美紀の場合


[1] 美紀 先輩に秘密を知られてしまいました
ベンジー さま

参加を歓迎していただきました 美紀です。

このたび パソコンから メールをさせていただきます。

スポーツジムで全裸でエアロビクスをしているインストラクター補佐です。

スポーツジムで 「明美さん」に 私の秘密を知られてしまいました。

今では野外露出の先輩として ふたりで楽しんでおります。

これから 美紀と明美お姉さま よろしくお願いします。



[2] ベンジー
明美と知り合いだったのだね。
彼女はかなりハードな露出っこだから、美紀の露出も一気にレベルアップすることだろう。
覚悟をしておくんだね。


[3] 美紀 お姉さまの前で水着姿になりました
美紀です

今回は明美お姉さまとの初めてのプレイについてご報告させていただきます。

明美お姉さまのご自宅にご招待して頂きました。
お姉さまからプレゼントをして戴きました。
私がお仕事で使用するもので、競泳用水着とレオタードでした。
お姉さまから
「美紀さんの水着姿が見たいわ」
の、リクエストにお答えするため、目の前で着替えることになりました。
水着ですので下着の上から…と、いう訳にもいかずら全裸になりました。
明美お姉さまの目の前で初めて全裸になるのですから、恥ずかしいものです。
本格的なレーシングタイプでカラーはホワイトです。
サイズは普段着用しているものより3サイズも小さい“3S”です。
着用することは出来たのですが、身体へのくい込みはかなり、きついです。
水着の生地はひっぱられることにより、乳首が丸わかりになっていました。
明美お姉さまが私のそばに来られミラーの前に立ちます。
「美紀さん、すごくお似合いよ…」
耳元でささやかれると、私の身体を触ってこられます。水着の上から乳首を…水着の中に手をいれてこられたのです!
触られている+目の前にはミラーに写し出されている…で、私の恥ずかしさは、MAXでした。
そして…明美お姉さまの指使いに…私は“イカされて”しまいました。すべてをお姉さまに見られてしまいました。
「美紀のイキ顔…可愛かったわ!」
私は恥ずかしさで言葉もだせず、うつむいていました。
「今度は泊まりに来なさい。美紀に、私がはまった野外露出を体験させてあげる。そして、もっと楽しいことも…ね」
明美お姉さまの はまった野外露出に 私もワクワクしています。
美紀でした

[4] ベンジー
明美お姉さまとの初めてのプレイか。
そういう関係になってしまったのだね。
明美はハードな露出マゾだから、これからどんどん美紀は恥ずかしい思いをすることになるだろう。
もちろん覚悟の上だよね。
水着が見たいなんて、まだまだ序の口だ。
全裸を見られたくらいで恥ずかしがってはいられないぞ。
明美お姉さまの前では、常に全裸でいなければならなくなりそうだね。

> 明美お姉さまの はまった野外露出に 私もワクワクしています。

すっかりそのつもりのようだ。
美紀の野外露出を楽しみにしているよ。

[5] 美紀 露出プレイを始めました
ベンジーさま

美紀です。
明美お姉さまから指示されてひとりで「プレイ」をしてきました。
この冬初めてコートを着用して、コートの下は明美お姉さまから
プレゼントされた競泳用水着だけです。
自宅を出て駅に向かいました。電車でふたつ先の駅に行きました。
コートを着ているので、まわりの人からは、わからないはずなのですが、すごく不安でした。
「あの女、コートの下は競泳用水着だぜ!」
「恥ずかしくないのかしら?」
まわりから“変態扱い”で見られているようでした。
駅を出て少し歩いて、小さな公園を見つけました。誰もいないことを確認すると、
コートを脱いで水着だけになりました。公園の中を歩いてまわりました。
この間、まわりがすごく気になりました。

もし、誰かに見られたら…男の人に襲われたりしたら…
こんなことを考えていました。でも、この事を少しだけ期待もしていました。
明美お姉さまからは、水着を脱いで全裸で…とも、指示されていましたが
さすがに“勇気”がなく、できませんでした。

改めて挑戦したいと思います。

露出プレイを始めた美紀

[6] ベンジー
水着コートで外出して来たのだね。
周囲にバレてはいないだろうけど、気にはなるよね。
どんな見方をされているのか。
バラしてみたいと思ったりはしなかったかな。

> もし、誰かに見られたら…男の人に襲われたりしたら…

美紀も期待してしまうのだね。
明美に話したら、そういう機会も作ってくれるのではないかな。

次は全裸コートだね。

[7] 美紀 全裸コートで出かけて来ました
ベンジーさま
美紀です。

ようやく“全裸コート”で出かけてきました。コートは膝が隠れるほどのロングタイプです。

誰にもわからないはずなのですが、まわりが気になって仕方ありませんでした。
誰もいない小さな空き地を見つけて、コートを脱ぎました。初めて野外で全裸になりました。心臓が壊れるほどのドキドキ感でした。
誰かに見られたら…なんて考えるだけで、頭が真っ白になりそうです。
わざと見せる…なんてことは、今の美紀には絶対無理なことですが…「はまる」なにかが、あるのでしょうね。

美紀

[8] ベンジー
全裸コートを実行して来たのだね。
そして、初めての野外全裸露出も。
心臓が壊れるほどのドキドキ感がたまらないだろう。
誰かに見られたら、そのドキドキ感がもっと強くなるぞ。
「はまる」要素はその辺にあるのだろうね。


[9] 美紀 レオタードでコンビニへ
ベンジーさま
美紀です。

コート+レオタードでコンビニに行ってきました。
本当は全裸コートで行くつもりでしたが、コンビニの前まで行きましたが、お店に入れず、戻ってきてしまったのです。
コンビニ店内は照明は明るくお客様もいらっしゃいます。ドキドキ感 MAXです。
全裸コートが出来なかった罰としてコートを脱いでレオタード姿で店の中にはいりました。
スポーツジムでは水着姿やレオタード姿を見られているのですが、恥ずかしさは比較になりません。
店内に、はいりました。
一斉に視線が集まります。男性のお客様も集まってこられました。
「お姉さん、レオタード姿で恥ずかしくないの?」
「レオタードを脱いで!」
声をかけてこられます。女性のお客様からは
「レオタード姿でお店に来るなんて、変態じゃないの!」
「恥知らずにも限度があるわ!」
厳しい言葉をあびせられました。
(するんじゃ…なかった)後悔しました。
アダルト雑誌を2冊手に取ると、そのままレジに並びます。
店員さんの熱い視線を感じます。
店内にいたお客様たちから、ふたたび声をあびせられました。
見られている意識で、頭の中が真っ白になっていました。

支払いをして雑誌を抱いて逃げるように店をでると、置いていたコートを着て、急いで帰宅しました。

帰る途中…少し落ち着いて、見られていた感・ドキドキ感が半端では、なかったです。
皆さんが“はまる”理由が少しわかったような気がしました。
今度は全裸コートでお買い物…頑張ってきます。


[10] ベンジー
全裸コートでコンビニは、まだムリだったか。
でも、レオタードの方がモロに目立つよね。
全裸コートなら気づかれない確率が高いし、気づいても、気づいていないフリをして貰えるかもしれないぞ。
どうしてもできない時は、明美に一緒に行って貰ったら。

それでも、かなり恥ずかしい思いをして来たようだね。
特に女性の声はきつかったに違いない。
でも、いつか美紀が全裸コンビニを達成した時はこんなものではないぞ。
その日が来るまで頑張ってね。


[掲示板へ戻る]