亜美の場合


[1] 亜美 街中を全裸コートで歩きました
亜美です。

全裸コート、行って来ました。
彼と一緒に、最初は普通の服を着て出ました。
ショッピングモールのトイレで「ここで全裸コートになっておいで」って。
ものすごく不安でしたけど、彼には逆らえません。
トイレの個室に入って服を脱ぎました。
全裸になりました。
そして、その上にコートを着ました。
素肌にコートの裏地が当たり、変な感じです。
今から、こんな格好で街中を歩くんだと思うとドキドキでした。
結構時間が掛かってしまったと思うのですが、待っていた彼は何も言いません。
むしろ、優しく出迎えてくれました。
「これからいっぱい恥ずかしい体験をしようね」って。
脱いだ服を入れたバッグは、彼が持ってくれました。
そしてショッピングモールの通路に出て行きました。
もうドキドキなんて生易しいものではありません。
コートは着ているから、他の人にはわからない筈ですし、
ハダカを見られている訳でもないのですが、胸の鼓動が治まりません。
全裸コートしてるんだって、恥ずかしさと不安がいっぱいです。
「もういいでしょ」
彼に言ったのですが、
「まだ街中には出ていないでしょ」って。
どうしても、街中を歩かせるつもりでした。
言い出したらきかないのはわかっていました。
そのまま彼に寄り添ってショッピングモールを出ました。
街中です。
コート一枚で。
冷たい風がコートの中に吹き込んで来ます。
お前はハダカなんだって思い知らせるように。
大勢の人とすれ違いました。
絶対に顔を合わせないようにしていました。
彼はずっと肩を抱いてくれていました。
彼が一緒でなかったら、絶対にできないことだと思いました。
それから30分くらい、街中をブラブラしてからショッピングモールに戻りました。
思っていたより何倍も恥ずかしい体験でした。
もう勘弁って思ったのですが、彼は、
「またやろうね」って。
それどころか、
「次はもっと恥ずかしいことしようね」って。
何をさせようと言うのでしょうか。
そう思いましたが、怖くて聞けませんでした。


[2] ベンジー
全裸コートを実行して来たのだね。
なんだかんだ言っても、彼の言うことに従う亜美は、可愛い彼女だよね。
彼も、そんな亜美が大好きなのだろう。
ショッピングモールのトイレで全裸コートになって、そのまま街中を歩いたか。
生易しいものではない体験ができて良かったね。
でも、これはまだ序の口と言うわけだ。
次はどんな恥ずかしい体験が待っているのだろうね。


[3] 亜美 路地裏に全裸で置き去りにされました
亜美です。

彼を愛しています。
彼も私を「愛している」と言ってくれます。
友だちは、「なかなか口に出してくれないものだよ。言ってくれるだけマシだよ」なんて言うのですが。

> なんだかんだ言っても、彼の言うことに従う亜美は、可愛い彼女だよね。



そうなんだと信じています。

> 生易しいものではない体験ができて良かったね。


本当に生易しいものではありませんでした。

> でも、これはまだ序の口と言うわけだ。

ベンジーさんの言う通り、序の口でした。
この前と同じように全裸にコート一枚で街に出ました。
路地裏に入ると、彼がキスして来ました。
誰もいないのはわかっていてもドキドキです。
でも、キスされるのは嬉しくて、私からも、ううん、私の方が積極的になっていたくらいです。
そうしたら、彼がコートを脱がし始めたのです。
脱がされれば全裸です。
「ダメよ」って言ったのですが、やめてくれなくて、
前を広げておっぱいを揉むくらいかと思ったのですが、全部脱がされてしまいました。
そしてもう一度キスすると、

「しばらくそこで待っていてね」と言って、彼はコートを持ってどこかに行ってしまいました。
路地裏で全裸です。
一人にされてしまうと不安で不安でたまりません。
彼が戻って来るまでの時間がものすごく長く感じました。

こんなのもう二度とゴメンって思ったのですが、
彼ったら「またやろうね」って。
「うん」と答えてしまう私が憎らしいです。


[4] ベンジー
ホントに序の口だったみたいだね。
とうとう路地裏で全裸放置されてしまったか。
これはピンチだったに違いない。
生きた心地がしなかったってところかな。
街の不良たちに囲まれる展開もあったりして。

> 「うん」と答えてしまう私が憎らしいです。

亜美も期待しているのかな。