由紀子の場合


[1] 由紀子 だるま茶巾にされてしまいました
 だるま茶巾の格好にされ1年生の付添?で校庭を歩かされました。時間も遅かったので他に生徒はいなかったのですが全くの無人という訳ではないので何人かの生徒には見られてしまいました。この時は同じ1年生を茶巾にしていじめていると思われたようでした。やはり「あの子茶巾にされて歩かされている」というような声が聞こえると恥ずかしさが一層増しました。その間も付添の1年は私に色々と質問をしてきました。「ビキニは何着持っているんですか?」「何色があるのですか?」「ビキニ以外にスクール水着は着てこないんですか?」と言った質問をいくつも投げかけてきました。校門まではそんなに時間は掛からないのですが、途中で立ち止まったり、下校途中の他の女子生徒に私の格好を披露したりしたので、距離の割には時間が掛かりました。

 何とか校門にたどり着くと「それじゃ先輩、今日は〇○女学園の生徒として私達の茶巾ずしの刑に付き合っていただきありがとうございました。先輩の紺色ビキニも良かったです」と改めて言われ恥ずかしくなりました。「それでお願いがあります。明日は白のビキニを着て登校してください。もちろん私達が検査しますので。それではさようなら」言い方こそお願いですが、言い方は、ほぼ命令という感じでした。私は恰好が格好なので反論できませんでした。そして彼女達は立ち去ろうとしました。

 私は慌てて首の所まで覆っているスカートを解いてもらう様に言いましたが「先輩のリクエストでだるま茶巾にしたんですから自分で解いてください。あとこの袋の中は先輩の制服が入っています」と言い残して立ち去って行きました。私はまさか、だるま茶巾の格好で取り残されるとは思ってもいなかったので焦りました。スカートを内側から引っ張ってみましたが、裾の部分がきっちりと縛られているので中々解くことが出来ませんでした。何人かの1年生にはジロジロとみられ、「パンツ丸見え」とか笑いながら通り過ぎて行きました。諦めてしゃがみこんだ時、聞き覚えのある声がしました。佑香ちゃんが声を掛けてくれ、私はようやくスカートを元に戻すことが出来たのでした。そして翌日は命令通り白のビキニを着て登校しました。教室に入ろうとしたら、またしても茶巾ずしにされてしまったのでした。


[2] ベンジー
だるま茶巾で校庭を引き回されたのだね。
顔が見えるって、見えないよりずっと恥ずかしかったことだろう。
周りの反応も気になるし、耳を塞ぐこともできないし。
「パンツ丸見え」とか、厳しかったよね。

> 「先輩のリクエストでだるま茶巾にしたんですから自分で解いてください。

リクエストにさせてしまったのか。
佑香ちゃんが解いてくれなかったらどうなっていたことか。

翌日もいきなり茶巾ずしにされてしまったか。
教室と言うことは、相手は一年生ではないよね。

[3] 由紀子 「早く解かないと、男子が来ちゃうよ」って
 教室に入ろうとしたとき後ろから複数の人の気配がしました。「由紀子おはよう〜」と声を掛けられ、おはようと返す前に周囲が暗くなりこの時私は茶巾ずしにされたことに気づいたのでした。「由紀子〜隙だらけだから〜」と言われスカートの裾をきっちり縛られてしまいました。「早く解かないと、男子が来ちゃうよ」と言われ私は焦りました。この日は体育があるのでビキニの上には体操着を着て登校しましたが、穿いているブルマは学校指定の名前入りのものなのでブルマを見れば私が茶巾ずしにされているというのは判ってしまいます。ブルマを穿いていると言えども男子にこの格好は見られて見られたくありませんでした。焦って必死にもがいていましたが、私を茶巾にした子がスカートを解いてくれました。しかし罰として1日体操着+ブルマと言う格好過ごすことになってしまったのでした。体操着の下は白のビキニでしたので、この日は午後まで落ち着きませんでした。(体育は5時間目)こういう日に限って教師から指名され黒板に解答を書く羽目になったりしました。ほとんどの子は私の体操着の下は普通の下着と思っているようでした。

