まなみの場合


[1] まなみ 見られてないのにドキドキするのが
こんにちは、まなみです。
冬休みが終わって書くのに時間がかかるようになっちゃいました。

初めて夜の公園で全裸になってみて、
よく考えたら誰もいないところでする露出ってはじめてで、
見られてないのにドキドキするのが不思議な感じでした。

男子トイレに女の子がいるのって、男の人でもエッチに感じるんですね。
誰か来るのをちょっと期待してたんですけど、大変なことになっちゃうなら…
見られるのはもうちょっと違う場所が良さそうですね。

[2] ベンジー
> 見られてないのにドキドキするのが不思議な感じでした。

それが普通だよ。
女の子が外でハダカになるのは、それだけで勇気のいることだからね。
まなみも、そのドキドキに目覚めたわけだ。

公園から出てみるのも良いかもね。
どこかに服を隠して、公園の周りを一周するんだ。
誰かとすれ違うかもしれないぞ。


[3] まなみ 男の人と全裸でお話してしまいました
こんにちは、まなみです。

> それが普通だよ。
> 女の子が外でハダカになるのは、それだけで勇気のいることだからね。
> まなみも、そのドキドキに目覚めたわけだ。

はい、目覚めちゃいました。
1人でするのは不安だったけど、勇気を出してよかったです。

ベンジーさんのお返事を読んでいたらまた外でハダカになりたくなって、
家族が寝るのを待ってからこの間の公園まで行ってきました。
裸にダウンのコートを着だけでワクワクしていました。
遅い時間だったので公園につくまで誰にも会いませんでした。
公園についたらトイレで裸になって掃除道具入れにコートを隠しました。
これから裸で歩くんだって思ったらドキドキしてきました。

この公園は大きくて周りを一周するのに30分くらいかかります。
その間ずっと裸だと思うと少し不安になってきたけど、
露出だから何があっても隠さずゆっくりと歩くことにしました。
夜に裸でいる寒さと興奮で乳首がぴんぴんになっていました。
最初はなんとなく歩道のすみっこを歩いていたんですけど、
それだと暗いので頑張って歩道の真ん中を堂々と歩きました。
途中でバイクの音が聞こえてきて、ビクッとして足が止まりました。
バイクが少し先の交差点を横に走っていくのが見えました。

また静かになったので、ゆっくりと歩き出しました。
バイクが来た交差点を左に曲がって、しばらく歩くと少し緊張してきました。
この先にはベンチがあって、そこで寝てる人を見たことがあるからです。
ベンチには誰もいなくて、とりあえず無事に通過することができました。
だけどほっとしたのもつかの間で、前の方から歩いてくる人がいました。
ベンチの方ばかりを気にしていて、この人には気づきませんでした。
どうしようと思ったけど、何があっても隠さないって決めてたので、
勇気を出してそのままゆっくり歩き続けました。
その人はフラフラ歩いていて、かなり酔っぱらっているようでした。
近づくとおじさんは「おねーちゃん風邪引くぞ?」と話しかけてきました。
このおじさんは明日になればこのことは全部忘れているだろうと思って、
「お父さんを怒らせちゃって、罰として裸で歩いているの」と言いました。
おじさんは私のことをジロジロ見ながら「あんた小学生か?」と聞いてきたので、
「そうだよ、でもいつも高校生と間違われるんだ」と答えました。
「そうだろうな。あんまりお父さんを怒らしちゃいかんぞ。
 それに、いくら小学生でも女の子が裸で歩き回るもんじゃない」と言いました。
「はーい、ごめんなさい」と言うとおじさんはまたジロジロ見ながら、
「今度見かけたらハメちまうからな」と言って歩いていきました。
酔っぱらってたけど、男の人と道の真ん中で全裸でお話してしまいました。
すごくドキドキしてその気持のまま1周歩いて公園の中に戻りました。
そのままトイレに行ってコートを着て帰ってきました。

[4] ベンジー
全裸にダウンで公園まで行って来たのだね。
露出に目覚めてしまったまなみは、これからすることにドキドキしていたことだろう。
そして、それを実行したのだね。
公園の外に出るのは緊張したよね。
何があっても隠さないとか、ゆっくり歩くとか、まなみなりのルールを作っていたわけだ。
酔っ払いのおじさんと遭遇した時は焦っただろうね。
でも、良かった。
悪い人ではなかったようで。
それにしても、全裸で外に出て、人と会話してしまうなんて、まなみも大胆なものだ。

