亜美の場合


[1] 亜美 彼との恥ずかしい体験
亜美と言います。

彼との恥ずかしい体験を聞いてください。
サイトの趣旨とは違うかもしれませんが、他に話す相手がいなくて。
でも、誰かに聞いて貰いたくて。
何となくベンジーさんなら聞いてくれそうな気がして、メールしてしまいました。

彼との出会いは、友達から受けた相談がきっかけでした。
その子が彼のことを好きで、私は話を聞く立場だったのです。
彼と最初に会ったのは居酒屋でした。
彼とその子は、会社の先輩後輩で、会社の飲み会があるから送っていって欲しいと頼まれたのです。
第一印象は、あまり良いとは言えなかったのですが。

その後、彼から連絡があり、会うことになりました。
友だちのことで会うだけだと思っていたので、油断していました。
ガードも甘かったと思います。
夜の9時頃だったのですが、私の家の側まで来るという彼。
私はノーブラにトレーナーと言うパジャマに近い格好で彼と会っていました。
車の中で話をしました。
最初は友達の話だったのですが、次第にお互いの話になっていき、雰囲気が怪しくなって、気が付くと彼との距離が近くなっていて、そのままキスしてしまいました。
戸惑いはありました。
でも、それ以上に興味があったのだと思います。
彼にと言うより、男の人との交際に。
友達には悪いと思いながらも、彼の存在が私の中で大きくなっていきました。

こんな話で良ければ、続きを書きたいと思います。


[2] ベンジー
恥ずかしい体験なら、喜んで聞かせて貰うよ。
お友だちから受けた相談がきっかけで彼と知り合ったのだね。
でも、その彼は、亜美の方が気に入ってしまったようだ。
それは亜美も同じだったわけだ。
男の子と会うのに、いきなりノーブラとは大胆にことだ。
それが恥ずかしい体験に繋がっていくのかな。