aaaの場合


[1] 雅美 今度は一般道に出てみようかと
雅美です。

とうとうやってしまいました。
> 人影がないとは言え、いつ誰が来るかわからない場所で、何も着る物がないなんて、どんなに不安で恥ずかしいことか。


本当にその通りです。
何も着る物がない。
そんな状態で野外を歩いているなんて。
とんでもないことですよね。

> 「鉄は熱いうちに打て」と言う言葉もあるだろ。

もういつでもできるって思っている内に、だいぶ冷めてしまいました。
ごめんなさい。
それでも、妄想だけはしています。
駐車場から展望台に向かうのではなく、逆に道路に方に歩いて行ったらとか、
駐車場の手前の路上に車を止めて、そこから展望台まで往復したらとか。
どっちにしても一般道を歩くことになりますので、車とすれ違う確率はけた違いに高くなります。
車から離れる距離も。

こんなことを実行したら、今度こそ無事では済まないかもしれませんね。


[2] ベンジー
展望台露出の続きを考えてくれていたか。
それでこそ雅美だ。
次は一般道を歩いてみたいか。
良いと思うよ。
誰かに見られたとしても、大抵はそのまま行き過ぎてしまうことだろう。
それに雅美も、万一の時の覚悟はできていそうだし。