なつみの場合


[1] なつみ 露出っこデビューです
なつみです。

> それを「いつも」と言うのだけどね。

そうかもしれません。
ベンジーさんってイジワルですね。

> いつかではなく、明日でも、いや、今からでもいいよ。

やってしまいました。
露出っこデビュー。

主人が出張で一人寝の夜のことです。
露出のことが頭から離れなくて、なかなか寝付けませんでした。
早朝のゴミ出しはともかく、深夜なら誰にも見られずにできるのではないかって思ったら、
やってみたい気持ちが抑えられなくなってしまいました。
午前2時頃です。
パジャマ姿で玄関から外を覗きました。
ご近所も寝静まっています。
これなら大丈夫と思い、主人のワイシャツに着替えて玄関まで行きました。
「ここで躊躇ってはダメ。さっき確認したじゃない」
そう自分に言い聞かせて、ドアを開きました。
いよいよ露出っこデビューです。
サンダルを引っ掛けて外に出ました。
出てしまいました。
すぐに怖くなって戻りましたが、ワイシャツ1枚で外に出たことに変わりありません。
部屋に戻ってからも興奮が醒めませんでした。

これが精いっぱいです。
主人のワイシャツ1枚でごみ出しなんて、夢のまた夢ですね。




[2] ベンジー
> ベンジーさんってイジワルですね。

自覚はあると言うわけだ。

露出っこデビュー、やってしまったのだね。
ご主人の出張中って、絶好のチャンスだったわけだ。
それで思い切ったのだね。
ワイシャツ一枚で外に出てしまったか。
初めての野外露出、よく頑張ったね。

早朝のゴミ出しだと、近所の人と会う可能性があるから難しいか。
でも、深夜だったら、もっと遠くまでいけるかもしれないね。