眞由美の場合


[1] 眞由美 『性奴隷の心得』
ベンジー様

眞由美(とご主人様)にとっての10月とは、
新しい契約が発動する月、
新年度を迎えるようなものです。

契約更新月(つまり9月です)の1か月間、
眞由美は、お仕事に行くとき以外ずーっと牝犬生活を強いられていました。
しかもほぼほぼ放置プレイ....。
構って下さい、遊んで下さい、サインを出しても一切無視。
結構辛いものがありました。
この辺の状況については、余裕があればご報告したいと思います。

そして10月1日の夜。
ほぼ1か月ぶりに玄関から家の中に上がりました。
リビングのソファの前で正して、額を床に付けて....
沙紀様が『性奴隷契約書』を読み上げるのを清聴します。
続いて
麻衣様が『性奴隷の心得』を読み上げるのを清聴します。
ご主人様のご命令で顔を上げ、目の前に置かれた『性奴隷契約書』にサインをして、
契約更新が完了しました。

引き続き、誓約の口上を述べさせられました。
ベースは春に提出した誓約書になるのですが、
改めて読み上げると、とっても惨めで恥ずかしい気持ちが湧きあがってきました。
それでも、眞由美のおマンコは....。
ご主人様にはしっかり見透かされていましい、
誓約書の書き直しを命じられました。
基本的には『性奴隷契約書』に追従するものを自分の言葉で書き起こすのですが、
ご主人様に辱しめられることに性的興奮を覚える羞恥マゾ女であることを前面に出さないとご主人様が認めて下さいませんし、
ご主人様が認めて下さるまでは何度も書き直しを命じられて、そのたびに罰を与えられるので、
しっかり考えて、なるべく短時間で認めて下さるものを書かないと....
というプレッシャーに押しつぶされそうです。
これも、消費税率がアップした影響でしょうか?

なかなか状況報告したり懺悔を書き込んだりする時間が取れませんが、
元気に(?)ご主人様の調教を受けて、順調に(?)マゾ女として成長していると思いますので、
これからもよろしくお願いします。


PS.
結局、10日もかかってしまいました。
つまり10週間連続の牝犬調教が待ってます。
罰則的な意味合いが強いので、より一層辛い調教になること、間違いありません。

[2] ベンジー
また新しい契約が始まったのだね。
それって、中学から高校に進学するようなものかな。
新しい希望に満ちていたりして。
牝犬生活で放置プレイか。
それこそ本物の牝犬かもしれないが、かまって貰えないのは辛かっただろうね。
新しい『性奴隷契約書』は気に入ったのかな。
制約の口上か。
いつも当たり前にしていることでも、改めて口にするのは惨めで恥ずかしいということだね。
それにおマンコが反応してしまうなんて、眞由美は根っからのMと言うことだ。
牝犬生活も、そんな眞由美のためにあるのかもね。

[3] 眞由美 眞由美のご主人様より
ベンジーさん
お疲れ様です。

沙紀です。
いつもいつも、眞由美のつたない文章を読んで下さって、こうしてお返事まで下さって、ありがとうございます。
うちの眞由美は、昨夜から10週間の牝犬生活に突入しておりまして、こちらのメールに返事を差し上げることが叶いません。
まぁ、文章を読んで理解することはできる賢い牝犬ですが、牝犬にパソコンは無用の長物ですので...。。
台風が直撃して、避難警告レベル5が発動された昨夜、
屋上の庭の犬小屋から一歩も出ることが叶わず、不安な一夜を明かすことから始まった、今回の牝犬生活。
眞由美はどう感じているんでしょうかね。
今日は一転、朝から晴天で絶好のお散歩日和ですが、いつもの散歩コースはちょっと....。
仕方なく、屋上の庭で訓練・躾に励んでもらいましょう。
ま、誓約書を仕上げるのに10日もかかってしまった罰なので、眞由美にとって楽しいもの、楽なものはひとつもないと思いますが....。
ご褒美も上げ方にも工夫を凝らさないといけませんね。


> また新しい契約が始まったのだね。
> それって、中学から高校に進学するようなものかな。

今回は、中一から中二に進級したくらいのものですかね。
(嬉々としてJCの制服を着るマゾ女なので、中学生レベルということにしておきましょう。)
担任も教室も変わりませんが、学ばなければいけないことの難易度が上がりましたからね。


> 牝犬生活で放置プレイか。
> それこそ本物の牝犬かもしれないが、かまって貰えないのは辛かっただろうね。

一か月は辛かったと思いますよ。
いっぱい泣き言を聞かされましたから。


> 新しい『性奴隷契約書』は気に入ったのかな。

ベースは私と麻衣さんで作り上げましたけど、ちゃんと眞由美の意見も聞いて、
眞由美が絶対にして欲しくないこととか、体質的に無理なことは取り入れないようにしましたし、
そういったところは、逆に私たちの禁止事項ということで明文化しましたので、
眞由美は安心して契約書にサインできたと思います。

