佐和の場合


[1] 佐和 玄関から外に出てしまいました
佐和です。

やはり、期待されているのですね。
こんなヘタレの私に。

> お尻は見られても良いというわけだ。

見られても良いというわけではありませんよ。
ただ、仕方がないかなって。
まあ、誰にも見られていないという前提があるからでしょうが。

> すっかりやる気になっているね。

そうですね。
うまく誘導されているようです。
そういう意味では悔しい気持ちもあるのですが、
元々、自分でこのサイトに来たわけですし、
興味があったのも事実です。

バスタオル1枚で人に出てしまいました。
玄関から出て、少しだけ歩いてみました。
緊張感が堪りません。
なんでこんなことをしているのだろうって考える自分と、
とうとうやったんだって、ある意味、達成感を覚えている自分がいました。
思っていたより、できるじゃないかって。

これってヤバくないですか。


[2] ベンジー
> こんなヘタレの私に。

ヘタレでなくなればいいんじゃない。

> まあ、誰にも見られていないという前提があるからでしょうが。

前提がない方がドキドキできるのだけどね。

> そういう意味では悔しい気持ちもあるのですが、

悔しいんだ。

> 元々、自分でこのサイトに来たわけですし、
> 興味があったのも事実です。

そうだよ。
私が誘導していると言うより、佐和が本心に近づいていると言うことだろうね。

> バスタオル1枚で人に出てしまいました。

とうとうやってしまったか。
露出っこへの第一歩を踏み出したわけだね。

> これってヤバくないですか。

全然ヤバくなんかないさ。
二歩目も、三歩目も期待しているよ。