 ようやく5時間目になり体育館に行くと、体育教師が急用で出張したので急きょ自習となりました。体育館で運動するのも良し、教室に戻って自習するもよしと言うことになり私は教室に戻ることにしました。音楽室の前に来たとき後ろから声を掛けられたのでした。「先輩〜、体操着で何しているのですか?」振り向くと昨日の1年生達がいました。私は体育が中止になり自習時間になったので教室に戻ることを説明すると、「そういえばビキニは着てきたのですか?」と聞かれ、体操着の下に着ていることを説明しました。「それじゃ、検査しましょう」と言うと昨日の体育倉庫に連れて行かれて体操着を脱がされビキニ姿にされてしまいました。「先輩、似合っていますよ」彼女達は私をジロジロと見ていました。恥ずかしくなり体操着を返してもらうよう頼みましたが、「これは私達が預かりますね。先輩はここにいてください」と言うと私の体操着を持って行ってしまったのでした。もちろんビキニ姿で教室に戻ることは出来ないので、私は体育倉庫に閉じ込められた状態になったのでした。


[4] ベンジー
登校したら、いきなり教室で茶巾ずしにされてしまったのだね。
男子には見られたくないだろうから、焦ったのはわかるよ。
顔は見えなくても、名前入りならバレてしまうね。
スカートを解いて貰えて良かったね。
その代わりに体操服とブルマで過ごすことになったんだ。
多感な年頃、これだけで随分恥ずかしい思いをしたことだろう。
でも、体育倉庫では白ビキニ姿で放置されてしまったのだね。
そんなところを磔組に見つかったら面白そうだね。

[5] 由紀子 白ビキニのままで
ビキニ姿の格好にされた私は前回のように縛られていたわけではありませんがこの姿で外に出るわけには行かないので体育倉庫に閉じ込められているのと同じ状態でした。
助けを求めるにしてもビキニなのでそれも出来ませんでした。
1年生がいつ体操着を返してくれるのかと言うことだけを考えていました。
倉庫の前を人が通りますが、中に入って来る人はいませんでした。
私は扉を開け周囲の様子を見ましたが人の気配はしませんでした。
このまま出てしまおうかとも思いましたが、せめて体操着が戻ってくるまで中にいようと思いました。
しばらくして「由紀子って体育館に行ったきり姿見ないね」「もしかして誰かに捕まって茶巾ずしにされて放置されていたりして」と言った会話が聞こえてきました。
磔組のメンバーでした。
見つかったら不味いと思いましたが、彼女達が倉庫の中に入って来ることはなく通り過ぎて行くだけでした。
ただ、磔組が私の行動に目を付けたということは後々何か絡んでくると思いました。

大分時間が経過しましたが1年生達は戻ってくることはありませんでした。
もし彼女達が戻って来なければ、私はビキニのままで教室に行き制服を着なければならなくなります。
焦り始めた頃に声がしました。
「ここだね」
「由紀子いるんでしょ。出で来なさい」
磔組の声でした。
何で私がいるのが判ったのかと疑問に思っていると「出てこないと体操着捨てるよ。そうすると帰れなくなるよ」と言われ1年が持っているはずの体操着が磔組の手に渡っていたのでした。
私は観念して外に出ると、私の体操着を持った磔組のメンバーがいました。
「由紀子の体操着を持っている1年がいたので理由を聞いたら生意気な口をきいたので茶巾にして締め上げて取り返したから」と言われました。
「でも由紀子、1年生に茶巾にされたり体操着を脱がされて裸(と言ってもビキニ)にされるのは情けないよね」
「罰を受けて貰わないとね」と言われ私はビキニのまま引っ張りだされて、あの場所に連れて行かれたのでした。