その中で、より厳しい指導方法を考えなければならないので、私たちにとっても手ごたえのある契約になったと思います。


> 制約の口上か。
> いつも当たり前にしていることでも、改めて口にするのは惨めで恥ずかしいということだね。

契約更新の度に新しいものを提出させているのですが、
やっぱり本人の口から出る言葉に勝るものはありませんからね。
性奴隷としての心得えはもちろんですが、自分が如何にマゾであるかを全面的にアピールしてもらいました。
最初に書き上げた誓約書でも十分伝わったのですが、そこはやはり心を鬼にして....。
眞由美の羞恥マゾ性があふれ出た誓約書になったと思います。


> それにおマンコが反応してしまうなんて、眞由美は根っからのMと言うことだ

誓約書を書いてるそばからマン汁溢れさせていましたから、正真正銘の羞恥マゾ女ですね。
ベンジーさんも、読者の皆様も、思い切り辱しめてやってください。
特に、女性から侮蔑を受ける時の方がより反応が良いですので、女性読者の方々からのメッセージは大歓迎です。
(もちろん、男性読者からのメッセージも歓迎です)


> 牝犬生活も、そんな眞由美のためにあるのかもね。

全ての行動は牝犬のように、
精神的なものや考え方は人間のままで、
と相反する条件の中で生活しなければならないのは、
肉体的にも精神的にも大変なことでしょうね。
その辺りはしっかりと見極めて、
眞由美が
私たちに忠実で、
私たちが与えた侮蔑が性的興奮を促し、
それがオーガズムへつながる、
そんなマゾ女に成長してくれることを、切に願ってます。

また、眞由美がそうなれるよう、一生懸命(?)指導方法を考え、導いていきたいと思っています。

これからも、眞由美ともども、応援をよろしくお願いします。


眞由美のご主人様こと、沙紀(と麻衣)でした。



[4] ベンジー
沙紀へ

いつも眞由美の調教をご苦労さん。
いろいろと苦労しているようだね。
眞由美は台風の中でも屋上の犬小屋で過ごしたのか。
安全は確保されているのだろうが、それでも不安な夜を過ごしたことだろう。

> ま、誓約書を仕上げるのに10日もかかってしまった罰なので、眞由美にとって楽 しいもの、楽なものはひとつもないと思いますが....。

かなり酷なものになっているようだね。
報告が来るのが楽しみだ。

> 今回は、中一から中二に進級したくらいのものですかね。
> 担任も教室も変わりませんが、学ばなければいけないことの難易度が上がりまし たからね。

なるほど。
まだまだ成長の余地があると言うことだね。
ますます厳しくなりそうだ。

『性奴隷契約書』の作成にも苦労したようだ。
手ごたえをのある物ができて良かったよ。

> やっぱり本人の口から出る言葉に勝るものはありませんからね。

わざと本人の口で言わせると言うのがイジワルなところだよね。
そうされてもおマンコで感じてしまう眞由美も眞由美だが。
さすがは正真正銘のマゾ女と言うことか。

> 特に、女性から侮蔑を受ける時の方がより反応が良いですので、女性読者の方々 からのメッセージは大歓迎です。
> (もちろん、男性読者からのメッセージも歓迎です)

メッセージが貰えると良いね。
特に厳しいやつを。

> 全ての行動は牝犬のように、
> 精神的なものや考え方は人間のままで、

これが沙紀たちの基本的な調教方法なのだね。
牝犬になり切ることもできず、人間のまま、牝犬扱いされて生きると言うわけだ。
なかなか厳しい状況に違いない。

> 眞由美が私たちに忠実で、
> 私たちが与えた侮蔑が性的興奮を促し、
> それがオーガズムへつながる、
> そんなマゾ女に成長してくれることを、切に願ってます。

眞由美はきっと応えてくれるさ。
私も楽しみにしているよ。

[5] 眞由美 私たちの性奴隷ですから
ベンジーさん

沙紀です。

> いつも眞由美の調教をご苦労さん。
> いろいろと苦労しているようだね。

ありがとうございます。
大変なことは大変ですけれども、結構楽しんでやってます。


> 眞由美は台風の中でも屋上の犬小屋で過ごしたのか。
> 安全は確保されているのだろうが、それでも不安な夜を過ごしたことだろう。

とっても不安だったと思いますよ。
私たちでさえ不安でしたから。


> かなり酷なものになっているようだね。
> 報告が来るのが楽しみだ。

乞うご期待!ってことで。


> なるほど。
> まだまだ成長の余地があると言うことだね。
> ますます厳しくなりそうだ。

もちろんです。
私と麻衣さんの前では全てをさらけ出してもらわないといけませんから。

> 『性奴隷契約書』の作成にも苦労したようだ。
> 手ごたえをのある物ができて良かったよ。

ありがとうございます。
一から考える必要はありませんでしたけれど、
どういう文言にしたらいいかしら?とか
どこまで詳しく決めたらいいかしら?とか
いろいろ悩むところはありましね。


> わざと本人の口で言わせると言うのがイジワルなところだよね。

そうですか?
まだまだ可愛いものだと思っているのですが。
でも、私たちに遠慮があると、それが眞由美に伝わって、眞由美の気持ちが萎えてしまうと、
それこそお互いが不幸になりますので、
厳しくいくところは厳しくいかないと、
という思いで接していますので、はた目にはきつく見えるのかも知れませんね。


