あさこの場合


[1] あさこ メッシュ地のジャージ上下で
ベンジー様

 昨年の12月13日に40歳の誕生日を迎えました両性具有者のせおあさこです。
 今日は朝から、母の入院している精神病院に向かうため、特急電車に乗っております。
 今の私の服装は、眼鏡、メッシュ地のグレーのジャージの上下、スニーカーです。
 ジャージは半ばシースルーですしピタッとした素材ですので、みっともない身体の輪郭と下着をつけていないのが分かってしまいます…。
 隣には誰も座っていませんし、通路の反対側の女性客も眠っているようですので、ジャージのファスナーを胸の谷間まで下げてみました。
 胸の窮屈さが少しだけ解消されたような気がします…。


 おっぱいが出たがってる!Iカップの育ち過ぎたロケットおっぱいが、外に飛び出したくて、勃起した乳首がジャージを押し上げて今にも発射しそうなんだ!


 ……と乳房の声が聞こえてきたような気がしてきました。
 幻聴の症状は随分改善したのですが…。
 確かに、陥没乳首が左右ともぷっくり勃起して、ジャージの上からはっきり見えています。
 折角ですので、このまま隣の車両のトイレまで移動するついでに、乗り合わせた他の乗客の皆様にも亜沙子の恥ずかしいおっぱいをジャージ越しに見て頂きたいと思います…。


[2] ベンジー
電車の中でメッシュ地のジャージか。
それはまた挑発的なスタイルだね。
反対側の女性は気づいていないのかな。
そういうのって、男性より女性の方が目につきそうだけど。

乳房の声を聞いてあげることにしたんだ。
乗客の皆さんの反応はどうだったのだろうね。

[3] あさこ 特急のトイレで全裸自慰
ベンジー様

 変態ふたなり肉便器ババアあさこ40歳です。
 たった今、特急のトイレで、ジャージを脱ぎ捨てて眼鏡以外生まれたままの姿になってしまいました。
 汗を拭こうと思って持ってきたタオルを、はしたない声が漏れないように口に咥えて、もう反対側で乳首と半陰陽の性器を擦って、これでは汗を拭く前に唾液と愛液でぐっしょり濡れてしまいそうです…。
 タオルを食い込ませて上下にしごくだけでも、目がちかちかして鼻からムフウッ!ンフゥッ!と息が漏れてしまいます。
 でもこうして、肥大陰核をタオルで包んで、絞り上げるようにしてから動かすと…。
「かはぁっ!くぅんっ!はぁんっ!」
 咥えていたタオルが外れて、思わず甘い声が出てしまいました。しかも結構大きめの…。
 それでは、タオルを口に咥え直しましたので、声の代わりに絶頂した回数だけ文字を打って、特急のトイレで全裸自慰に耽るあさましい私の懺悔としたいと思います。

いくっ!いくっ!いくっ!いくっ!いくっ!いくっ!いくっ!いくっ!  
めちんちんしぼりきもちいい!いいよぉ!
おまんこもいい!おまんこでいくっ!いくっ!いくっ!いくっ!いくっ!いくっ!
おしっこでるっ!

「おしっこでるおしっこでるっ!あーーーっ!」

 またタオルが外れて、大きな声が出てしまいました…。
 呼吸が乱れて汗だく、顔も火照っていますが、そろそろトイレを出ないと…。
 身体が熱い…。熱い…。
 ジャージの上だけ羽織って、ファスナーは全開のままで座席に戻ろうかな…。
 ジャージの下とスニーカーは手に持って、口に咥えたタオルで前を隠して…。


[4] ベンジー
あさこにしては落とし過ぎる懺悔だと思っていたが、やはりやってしまったね。
トイレでジャージを脱いでしまったか。
タオルくらいでは、あさこの口を塞ぐことはできなかったのだね。
あさましい声はどこまで聞こえていたことか。

さすがに席に戻るまで全裸と言うことはなかったのだね。
ま、お楽しみはこれからかな。


[5] あさこ デカ乳デカ尻半陰陽の性器丸出し
 せおあさこです。
 特急の座席から、眼鏡以外生まれたままの姿で懺悔しております。
 あと20分程で、在来線に乗り換える時間ですが…。
 それまでの間、車窓の風景と、デカ乳デカ尻半陰陽の性器丸出しのだらしない身体でお楽しみ下さいませ。
 今、眼鏡も外しました。
 窓に映る私、半分卑屈で半分卑猥で、本当にいやらしい顔している…。大嫌い…。
 座席の上に立ち上がってみました。
 もうあまり乗客がいませんが、後ろの座席にいるお二人が、私のすべてを見ています…。

[6] ベンジー
とうとう生まれたままの姿になってしまったか。
後ろの乗客も楽しんでくれているかな。
あさこのイヤらしい身体を脳裏に焼き付けて、今晩のおかずにするのだろうか。
まさか、待ちきれなくて……なんてことはないよね。

ところで乗り換えはどうするのかな。