[6] ベンジー
ビキニ姿のまま放置されているところへ磔組が現れたか。
これはかなりピンチだね。
一年生たちから体操服を取り戻してくれたのは良いが、今度は磔組に罰を受けさせられることになったのか。
自分たちの獲物を一年生に取られたと怒っていたのかな。
素直にビキニにされている由紀子にもね。

> 私はビキニのまま引っ張りだされて、あの場所に連れて行かれたのでした。

外に連れ出されただけでもドキドキだっただろうに、あの場所に連れて行かれたか。
と言うことは、また磔にされてしまうのだろうね。


[7] 由紀子 ビキニ磔が完成しました
磔組のメンバーに囲まれて私はビキニ姿のまま歩かされました。
と言うよりも連行されているという雰囲気でした。
傍から見れば下着姿に剥かれた女子を制服の女子が囲んでいじめているという感じにしか見えなかったと思います。
私はあの場所で再び磔の刑にされると思うと恥ずかしくて逃げ出したくなりましたが、この格好ではここからは逃げ出すことが出来ませんので大人しく連行されるしかありませんでした。
「由紀子、着いたよ。懐かしいでしょ」
と言われ前に磔にされた場所に着きました。
前と同じく小道具と思われる十字架がありました。
私は無くなったものと思っていましたが、しっかり残っていました。
「じゃ、始めようか」
と磔組は言うと私を十字架に縛り付けました。
私はもがくくらいしか抵抗手段はありませんでした。
せめて体操着を着ているか、水着でもスクール水着であれば彼女達を振り切って逃げだせるのですが、ビキニ姿では逃げることも出来ないのでされるがままになっていました。
「由紀子ちゃんにビキニ磔完成〜」
と言われ私は、再びビキニ姿で磔にされてしまったのでした。
前日1年生に紺色ビキニで縛られて放置されましたが、そちらも恥ずかしいですが磔の方が格段に恥ずかしさを感じました。
全裸でない分だけ若干いいのかもしれません。
しかしこの状態ではビキニであっても肌を隠す面積は限られているので、感じ方によっては裸に近いものでした。
磔組は白ビキニで磔にされている私を見て満足そうにしていました。
「あ、そうそう声を出されると困るからこれも」
と言って私の口にスカーフを噛ませて猿轡をしたのでした。
私は完全に罪人状態にされてしまいました。
「それじゃ、由紀子しばらくその格好で反省していなさい」と言い残して磔組は立ち去って行きました。
私は磔状態から逃れようともがきましたが、前回よりもしっかり体を固定されている為、無駄でした。
疲れて磔状態に身を任せていると、遠くから声が聞こえてきました。
どうやら1年生が磔組された茶巾ずしから抜け出したようでその会話が聞こえてきました。
「あの2年生(磔組)達のおかげで茶巾にされたけど、やっとスカートが解けたよ。
でも由紀子先輩の体操着は拾ったものだと言っても信用してもらえなかったし、何よりも返してほしければ自分で言いに来ればいいのに仲間を使うなんて最低〜」と言う声が聞こえてきました。
1年生達は私が磔組を使って体操着を取り返したと思っているようでした。
状況がまずい方向に流れているようでした。


[8] ベンジー
ビキニ姿で連行されたか。
白のビキニだけに、周りからは下着姿に見えたか。
実際のところ、どっちが恥ずかしかっただろうね。
白のビキニと生下着。
いずれにしても、あの場所に連れて行かれたと言うことは磔刑が待っていたと言うわけだ。
十字架にしっかりと縛り付けられてしまったね。
磔の方が無抵抗と言うか、晒し者にされているという感じがして恥ずかしいのだろう。
その格好で放置されてしまったわけだ。

> 「何よりも返してほしければ自分で言いに来ればいいのに仲間を使うなんて最低〜」

一年生たちには、すっかり誤解されてしまったね。
かなり怒っているようだが、そんな一年生たちが磔にされた由紀子を見つけたらどうするだろうね。
由紀子の言う通り、かなりマズい方向に進んでいると思うよ。