くーの場合


[1] くー 飼育小屋が大盛況
田舎の爆乳性欲魔人「くー」から、久しぶりの近況報告です。
相変わらず実家に戻って家事育児バイトに追われる日々です。
バイトはご存知のとおり、民宿の手伝いとソープの掛け持ち。
例のイベントは短期間で超高給ですけど、バレンタインデーまで無いんで、それまで食い繋がないとですね。


ちなみに、11月の三連休のイベント終了後、某変態眼鏡っ娘をお持ち帰りしちまいまして。
うちの父も気に入ったみたいで、亜沙子のデカクリを私のオマンコに挿入した状態で亜沙子のオマンコに父のオチンチン突っ込んで中出ししてあげると、眼鏡っ娘がHカップばるんばるんさせながらヨダレ垂らしてイキ狂っちまうんですよ。
半陰陽の娘は妊娠しにくいらしいんですけど、うちの父の精子は命中率高いですから、期待しちまいますね。
まあお金持ってきてない人を泊める所も無いんで、海の家を改装した金網の飼育小屋に一週間放り込んでおきました。
そもそもお持ち帰りした時点で眼鏡と首輪と携帯以外持ってきてなかったんですけど、そう言えばイベントに来た時着てきてたミニスカチャイナ服、初日に自分で素手でビリビリ破いて素っ裸になってましたね。
どんなペラペラな布地でもそんな簡単には破れないはずなんですけど、筋肉鍛えてるようにも見えないし、やっぱり脳のリミッターが外れちまって馬鹿力が出るんですかね。怒らせないようにしよ……。


一週間後にお迎えが来たんですけど、亜沙子のお父さんと担当の女医さんで、民宿は一部屋しか空いてないから困ったな、と思ってたんですよ。
今夜は二人で相部屋にするか、どちらか亜沙子と飼育小屋に泊まります?よければ首輪も貸しますよ?って一応聞いてあげたんですよ。
まあ相部屋だろうなって思ってたんですけど、そしたらその場で雄犬が首輪着けちまいまして。
雄犬が服着てるのはおかしいですよね、って脱ぎ脱ぎしてもらったんですけど、これはまたご立派なオチンチンをお持ちで……。
雄犬の首輪にリード着けて、わざと遠回りして飼育小屋まで行ったんですけど、四つん這いで歩くと道端の草がオチンチンの先っぽに触れるだけで気持ちいいみたいで、大きいだけじゃなくて敏感なんですね……。
飼育小屋に入れてあげたら、私と美津子が見てる前なのに雄犬と牝犬がいきなり交尾おっ始めちまいまして。
一週間もお風呂入ってない娘のオマンコ後ろから突きまくって、デカクリシコシコしながらHカップオッパイ揉んで、お父さん本当動物そのものじゃないですか。
美津子は「父娘でやだー恥ずかしいー」とか言ってましたけど、あんたも私も自分の父親との近親の子供産んぢまってますからね?
でも、父娘二匹で回りに響き渡るような大声出して中出しでイクのを見せられて、何だか私たちも切なくなっちまいまして。
気がつくとJカップとFカップの牝犬が首輪着けて参戦しちまって、娘の臭いマン汁漬けの父親オチンチンを母乳をローション代わりにパイズリしたり、デカクリをフェラしながらオマンコから溢れてくる精液を飲んだり塗ったり。
娘のデカクリが父親のお尻を刺激して、復活したオチンチンを私のオマンコに入れてもらった瞬間、あまりの大きさに軽くイッちまいました。
うちの父も巨根ですけど、これはそれ以上……。
青い鳥ならぬ太いオチンチンっていうか、身近にこれだけ巨根がいたら、娘が夢中になるのも無理ないですね。
美津子も亜沙子のデカクリ入れられて、オチンチンとは違う感触を楽しんでましたね。
まだやりたりないデカチン&デカクリ父娘は飼育小屋に泊まるってことで、美津子をいけにえにして、飼育小屋の外鍵閉めて帰ることにしました。
美津子は何か言いたかったみたいなんですけど、自分のお尻の穴から吸いだしてもらった精液を亜沙子に口移しで飲まされるのに忙しかったみたいです。
あ、美津子の服はもちろん全部没収です。


民宿に戻ってみたら、女医さんがメイドコスプレでウェイトレスのバイトしてまして。
メイドって言っても、うちの民宿は、メイドカチューシャと手袋とニーハイとリボンタイはそれっぽいですけど、他はIカップの乳輪丸見えのマイクロビキニの上と、シースルーのハンカチ大の超ミニエプロンだけの格好ですけどね。
お医者さんになるくらい頭いいのに、下品な体してるなあ……。
しかも何回か白い液出されたっぽいオマンコにビール瓶で栓して、うちの父のオチンチンをパイズリフェラしてました。
うちの父も泊まるって言い出して、相部屋で悪いからって、女医さんのお金も出してあげることになったんですけど、そう言えばお風呂の体洗うスポンジと掛け布団が無いって話になりまして。
うちの父、お風呂で何処かから調達したIカップ乳スポンジとオマン毛たわしで体洗って、これまた何処かから調達した肉布団かけて寝たらしいんですよ。
美津子のお父さんによると、女医さんのあの声がうるさくて、夜中も大変だったみたいですよ。うちの父が朝まで寝かせなかった説もありますけど……。
女医さん、最後はゴム足りなくなったのに、「孕ませてえ!」って自分から生中をおねだりしたとか、頭良くても一皮むくと本性は私たちと同じ、下品な牝みたいなんですよね。


