麻友の場合


[1] 麻友 ハードマゾなんてムリですよ
ベンジー様、こんばんは。
麻友です。

> パンフレットを出しておいて、麻友が手にするのを待っていたわけだ。


ママには敵いません。
このまま押しきれてしまいそうです。

> 麻友が興味を示すとわかっていたのだね。

誰だって興味を示しますよ。
エッチなことに関心があるのは同じです。
私だけが特別というわけではありません。

> ハダカで吊るされて鞭で打たれるか。


そんな自分を想像するのが怖いです。

> 露出マゾからハードマゾへ


ハードマゾなんてムリですよ。
確かにM譲に興味を惹かれていた時期もありましたけど、
今はちょっと恥ずかしいことに興味がある程度なんですから。
ノーブラで胸ポチしているくらいが限界です。

> そこまでは行きたくないって。


そこまでいかないならって思いも少しはあります。
でも、そこってどこ?

> 私的には、ママが次にどんな手を打ってくるか、楽しみでならないよ。

無責任なことは言わないでください。
どんな手って、打たれるは私なんですから。

「小百合」なら、どうなっても良いのに。


[2] ベンジー
> このまま押しきれてしまいそうです。

いいじゃないか。
それが麻友の人生だったのだと思えば。

> エッチなことに関心があるのは同じです。

そういう部分も、ママに利用されているのだね。

> ハードマゾなんてムリですよ。

露出マゾなら良いのかな。
ムチで打たれなくても、両手を天井から吊られてハダカを晒されるくらいなら。

> そこまでいかないならって思いも少しはあります。

怖くても、やはり興味はあるのだよね。

> どんな手って、打たれるは私なんですから。
> 「小百合」なら、どうなっても良いのに。

そうだよ。
「小百合」なら、どんなに酷い目に遭っても良いのだろ。
むしろ、酷い目に遭わせてやったら。