亜美の場合


[1] 亜美 全裸コートで街中を歩こうとか
亜美です。

> わかっているクセに。



わかっているのかしら。
でも、わかりたくないような。

> 亜美が彼と一緒にいたいと思えば、恥ずかしい思いをするのは避けられないということさ。


避けられませんか。
でも、彼と別れるなんて考えられないです。

> 彼のために生きると言うのも女の幸せと言うものさ。
> その分、彼も愛してくれるのだろ。


私を愛してくれているのか、
それとも恥ずかしい行為をすることが好きなだけなのか、
よくわからなくなっています。

> 亜美も「ある」と思っているのだね。


だって、、、

この前も彼は、
「もう少し寒くなったら、全裸コートで街中を歩こうか」と言い出しました。
絶対に実行するつもりです。
全裸の上にコート一枚なんて、ものすごく恥ずかしい体験になりそうです。




[2] ベンジー
> でも、わかりたくないような。

やっぱ、わかっているじゃないか。

> でも、彼と別れるなんて考えられないです。

それじゃあ、やっぱり恥ずかしい思いをしていくのだね。

> 私を愛してくれているのか、
> それとも恥ずかしい行為をすることが好きなだけなのか、

どっちも本当の彼なんだと思うよ。
そして、その思いを叶えてくれる亜美を大好きなのさ。

> 全裸の上にコート一枚なんて、ものすごく恥ずかしい体験になりそうです。

ものすごく恥ずかしい体験、楽しくなりそうだね。