亜美の場合


[1] 亜美 もっと酷いことをされるのですか
亜美です。

> でもそれは、亜美が可愛いからでもあるのだと思うよ。


可愛い彼女をそんな目に遭わせて、楽しいものなのですか。

> きっと誰よりも可愛い顔をしているんだ。
> 少なくとも、彼にとってはね。


そうなのでしょうか。
ううん、そう信じることにします。
そうじゃないとやり切れないというか、時々信じられなくなるというか。

> ギリギリは、もっとずっと遠くかもれしないね。


ずっと遠くって、もっともっと酷いことをされてしまうってことですか。

> そこで置き去りにされるのは、いつの日かな。

コンビニの駐車場に置き去りですか。
それはさすがにないですよ。
そんなことしたら、確実に見られてしまいます。
彼もそこまでは望んでいないと信じています。


[2] ベンジー
> 可愛い彼女をそんな目に遭わせて、楽しいものなのですか。

少なくとも、彼は楽しいのだろうね。
「これが俺なりの愛し方」と言うやつだね。
運命だと思ってあきらめることだ。

> ううん、そう信じることにします。

信じて、恥ずかしい思いをして来るのだね。

> ずっと遠くって、もっともっと酷いことをされてしまうってことですか。

亜美にとっては酷いことかもしれないが、彼にとっては、まだまだなんじゃないかな。
やりたいことはいくらでもあると言うか、湧いて来ると言うか。

> コンビニの駐車場に置き去りですか。
> それはさすがにないですよ。

ないと良いね。