して言われなかっただけラッキーだったのかもしれませんね。

その分、意趣返しされてしまったようだね。

> 履物だって、そのままだし、中に誰かいるのはわかっていますから。

履物を隠されたら、大変なことになっていたかも。

試着室で全裸放置されるだけでは済まなかったか。
シースルーのランジェリーを着せられて、店内に出されてしまったのだね。
たいした抵抗もしなかったなんて、文子も出されることを期待していたのかな。
全裸同然の姿で。
恥ずかし過ぎて、替わりの下着を選ぶ間になかったというわけだ。
どんな下着だったのだろうね。
それで次は、どんなことをして遊ぶのだろうね。