文子の場合


[1] 文子 私が下着モデルなんて
私が下着モデルなんてできませんよ。
わかってると思いますけど、けっこう歳なんです。
モデルなんてムリなくらい。
体形はあまり変わっていないと思いますが、あくまで歳のわりにはってことで。

すぐにでも実行してしまうなんて。
正直に言うと、気持ちも上がったり下がったりしてるんです。
最初のメールは上がっている時に書いたのかも。

でも、やっぱりムリですよ。
下着姿で外出して、それを人に見て貰うなんて。

知らない人とすれ違うだけでも心臓がもたなそうです。
店員さんに見 て貰うなんて、あの人はよくできましたよね。
感心です。
勇気があって、ちょっびり羨ましいです。


[2] ベンジー
下着モデル、やってみたいと言う気持ちはあるみたいだね。
恥ずかしい思いがしてみたいということだ。
結構イケてたりするんじゃないかな。

気持ちが上がっている時に、一気に実行してしまうという手もあるぞ。
メールで約束というか、実行を宣言してしまうとか。

店員さんに見て貰うだけなら、そう難しくはないよ。
下着売り場の試着室で売り物のスリップを試着して、サイズが合っているかとか聞けば良いだけだから。
それなら普通のことだよね。
[3] 文子 サイズを見て貰うだけなら
下着モデルはやっぱりムリです。
本人が希望しても、雇ってくれるところがありませんよ。
仮にあったとしても、周囲の声が怖いです。

「あの子、下着モデルなんて、何考えているのかしら」
「ただ、見られたいだけなんじゃない」
「だったらAVとか行けば良いのに」
「あら、AVだって人を選ぶわよ」

みたいな(泣)

今は思いっきり下がってますね。

でも、店員さんにサイズを見て貰うだけなら普通のことですよね。
ベンジーさんの言う通りかもしれません。

文子


[4] ベンジー
文子は同性に言葉で虐められるのも感じてしまうタイプなのかな。
怖いと言っているけど、実際に罵倒されたら股間を濡らしてしまうとか。

> でも、店員さんにサイズを見て貰うだけなら普通のことですよね。

そうとも。
普通のことなんだから、頑張っておいで。
試着室だったら、他の人に見られることもないし。

カーテン開けっ放しで店員さんに「そっちのも取ってください」とか。
いっそのこと、自分で取りに行っちゃうとか。