◇◇◇ 編集部だより ◇◇◇


 6月もステイホームの恩恵を受けていたようでアクセスカウンターが伸びました。常連の読者の皆さんも、新規にたどり着いた皆さんも、ありがとうございます。そしてもちろん、露出っこたちも。
 7月に入って若干下がり気味なのが気になるところですが、コロナが収まり、誰もが外に出られた方が良いに決まっています。その分、露出っこたちの活動が活発になることを期待したいと思います。夏は露出の季節ですから、今は梅雨明けが遅くならないことを祈っています。
 気になるところと言えば、最近の傾向として、露出に興味がありながら、なかなか実行できない露出っこたちが散見しています。相談みたいな投稿も増えています。本誌としてはそうした投稿もOKですし、むしろ将来に期待させられたりしているのですが、読者の皆さんには物足りなさを感じていたりするものなのでしょうか。
 最後になりましたが、露出っこと読者の皆様のご多幸をお祈りします。

月刊『野外露出』編集部