> そうされてもおマンコで感じてしまう眞由美も眞由美だが。
> さすがは正真正銘のマゾ女と言うことか。

眞由美自身、ちゃんと自覚していますから。
但し、私たちの性奴隷でもありますから、
勝手にまんこ濡らしたり
自分から「気持ち良くさせて下さい」」なんてお願いしたりしたら、
厳しいお仕置きが待ってることも、十分承知しているはずですよ。
その辺のジレンマに苦しむ姿を見せるのが、またいじらしくてかわいがり甲斐があるんですよね。


> メッセージが貰えると良いね。
> 特に厳しいやつを。

是非、よろしくお願いします。


> これが沙紀たちの基本的な調教方法なのだね。
> 牝犬になり切ることもできず、人間のまま、牝犬扱いされて生きると言うわけだ。
> なかなか厳しい状況に違いない。

そうですね。
かなり厳しい指導であることは、十分に承知しています。
それでも、
変に優しさを見せたり、手加減をしたり、手心を加えたり、
という、ゆるい気持ちが眞由美に伝わって、
眞由美がそれを普通だと思うようになってしまうと、
逆に厳しい指導・躾について行けなくなってしまいますから、
心を鬼にしています。


> 眞由美はきっと応えてくれるさ。
> 私も楽しみにしているよ。

ありがとうございます。
楽しみにしていてください。


[6] ベンジー
沙紀たちはブレないね。
眞由美を調教することに対しては徹底しているわけだ。
眞由美もそれに応えて、良い主従関係だと思う。

> 私と麻衣さんの前では全てをさらけ出してもらわないといけませんから。

まだまだ、すべてではなかったのだね。
どこまで晒させるのか、期待しておこう。

> どういう文言にしたらいいかしら?とか

文言は、悩むところだろうね。
拙作『私を辱める契約書を作ってください』では、できるだけ法律用語を使い、普通の契約書に見せることに苦労したよ。

> どこまで詳しく決めたらいいかしら?とか

わざと曖昧にしておいた方が良い場合もあるからね。

> まだまだ可愛いものだと思っているのですが。

まだまだか。
沙紀たちが求めているものは、どこまでも果てしないのだろうね。

> その辺のジレンマに苦しむ姿を見せるのが、またいじらしくてかわいがり甲斐が あるんですよね。

この辺りが、一番厳しいところかな。
眞由美が可哀想になってくるよ。
その可哀想なところが、一番の責め所なのだろうが。

> 逆に厳しい指導・躾について行けなくなってしまいますから、
> 心を鬼にしています。

眞由美も、先たちが鬼に見えることもあるだろうね。
それでも性奴隷を続けているのは、信頼関係ができているからだろう。
思う存分、イジメてやれはいいさ。

[7] 眞由美 成長の余地があると思ってます
ベンジーさん

沙紀です。

> 沙紀たちはブレないね。
> 眞由美を調教することに対しては徹底しているわけだ。
> 眞由美もそれに応えて、良い主従関係だと思う。

ありがとうございます。
私たちがブレると、眞由美も困るでしょうからね。


> まだまだ、すべてではなかったのだね。
> どこまで晒させるのか、期待しておこう。

まだまだですね。
もっと厭らしい姿を見せてもらわないといけません。


> 文言は、悩むところだろうね。
> 拙作『私を辱める契約書を作ってください』では、できるだけ法律用語を使い、普通の契約書に見せることに苦労したよ。

ご苦労されたんですね。
あれだけの文章を書かれるだけでも、尊敬しちゃいますけど。


> わざと曖昧にしておいた方が良い場合もあるからね。

そうですね。
車でも、ハンドルやブレーキなどには遊びの部分がありますものね。


> まだまだか。
> 沙紀たちが求めているものは、どこまでも果てしないのだろうね。

まだまだですね。
もっともっと、成長の余地があると思ってますから。


> この辺りが、一番厳しいところかな。
> 眞由美が可哀想になってくるよ。
> その可哀想なところが、一番の責め所なのだろうが。

そう思って下さると、眞由美にも励みになると思います。


> 眞由美も、先たちが鬼に見えることもあるだろうね。

まぁ、そう思うこともあるでしょうね。
口には出しませんが....。
それでも、信じてついてきてくれる、可愛い子ですよ。


> それでも性奴隷を続けているのは、信頼関係ができているからだろう。
> 思う存分、イジメてやれはいいさ。

ありがとうございます。
頑張ります。



[8] ベンジー
> 私たちがブレると、眞由美も困るでしょうからね。

それはそうだ。

> もっと厭らしい姿を見せてもらわないといけません。
> もっともっと、成長の余地があると思ってますから。

沙紀たちにとっても、腕の見せ所だね。

> あれだけの文章を書かれるだけでも、尊敬しちゃいますけど。

一応、プロ作家を目指していた頃もあるからね。
沙紀は、小説を読むのは好きなのかな。

> それでも、信じてついてきてくれる、可愛い子ですよ。

可愛くて可愛くて、だからこそイジメてやりたくなるって感じかな。