文子の場合


[1] 文子 店員さんにスリップを見て貰いました
文子です。

スーパーの下着服売り場に行って来ました。
近くまで行って、何度も通り過ぎてはまた戻ってを繰り返して、
何度目かでやって入ることができました。
明らかに年下と思える店員さんが一人でした。
あの子に見せちゃうのかなって思いながら、下着を選びました。

> カーテン開けっ放しで店員さんに「そっちのも取ってください」とか。
> いっそのこと、自分で取りに行っちゃうとか。

ふふっ。
どっちも興味ありましたね。
ハイになっていたかも。

店員さんの位置を気にしながら、スリップを持って試着室に入りました。
お店の中からして見えない場所にありました。
他のお客様はいないし、通りがかりに覗かれることもなさそうです。
パンイチになってスリップを試着しました。
あの人は、スリップをアウターで着ていたのですよね。
ちょっと試してみたくなりました。
試着室のカーテンから顔を出し、店員さんを呼びました。
「すみません。これってアウターで着れますか」
店員さんは、やっぱ、私より若いです。
仔犬 系のかわいい子です。
「アウターですか。着れないことはないと思いますけど」
否定されると思っていたのに、意外な反応です。
それどころか、
「そうですね。カップもしっかりしていますし、キャミワンピに見えないこともないかと」
なんと勧めて来ました。
売ってしまえばこっちのものと言うことでしょうか。
なので、買わないわけにはいかなくなり……

レジをしながら、
「次はそのスリップを着て来てくださいね」
なんて言われてしまいました。

ドキドキの体験でしたが、思い切って声を掛けて良かったです。

文子


[2] ベンジー
下着服売り場に行って来たのだね。
行動力が出て来たじゃないか。
店員さんも協力的で良かったんじゃないか。
感じの良い子だったみたいだね。

> 「アウターですか。着れないことはないと思いますけど」

店員さんも文子に着て欲しかったのかな。

> 「次はそのスリップを着て来てくださいね」

案外、文子のやっていること、わかっていたりして。
次は当然、そのスリップを着て買い物に行くのだろうね。