翌朝に飼育小屋に様子見に行ったんですよ。頭良さそうなのにIカップの下品なオッパイをだぷんだぷんぶら下げて手入れしてない汚ないオマンコからうちの父親の精液垂れ流した全裸の牝犬連れて。
そうしたら、飼育小屋ですっかり臭くなった犬三匹がまだ交尾してまして。
さすがに「徹夜でやりゆうがか?」って聞いちまいましたよ。
しかも三匹とも大きい方をしちまったまま交尾していたらしく、昨日より臭くなっちまってるんですよ。
じゃあ海まで行って洗うかって話してたら、何か民宿から連れてきた方の牝犬が全裸でもじもじしてまして。
はっきり言いなさいって詰めたら、「私もウンチ漏れそうです」って、ちょっともう……。
しょうがないんで、飼育小屋に入れて他の犬たちの前で四つん這いでウンチさせてあげました。
女医さん、全裸四つん這いでウンチしているついでに、美津子のオマンコ舐めてオシッコを飲んでもらいました。
そしたら、女医さんのお尻の穴から出てくる茶色くて長いのを、出てくるはしから亜沙子が胸の谷間でパイズリみたくし始めちまいまして。
ワンランク上の変態ってこういうのか…と全身茶色いのが蛇みたいに巻きついちまったアラフォー眼鏡っ娘を見てて思いましたね。
結局、海で体洗わせてもそんなに臭いは取れず、波打ち際でさんざんまぐわった変態父娘犬と女医犬はお昼頃帰っていったんですけど、うちのFカップ童顔幼馴染み犬が全裸首輪のまま引きつった笑顔で「くーちゃーん……」って近づいてきて、ちょっと怖いしまだ臭いな…と思ってたら。


その日の夜から、飼育小屋で私ことJカップの爆乳犬が飼われることになりまして…しかも餌はドッグフードと水だけ、全裸に犬耳カチューシャと首輪、バイブ貞操帯、尻尾付きアナルストッパー、指が使えないようにグーに固められた拘束手袋……美津子さん、これはガチな調教では?
と思ってたら、本当に一週間この状態で飼われちまいまして、しかも外に散歩に連れていかれて、近所の人はおろか自分の子供たちの前でも犬語以外禁止。
バイブも振動が弱くてイケないのに加えて、手も使えないからオナニーも出来ないという念の入れよう。


一週間後には完全に心が折れてて、イキたいのと体が臭くて痒いのと大きい方を出したいので、何でもする気になってましたね。
美津子がペニバン装着した時は、人生で一番心を込めてフェラしちまいました。
貞操帯を外してもらって、ペニバンの先っぽがオマンコに触れただけでイッちまいましたよ。
さんざんオマンコを突かれてオッパイ搾乳されてイキまくり、美津子に「こんなに臭くてだらしない体の変態おばさん、愛してあげるのは私だけだよっ」って言われて、思わず「私はみっちゃんの女ですーっ」って言いながらイッちまいました。
それからうちの庭まで四つん這いで連れていかれて、マゾ姉と姪っ子姉妹が見守る前でアナルストッパーを抜いてもらった途端にバケツに一週間分の大きい方を出しちまったんですけど、自分でも引くぐらいの量でしたね……。
そしたらうちのマゾ姉が私と美津子の前髪をちょっと切って、姪っ子姉妹たちが下のオマン毛をブチブチ抜いてきやがりまして。
拘束手袋と首輪も外されて板の間に連れていかれて、一体これから何が始まるんです?と思ってたら、美津子が私の出した大きいのを、私と自分の顔から爪先まで塗りつけてきやがりまして。
くっさ!と抵抗する力も一週間ぶっ続けの調教の後では残っておらず。
準備できたよー!と姪っ子たちが言ったのと同時に、背中を思い切り押されて顔とオッパイから倒れ込んぢまいました。
うわ痛い何すんの、と思って起き上がったら、板の間の床に敷いた白い和紙に、私の全身女拓が茶色く写ってまして。
隣に敷いた和紙には美津子の全身女拓も出来てて、「乾かして前髪と下の毛貼って、私とくーちゃんの名前書いて民宿の壁に並べて飾ろうね?」って……美津子さん、目が笑ってないし臭いですよ?
うーんこれは、押してはいけないスイッチを押して、伝説の妖怪クソレズ女を目覚めさせちまいましたかね?


という訳で、美津子の民宿の壁には、JカップとFカップの幼馴染みレズ婦妻の全身女拓(前髪とオマン毛付き)が張り出されちまってるんですけど、今でも鼻先まで近づくと微かに臭うんですよね。


予想外に長くなっちまいましたんで、ぱっつん前髪がやや伸びて、パイパンオマンコに少し毛が生えてきた頃の、クリスマスイベントと成人式イベントの懺悔は、また近いうちに。

[2] ベンジー
爆乳性欲魔人「くー」か。
久々に登場したかと思ったら、また過激な二つ名を付けたものだ。
あさこはあさこで、またこちらにも登場していたのだね。
しかし、命中率の高い精子って、ホントかな?
金網の飼育小屋が大活躍していたようだね。
あさこたち父娘はさもあろうと言う展開だが、くーたちのメンバーも次々と絡んでいってしまったのだね。
飼育小屋には、そうしたパワースポットなのだろうか。
妊娠までは力が及ばないと良いけどね。
あさこの身内は、くーたちにも負けてないようだね。
「孕ませてえ!」って、中出しして貰いたいだけなのだろう。
くーも本格的に飼われてしまったか。
さすがに、ここまでガチな調教は珍しいのかな。
それにしても、伝説の妖怪クソレズ女は想像したくないかな。

クリスマスイベントと成人式イベントの懺悔も待っているよ。