由貴江の場合


[1] 由貴江 ランジェリーショップデビュー
ご無沙汰しております。以前書きました主人のランジェリーショップデビューを実行したので報告します。
以前から私がサイズ違いの下着を購入する際に主人用と言って買っていたので大丈夫とは思いながら一応店長に確認したところ、カップルで来店する人もたまにいるらしいのでOKですよ、とのことでした。
ただ、これは主人には言わないでおきました。
そして当日、主人はアナルプラグを挿入しおとなし目のランジェリーとミニ丈のワンピース。
私は待ってるだけだと退屈なのでディルドとアナルプラグを挿入し、紙オムツをつけノーブラで白いブラウスとミニスカートでお店に行きました。
お店に入るとまずは主人に下着を選んでもらいます。
そして次に本番のフィッティングです。
フィッティングルームに主人と店長が入っていくと暇になっちゃったので、私の露出開始です。
若い店員さんのまえで商品を見るふりをしてミニスカートからオムツを露出させながら店内を歩きます。
ショーウィンドウの前ではブラウスのボタンを外しておっぱいを露出しながらお漏らししちゃいました。
お店の前を通る人は何人かいましたがお店の中まで気付く人は居ないようでした。
お漏らしの余韻にひたっている間もなく、店員さんが「どうかなさいました?」と声をかけてきたので慌ててブラウスの前をとじましたが「今日はノーブラなんですね♪」とバレバレでした。


[2] ベンジー
ご主人のランジェリーショップデビューに合わせて、由貴江も露出して来たのだね。
ディルドとアナルプラグを挿入して紙オムツか。
ひの格好で店内を歩き、紙オムツを見せたり、おっぱいを露出したりしていたのだね。
店員にノーブラがバレていたか。
それはそれで恥ずかしかっただろうね。
お店の了解があるなら、もっと大胆なこともさせて貰えば良いのに。


[3] 由貴江 オムツの感触を楽しみたいので
> 店員にノーブラがバレていたか。
> それはそれで恥ずかしかっただろうね。
そうですね♪恥ずかしければ恥ずかしいほど気持ち良いんですよ♪

そうこうしてる内にフィッティングが終わった様です。主人が顔を紅潮させて出てきました。
店長も出てきて「豊胸って綺麗にできるんですねー。」と感心していました。
お勘定を済ますと、落ち着いてきた主人が「オシッコは大丈夫?」と聞いてきたので「沢山お漏らししちゃった??」と答えました。
それを聞いた店長が「大丈夫ですか?」と聞いてきたので「オムツを当てているので大丈夫です。」と言ってスカートをめくってオシッコで膨れたオムツを見せました。
すると店長は少し驚いていましたが「あら、そうでしたか。
ここで着替えて行かれますか?」といって下さいました。
しかし、私は恥ずかしいのをこらえて「ありがとうございます。
でもオムツの感触を楽しみたいのでこのまま帰ります。」と言ってお店を後にしました。
帰りは遠回りして商店街を通り駐車場まで歩きました。
スカートを少し上げてオシッコで膨れ少しずり下がったオムツを露出しながら、更にもう一度オシッコを漏らしてしまいました。
夕方のせいか高校生が多く歩いていましたのでかなり見られちゃいました。


[4] ベンジー
ご主人の豊胸は綺麗にできていたのだね。
フィッティングがうまくいって良かった。
由貴江は由貴江でお漏らしプレイを続行中というわけだ。
オムツを着替えずにそのまま商店街に出て、膨れ上がったオムツを露出したんだ。
高校生に見られて、恥ずかしかっただろうね。
どうせなら、その中の誰かにオムツ交換して貰うと言う手もあったね。


[5] 由貴江 新たな展開がありそうです
> ご主人の豊胸は綺麗にできていたのだね。
> フィッティングがうまくいって良かった。

主人はおっぱいを誉められたり丁寧な対応をしてもらってすっかり自信をつけた様で、今度は一人でいくと張り切っています。

> どうせなら、その中の誰かにオムツ交換して貰うと言う手もあったね。

若い子にオムツ交換してもらうのは恥ずかしくて素敵ですが下手に声をかけると不審者案件になりそうなので止めておきます。

後日、通常モードで先日のお礼に手土産を持って行きました。店長は接客中だったので店員さんとお話ししました。店員さんが「可愛いオムツでしたけど、大人用でもあんなデザインのがあるんですね。」というので「欲しかったらいくつかわけてあげるよ。」と言ったら「いや、良いです」との答えでした。その後、店長に挨拶して帰ろうとしたら店員さんがお見送りに来てくれて「さっきのオムツの話ですけど、やっぱり少しわけて頂けますか?」というので今度持って行く約束をして帰りました。
なんだか新たな展開がありそうです。


[6] ベンジー
> 主人はおっぱいを誉められたり丁寧な対応をしてもらってすっかり自信をつけた様で、今度は一人でいくと張り切っています。

かなりその気になっているのだね。
由貴江の思う通りと言ったところのかな。

> 若い子にオムツ交換してもらうのは恥ずかしくて素敵ですが下手に声をかけると不審者案件になりそうなので止めておきます。

それじゃあ、由貴江から声をかけるのではなく、若い子にバレて声をかけられて、オムツ交換を強要される展開を期待しているよ。

> 「さっきのオムツの話ですけど、やっぱり少しわけて頂けますか?」というので今度持って行く約束をして帰りました。

店員さんも興味があったのだね。

> なんだか新たな展開がありそうです。

どんな展開になるか、楽しみだね。