またやってみたいと思っているのだろうね。
次は、逆回りをしてみたらどうかな。

[5] まなみ 裸のままで30分歩くとなると
こんにちは、まなみです。

> 露出に目覚めてしまったまなみは、これからすることにドキドキしていたことだろう。

人がいなくてもドキドキできるってわかったから、
露出をするってドキドキと楽しみな気持ちが一緒になった感じでした。

> 公園の外に出るのは緊張したよね。

公園の外だと急に車とか来るかもしれないとか考えて緊張しました。

> 何があっても隠さないとか、ゆっくり歩くとか、まなみなりのルールを作っていたわけだ。

見つかったら小学生のふりをしようと思っていたから、
変に恥ずかしがったり、こそこそしないほうが小学生っぽくないですか?
それに、命令されてみたいとも思ってたから自分でルールを考えてみました。

> それにしても、全裸で外に出て、人と会話してしまうなんて、まなみも大胆なものだ。

あの時は夢中だったけど、かなり大胆なことしちゃいましたね。
すごく焦ったけど、ドキドキできて楽しかったです。

> またやってみたいと思っているのだろうね。
> 次は、逆回りをしてみたらどうかな。

すぐに行きたいと思ってたけど、やっと行くことができました。
裸にダウンのコートを着て準備するだけでワクワクしてきて、
ほんとうに露出に目覚めちゃったんだなって思いました。
この間よりもっと遅い時間で、公園までの道が静かに感じました。
これなら家から裸で歩いてきても良かったかもしれません。

公園のトイレで裸になって掃除道具入れにコートを隠しました。
誰もいないとわかってても、裸になるとドキドキしてきますね。
今日はこの間とは反対周りに公園を1周です。
これから裸のままで30分歩くと思うとやっぱり不安だけど、
この間のことで少し自信がついて怖さは少ない気がしました。
公園を出たところから歩道の真ん中を堂々と歩いてたけど、
おじさんと話した場所が見えてきて思わずキョロキョロしちゃいました。
でも今日は誰もいなくて、静かな歩道があるだけでした。
それでも「急に誰か出てくるかも」とか「この間はバイクが来た」とか、
そんなことを思い出しながらドキドキで1周歩いて公園の中に戻りました。
裸で歩いているドキドキと、この間のドキドキを思い出して混ざってる感じで、
なんだかフワフワした気持ちで帰ってきました。
やっぱり露出は楽しいです!

[6] ベンジー
> 露出をするってドキドキと楽しみな気持ちが一緒になった感じでした。

それは良かった。
まなみの場合、人に見られる系も、人知れず実行する系も、どちらも楽しめると言うことだ。
ちょっとお得な感じだね。

> 変に恥ずかしがったり、こそこそしないほうが小学生っぽくないですか?

それはそうだろうね。
余程悪い人じゃないと、誘拐とかもされなさそうだし。

公園の逆回りを実行したのだね。
いろいろ考えるところは多かったようだが、少し余裕が出て来たってことかな。
そうなると、もっと過激なことがしたくなっていたりして。
今回は誰にも会えなくて残念だったね。
それでも、ハダカで外を歩く楽しみを味わって来たわけだ。

次はもう少しだけ人通りの多い道を歩いてみようか。


[7] まなみ もう少しだけ人通りの多い道を
こんにちは、まなみです。

> まなみの場合、人に見られる系も、人知れず実行する系も、どちらも楽しめると言うことだ。
> ちょっとお得な感じだね。

たしかにお得な感じですね。
どちらの露出も楽みたいです!


> 公園の逆回りを実行したのだね。
> いろいろ考えるところは多かったようだが、少し余裕が出て来たってことかな。
> そうなると、もっと過激なことがしたくなっていたりして。

前よりも人がいない感じだったから、色々と思い出したのかも。
それが余裕が出てきたってことでしょうか?
もっと過激って、どんなことですか?


> 今回は誰にも会えなくて残念だったね。
> それでも、ハダカで外を歩く楽しみを味わって来たわけだ。

ハダカで外を歩く楽しさは露出するたびに強くなってる気がします。
今回は誰にも会わなかったけど、またハダカを見てもらいたいなって思ってます。


> 次はもう少しだけ人通りの多い道を歩いてみようか。

公園からもう少し歩くとコンビニとかのある広い道があります。
そっちに行くと人がいそうなので、できるだけ近づいてみようと思います。
それとも、何人か歩いている道をハダカで歩くということでしょうか?
どっちでも、何があっても隠さずゆっくりと歩く自分ルールを守って歩くつもりです。

[8] ベンジー
人がいなくても、女の子が外でハダカになるだけで大変なことだからね。
まなみが露出っことして確実に成長しているようで嬉しいよ。

> もっと過激って、どんなことですか?

露出っこの先輩たちがしているようなことだよ。
もっと遠くまでハダカのままで歩いていくとか、
人に見られるような場所に出ていくとか。

> 公園からもう少し歩くとコンビニとかのある広い道があります。
> そっちに行くと人がいそうなので、できるだけ近づいてみようと思います。

まずはこれでいいのではないかな。
頑張ってね。