優香の場合


[1] 優香 全否定されてしまいました
ベンジーさま

星野優香です。

本物の「彼」から厳しい言葉を聞かされました。
「綺麗だし、憧れていました。でも…いやらしい露出女だったとは…」
彼自身、何度か私の露出姿を見たことがあったようでした。

秘密を知られて…全否定されてしまいました。
(私を辱しめてくれるかな…の淡い期待もなくなりました)

これで「妄想の彼」からのプレイに専念できます。
また、寒くなってきますと…全裸コートもできるようになりますから。

もっとプレイの幅を広げていきたいと思います。


[2] ベンジー
本物の「彼」にバレてしまったか。
全否定は悲しかったね。
でも、却って開き直れたかな。
「妄想の彼」の命令で、より露出な露出に挑戦だね。


[3] 優香 全裸コートでの外出を
ベンジーさま

星野優香です。

彼から「全裸コートでの外出」を命じられてしまいました。
コートの丈は…お尻が隠れるほどです。

コートを着ているのに、ひとりドキドキしていました。
「優香からいやらしい臭いがする!」
「まわりの人たちは優香が全裸コートであることを知っているぞ!」
なんて言われて…官能は高まってしまいます。

「彼」から…恥辱の指示が出されます。
「コートの前を開けろ!」
ボタンを外して…広げました。

「人が来ても、広げたままにしておくこと!」
コートを広げた「露出姿」を見られてしまいました。
「彼」からの指示はこれだけでは終わりません。
コートを脱ぐように指示されてしまいました。
そして…コートを置いたまま、全裸姿で小さなビルの通路を歩かされたのでした。
戻ってきたときにコートがなかったら…誰かに見られたら…
もし、無理やりされたら…ものすごく不安でした。が、優香には…従うしかないのです。
「彼」に、露出症の変態マゾ女として辱しめられている優香でした。

[4] ベンジー
全裸コートの季節になったからね。
しばらくは大活躍かな。

> 「まわりの人たちは優香が全裸コートであることを知っているぞ!」

優香が全裸コートでいること、どのくらいの人が気づいていたのだろうね。

人が来ても広げたままにしておくなんて、彼もイジワルだね。
優子がそれを望んでいることを知っているのだろう。
しかもコートを脱がされたか。
コートを置いたままビルの通路を歩かされたのはヒヤヒヤものだったね。
でも、それがいいんだろ。