明美の場合


[1] 明美 変態マゾ用の制服を支給されました
ベンジーさま

明美です。

男性スタッフさんから
「明美に制服を用意する。来月から着用して勤務をすること!」
との通達がありました。

「先行して午後5時を過ぎてから『残業用制服』を着用して勤務すること!」
通達があり、今週から着用することになりました。
午後5時を過ぎ、オフィスには男性スタッフさんと明美のふたりだけになります。
男性スタッフさんの目の前で着ているコスチュームを脱いで全裸になります。
見られている中で全裸になるのは…恥ずかしすぎます。
男性スタッフさんから“残業用制服”を受け取ります。
用意していただいた制服はホワイトカラーのブラウスとブラジャー・ショーツ・パンティストッキングでした。
スカートやパンツ系は、ありませんでした。
ショーツを身につけ、ブラジャーをつけて…パンティストッキングを穿きます。
ブラウスに袖を通します。胸元は大きく開いて…胸の谷間は“丸見え”です。
ブラウス越しにブラジャーが透けてはっきりと見えてしまいます。
ブラウスの丈はかなり短く穿いているパンティストッキングのウェスト部分が見えるほどです。
パンストからは下のショーツが透けて見えてしまっています。
レオタードや競泳用水着などのコスチュームも恥ずかしかったのですが
残業用制服も…恥ずかしすぎるものでした。
「制服は会社の備品なので、勤務終了後、速やかに元に戻すこと!
 社外への持ち出しはいかなる理由においても禁止!違反した場合は、一定期間の着用禁止とする!」
と、いう厳しいものでした。ブラウスだけなら、ともかく、下着まで“制服”にされているので、洗濯することもできません。
それに…用意されている下着は1セットだけなので毎日、同じものを着用しなければならないのです。
残業用なのですが、昨日まで毎日遅くまでお仕事をしています。
汚れないように気をつけていても、直接、肌に触れているものですから…汚れてしまいます。
『臭い』も気になってしまいます。

昨日は、お仕事終了後
「“オナニー”しているところを見せろ!」
と、恥ずかしすぎる指示 強要されているのですが
『これから明美は“オナニー”をしますのでご覧ください』
と、宣言して行わなわなければなりません。
制服は着用したまま、ショーツとパンストだけ、ずり下げて行いました。
会議室のテーブルに両手・両膝をついて乗ります。
股間を男性スタッフさんのほうに向けました。
オナニーをするのに使用させられたのは疑似ペニスです。
媚薬ローションは用意されておられました。
ローションは必ず使用しなければなりませんでした。
ローションがなければ、いきなり挿入はできませんので
(そうなれば、疑似ペニスに対して口に含む…みたいなことをするしか、なかったのですが…)
媚薬ローションとわかっていて、使用しなければならないのは、恥ずかしい&辛すぎました。
疑似ペニスにローションをかけて、割れ目にあてて馴染ませていきます。
男性スタッフさんからは、オナニーの実況をする様に、命令されました。
(あまりにも恥ずかしすぎる&思い出して感じてしまい…省略させてください)
男性スタッフさんの目の前で、本気で“イって”しまいました。
“イク”時の明美の恥ずかしすぎる表情を見られてしまいました。
「明美の“イク”表情、ものすごく“いやらしい”な!
また、見せてもらうぜ!」
恥ずかしすぎる言葉を浴びせられてしまいました。

濡れた股間のまま、ショーツを穿かされました。
(ショーツには“シミ”が出来てしまいました…)

このショーツは、また明日も着用しなければなりません。

新たに始まった制服プレイ…辱しめられることで悦びを感じている
変態マゾの明美でした。


[2] ベンジー
制服が決まったのだね。
きわどい格好だが、それよりも着替えや洗濯ができない方が厳しいか。
オナニーとかして汚してしまっても、そのまま着用させられるのって、なかなかにマニアックだ。
残業用の制服なんだね。
これが通勤用だったら、もっと凄いことになっていた。
その内、通勤用も指定されたりして。


