由香の場合


[1] 由香 ノーパン友だちになりました
由香です。

> またすぐにチャンスはあるよ。

チャンスどころか、あの子から話しかけて来ました。
急展開なんてものではないです。
いつもの本屋さんでいきなり、

「先輩、ノーパンでしょ」って。

あの子は私の後輩だったんです。
私が見ているのには気づいていたそうです。
同じ学校の先輩であることも。
いつ話しかけてくるのかと思っていたのですが、なかなか来ないので自分からって思ったそうです。

それにしても、いきなり「ノーパンでしょ」だなんて。

「あなたもよね」
そう言って彼女の手首を掴み、人気のないところまで連れて行きました。
後輩だとわかって、ちょっとだけ強気になれたようです。

「何か用ですか」

もっと可愛い感じかと思っていたのですが、結構ふてぶてしいです。

「あなたとお友だちになりたかったのだけど」
「ノーパン友だちですか」
「そうよ。あなたも興味があるのでしょ」
「あたしはちょっと刺激が欲しかっただけですよ」

まるで「先輩とは違います」と言っているようでした。
彼女(S子)は、エッチなことに興味があるだけで、露出がしたいと思っていたわけではないそうです。
ちょっと怖くなってきましたが、それでも先輩の立場を守ろうとしていると、

「いいですよ。ノーパン友だち。先輩は何がしたいんですか」

S子が含みのある笑いを見せました。
こんな子じゃないと思っていたのに。

その日はLINEの交換だけして別れました。


[2] ベンジー
急展開じゃないか。
彼女の方から話しかけて来たのだね。
前から由香の視線を意識していたわけだ。
由香と同じ思いをしていたのかな。

> 「先輩、ノーパンでしょ」って。

情報量は、彼女の方が多かったのだね。
それだけ由香に関心を持っていたわけだ。

> 「ノーパン友だちですか」

由香のことは理解しているみたいだけど、彼女の方は、それほど露出に興味があると言うわけではないのだね。

> 「いいですよ。ノーパン友だち。先輩は何がしたいんですか」

意味深な言葉だね。
「先輩は何がしたいんですか」って、どういう意味だろうね。
その後も連絡は取っているのだろ。