清香の場合


[1] 清香 公開されたくなければ…
清香です。

お仕事帰り…男の人に「声」をかけられました。
男の人は、奈央さんと一緒にお仕事していた方でした。
清香の恥辱姿の写真や動画画像を持っておられたのです。
「公開されたくなければ…」
男の人の「いいなり」になるよう迫られたのです。
清香には「はい」と答えるしか、選択はありませんでした。
全裸になるよう、指示されました。ただ脱ぐだけではありません。
「露出症の変態マゾ女、清香(フルネームで)の全裸姿をご覧下さい」
自らお願いまで、させられたのでした。
(この様子も撮影されてしまいました)
「もう、撮影はしないで…」
「『撮影しない』とは、一言も口にしていない!」
そればかりか、恥ずかしすぎる指示をされたのです。
「清香の恥ずかしい姿をご覧ください…」
男の人に背を向けて両膝をついてお尻を突きだしました。
これだけでも充分恥ずかしいのですが
両手で広げて清香の恥ずかしい「局部」を晒したのです。
(恥ずかしいところを見られている)
意識すればするほど…「感じて」しまいました。
「触れていないのに、清香の割れ目から『愛液』が溢れている!」
その様子も録画されてしまいました。
(この画像を見せられたのでした)
「今日の画像データを公開されたくなければ、これから俺の『呼び出し・誘い』に従うこと!」

この日以来、男性の方からは毎日のように
辱しめられています。
早朝までされることもあります。(そのまま出社したこともあります)
毎回、恥辱プレイの様子は録画されています。
男の人からの「辱しめ」から、逃れることが出来なくなってしまいました。



[2] ベンジー
清香の恥辱姿を撮られてしまったのだね。
それをネタに恥ずかしい行為を強制されてしまったか。
その様子も撮られて、ますます脅迫されるネタが増えてしまったね。
ホントに言いなりになるしかない状態だね。
局部まで晒して、愛液が滴り落ちる様子まで撮影されて、もうその男性の性奴隷になるしかないようだ。

恥辱の動画、公開されないといいね。

[3] 清香 全裸のまま、外に連れ出されました
清香です。

男の人は終業時間前にオフィスに来られるようになりました。
終業時間になるまでは「応接室」でお待ちいただいています。
ほかの社員さんたちが退社されますと、オフィスルームに来られ
清香に恥辱の命令をされるのでした。
「清香…着ているものを脱いで裸になれ!」
男の人の指示には逆らえません。
見ておられる前で脱いで…全裸姿を晒します。
その様子は…録画されてしまいます。
「この画像を社員たちに公開されたら、どうなるか…」
「課長が全裸姿で辱しめられるのが大好きなマゾとは…な!」

オフィス内を全裸姿で歩かされ…デスクの上てよつん這いになり
局部を晒し…オナニーまでさせられます。

お仕事が終わりますと…全裸姿のまま、外に連れ出されます。
(これは毎回ではありませんが…)
両手を身体の前で拘束され、リードをつけられ野外をお散歩させられます。
身体を隠すことも出来ず、すれ違う人たちに見られてしまいました。
リードを路地のフェンスや電柱に繋がれ、放置されたことも…

こんな辱しめをされても「画像公開されない」ためには耐えなければならないのです。

男の人に「恥辱の調教」をされてしまっても
感じている清香でした。


[4] ベンジー
男の人の辱めは、ますます過激になっているのだね。
会社に来て就業時間まで待っているのか。
職場で命令されてハダカになるのは恥ずかしいなんてものではないだろうね。
その様子を録画されて脅されるのは、どんなに惨めだったことか。
それなのに、四つん這いやオナニーも強要されるのだね。

> お仕事が終わりますと…全裸姿のまま、外に連れ出されます。

これはまたすごいね。
知り合いがいるかもしれないのに。

> リードを路地のフェンスや電柱に繋がれ、放置されたことも…

ここまでする相手だ。
朝まで放置される不安もあるだろう。
それとも、誰かに見つけて貰うためにやっているのかな。

> 男の人に「恥辱の調教」をされてしまっても
> 感じている清香でした。

「恥辱の調教」を楽しんでいるのだね。