[3] 明美 マゾ奴隷になるなら正社員にしてやるって
ベンジーさま

明美です。

念願の“正社員”になることが出来ました。
男性スタッフさんから
「マゾ奴隷になるのなら、正社員にしてやる!」
条件の提示をいただき、承諾したのです。

男性スタッフさんはグループ会社の“偉いひと”のお子さまでした。
将来はグループ会社の経営陣のおひとりして手腕を発揮される方です。

男性スタッフさんとの間で誓約書を交わし、同意書に署名・捺印して提出しました。

男性スタッフさんは早くから明美に目をつけておられ
いつかは“マゾ奴隷”にしようと考えておられたようです。
(ご本人からお聞きしました)

明美に対して“ハードな辱しめ”を行い、テストされておられていました。
そして“合格”して…今回の「マゾ奴隷」の交換条件になりました。
明美にとっても、不安定な契約社員より正社員になりたい…と望んでいました。
お給料も…契約社員のときより、大幅にアップしました。

「これから明美には、『マゾ奴隷』として、たっぷり恥ずかしいことをさせてやる!」

次回は男性スタッフさんからの辱しめをご報告させていただきます。

辱しめを楽しみにしているマゾ奴隷になった明美でした。

[4] ベンジー
まずは正社員になれて良かったね。
明美にとっては、正社員よりマゾ奴隷になれたことの方が嬉しかったりして。
これからますます恥ずかしいことをさせられるのだろうね。
全裸勤務や全裸出張もあったりして。
男性スタッフさんと二人で泊りがけの出張とか。


[5] 明美 マゾ奴隷のショー
ベンジーさま

マゾ奴隷の明美です。

ベンジーさまのおっしゃるとおり“正社員”になれたことより
「マゾ奴隷」になれたことのほうが、何倍も嬉しいです。

平日は…朝早くに出社してお仕事をしています。
退社するのは、早くて午後9時過ぎ、遅いときは日が変わることもあります。
(これも“マゾ奴隷”の一環でしょうか?)

土曜・日曜は営業スタッフさんたちはお休みですが、マゾ奴隷の明美には、お休みはありません。

土曜・日曜はすべて出勤を命じられています。
オフィスには、男性スタッフさんとふたりきりです。
マゾ奴隷として“ショー”をおこない、ご覧いただきます。
ショーの内容は…
ストリップ
局部晒し
オナニー
浣腸プレイ

これらのプレイを行うとき、明美が「ショーを行います」と宣言をして行います。

“ショー”が、終わりますと男性スタッフさんからの指示があり、プレイを行います。
当然、指示には絶対服従です。質問・確認すら、許されません。
プレイを紹介させていただきます。
エレベータープレイ
全裸にされて、エレベーター内に放置

駐車場プレイ
ショート丈のブラウス&ショーツだけの姿にされ駐車場に放置

全裸巡回プレイ
全裸にされ、ビル内を巡回
野外プレイ
夜になると全裸にされ…公園・野外の駐車場で放置

放置:両手は後ろ手に拘束・頭の上で拘束(おろせないように)され
また、片足立ちなど恥ずかしすぎるポーズをさせられます

すでに“連休”の出勤を命じられました。(会社は9日間のお休みに、はいります。)
「明美を麻縄で縛り、たっぷり責めてやる!」
と、伝えられています。

今から「縛られて責められる」ことを楽しみにしています。

マゾ奴隷の明美でした。


[6] ベンジー
「マゾ奴隷」になれて良かったね。
お休みなしで仕事&調教か。
恥ずかしい姿を見せることが奴隷の務めなのだね。
エレベーターに全裸放置なんて、他の人が使うかもしれないのに、ドキドキものだね。
駐車場でのプレイは、見つかることを前提にしているのかな。
全裸でビル内巡回プレイも、いつ見つかるかわからないね。
公園での野外放置は拘束付きなんだね。
フェンスとか遊具とかに磔とかされたりして。

> 今から「縛られて責められる」ことを楽しみにしています。

どんな風に責められるのかな。
明美なら、全裸迷子とかもできそうだね。