佐和の場合


[1] 佐和 またやってしまいました
佐和です。

結局またやってしまいました。
バスタオル1枚での外出です。
お風呂上りとか、毎日どうしようって思っています。
明日こそやろう、今日こそ実行しようと思いながら一日伸ばしにしていたのですが、とうとうやってしまいました。
バスタオル1枚で玄関から出てしまいました。
何回やってもドキドキは変わりません。
それでも少しだけ玄関から離れることはできました。
アパートですのど隣の部屋の玄関の前まで来た時は、ドキドキが最高潮でした。
今隣の人が玄関を開けたら終わりです。
いい訳なんてできません。
怖くて、怖くて、逃げるように帰って来ました。
自分の部屋に戻ってからも、心臓がバクバク言ってました。

やっぱり私は、露出が好きみたいです。


[2] ベンジー
またやってしまったのだね。
なんだかんだ言って、バスタオル一枚の露出にハマっているみたいだ。
隣の部屋の前まで行ったか。
もう少しだけ勇気を出して、隣の部屋の扉の前でバスタオルの前を広げてみるとか。
心臓がもたないかもね。

[3] 佐和 やめてください
佐和です。

またやってしまいました。
確かに、バスタオル一枚の露出にハマっています。
それは否定しませんが、

> もう少しだけ勇気を出して、隣の部屋の扉の前でバスタオルの前を広げてみるとか。

やめてください。
こんなことを言われたら、どうしたら良いのか。
だってあの時、私もそれを考えてしまっていました。
扉に向かってバスタオルの前を広げて、全裸の身体をすべて見せ付けるみたいな。
その部屋の住人が覗き穴から見ているかもしれないのに。
扉を開けるかもしれないのに。

> 心臓がもたないかもね。

心臓がもたないなんてものではありませんよ。
でも、やってみたい思いはあります。
ベンジーさんに言われてせいです。
私の中では必死に押し殺していたのに。

やってしまうかもしれません。


[4] ベンジー
> だってあの時、私もそれを考えてしまっていました。

やはり、考えていたのか。
全裸を見せ付けるって、私はそこまで言っていないのだが。
お隣さんがどういう人か知らないけど、見られていたらどうなっていくのだろうね。

> 私の中では必死に押し殺していたのに。

あまりガマンを続けるのは身体に悪いかもよ。