あさこの場合


[1] あさこ 全裸で土下座する私の頭上から

ベンジー様

 コロナに続いて長雨の季節になり、ますます引きこもり生活になってしまいました。
 それでも先月は父と一緒に、有名シティホテルの屋上露天風呂の男湯に入り、他の男性宿泊客に父娘の近親相姦を見て頂いた後、変態父娘の穴比べを楽しんで頂きました。
 「玉無しホモガキのせこあさおと申します。どうか皆様、僕のめちんちんと穴で楽しんで下さいませ」
 と口上を述べ、全裸で土下座する私の頭上から、男性宿泊客の放尿のシャワーが降り注ぐのを全身で浴びて、屈辱と背徳感で気絶しそうでした。
 還暦をとうに過ぎているのに、男性客に肛門を犯されて女の子のような声をあげてよがりながら射精する父の陰茎をIカップの乳房で挟んで、父の精液を口腔いっぱいに溜め込んでから飲み下して、私もまた自分の肛門に打ち込まれた熱い杭のような男性客の陰茎からほとばしる精液を流し込まれて絶頂するのです。
 一泊二日間、三十人ほどの男性宿泊客に父娘の痴態を見て頂きました…。



[2] ベンジー
コロナにも長雨にも負けず、頑張っているのだね。
ホテルの屋上露天風呂で近親相姦か。
他のお客様にもオシッコシャワーをして貰って、惨めな思いをして来たのだね。
お父さんも頑張っているんだ。
あさこも気持ち良く絶頂できたようで良かったじゃないか。