樹里亜の場合


[1] 肉便器としてボロボロにされました
ベンジーさんへ

樹里亜です、こんばんは。

長い間懺悔をお休みしてしまったのに、
ベンジーさんも読者の方も覚えていてくださって、
期待していただけるなんて本当に嬉しいです!


少しお返事させていただきますね。

> 早速、全裸で家を出て、全裸コンビニと全裸ファミレスなんて、やはり樹里亜はやることが違う。

久しぶりだったのでどれくらいのことに挑戦しようか迷ったんですけど、
やっぱり私は完裸を見られるのが好きなので思い切ってみました。
コンビニではホントは女の子たちとも遊びたかったんですけど、
女の子を怒らせた後のことを思うと、そこまでは踏み切れませんでした…

全裸ファミレスは男性たちに助けられたところもあり、最後は輪姦もできて大満足でした!

> 次はどうするのかな。
> 後ろ手に手錠をして全裸散歩とか。
> それとも、全裸逆ナンパかな。

どれも素敵ですけど、今回は少し違う内容の懺悔をしますね。

この間、職場の年の近い仲間で集まって忘年会をしてきました。
もちろん、今回集まった人たちは過去に私が色々してたことを知っています。

最初は普通の宴会として始まりましたが、
みんなが酔って来たところで「樹里亜のストリップ見たいな〜!」と、誰かが言いました。
すると男性陣が反応して、「ストリップ!」とか「脱げ〜!」とか言い始めました。
それがあっという間に「脱〜げっ!脱〜げっ!」と全員の大合唱になりました。

私も久しぶりに全裸露出をした感覚が残っていたので、
「せっかくだから脱いじゃえっ!」って気持ちになっていました。
求められて脱げるなんて、こんなチャンスなかなかないですから。

立ち上がって手拍子を求めると、みんな大喜びで手拍子してくれました。
みんなの手拍子とコールに合わせるように1枚ずつ服を脱いで、
身に着けているものがブラとショーツ、それにストッキングだけの下着姿になりました。
この先は少しずつハダカを晒すことになるので、さすがに恥ずかしくなってきて、
どうしようというのと、これ以上脱いでも大丈夫そうか気になって少し休憩しました。

それを見て私がストリップを終えようとしているように見えたのか、
少しブーイングが混ざりながら、また「脱げ、脱げ」とコールが再開されました。

「それなら」と再開しようとすると、「ブーラ、ブーラ!」とコールが入りました。
コールに合わせて、左手で胸を抱くようにしながら右手でブラのホックを外しました。
そしてストラップを肩から下ろすと、ブルンとおっぱいが飛び出しました。
いよいよおっぱいを見られて、恥ずかしさで感じてきてしまいました。
みんなの視線に晒されて、乳首がキューと固くなって…

これでみんな興奮してしまい、すぐに「全裸!、全裸!」とコールが入りました。
ストッキングを脱ぐのも待ってもらえず「脱がせろ!」とか「剥いちまえ!」とか言い出して、
バランスを崩して転ぶと、押さえつけられてストッキングを引き裂かれ、ショーツも取られて、
下半身丸出しで脚を大きく開かされて、おまんこを広げられて中まで見られてしまいました…

「樹里亜のまんこ、久しぶりだな〜」とか言いながら覗き込まれて、
みんなに見つめられるのが恥ずかしくて、おまんこが濡れてきちゃいました。
「見られて濡らしているのか。昔の樹里亜は凄かったからなぁ」って、
その言葉に過去の出来事を思い出して、みんなからも笑われて恥ずかしさが蘇ってきました。

ストリップが終わってどうなるのかと思っていましたが、やっぱり服は帰ってきませんでした。
それどころか忘年会が終わるまで全裸でいるように言われて、
順番に席を回るように言われて、料理やお酒の追加注文もさせられました。
全裸で席を回れば見られるのはもちろん、おっぱいやお尻を触る人もいます。
おっぱいを揉まれ、乳首を摘まれて思わず声を出した時には笑われてしまいました。

私たちの部屋は個室と言いつつ、簾で仕切られただけでした。
そんな場所を全裸で歩き回って注文のために廊下に出たりして、
私達のしているのことが当然他の席からも見えていました。
そんな状況でこんな風に騒いでたら、当然ほかのお客さんからも注目されますよね。
そのうちに別の席からも「自分たちにはサービスはないのか。」と声が出たようで、
店員の女の子から「私達にはムリだから助けて欲しい」というように言われました。

店員の女の子にはすがるような目で見られて、
みんなにも「面白そうだから行ってこいよ。」と送り出されて、
別の席にいたお客さん達にお酌することになってしまいました。
そのお客さん達にしてみれば、私は全裸でサービスしてる女というだけの存在ですから。
容赦なくいやらしい視線を浴びせ、遠慮なく手を伸ばしてきて身体を触ってきました。
おっぱいを揉まれ、お尻を撫でられ、おまんこを触ろうとする人まで…
おまんこに指を入れられて、思わず声をあげてしまいました。

カウンターの中には男性店員さんが何人も居たんですけど、
ニヤニヤしながらもじっと見ているだけで、誰も注意しようとはしません。
私に助けを求めてきた店員の女の子も手を口に当ててただ見ているだけで、
結局お店のみんなの視線に晒され、恥ずかしいのにまた感じてしまいました。

お開きの時間になって服のことを聞くと「まあ、要らないでしょ?」とはぐらかされて、
とりあえず私が裸のままで精算してお店を出るということになりました。
お店のご主人が対応してくれたので「お騒がせしました。」と謝ると、
「酔って脱ぎだす子はいるけど、素っ裸になったのは初めてだよ。
 サービスもしてくれてありがとね。よかったらまた遊びに来てよ。」と楽しそうに言っていました。

お店は繁華街にあるので、一歩出たら恥ずかしさはお店の中とは比べ物になりません。
私達の横を通り過ぎる人たちみんなが全裸の私に注目して行きます。
まだこれから2次会という時間で、人通りも多く酔っ払った人もたくさんいて、
「あれ?裸の女がいるぞ!」と、声を上げていく人もいました。

そんな状況で「こっちに行こう!」と先導されて繁華街を全裸歩行しました。
集団の一人なので近寄って来る人はいませんが、視線は集まってきます。
歩きながらなんだか嫌な予感がしてきたところで、駅前のロータリーにつきました。

まさかと思っていると…
「ここ覚えてる人!」
「樹里亜がおしっこした場所!」
「正解!」
こんな会話をして公開全裸放尿をしろと言うのです。

こんな人通りの多い駅前させるなんてどうかしてます。
でもみんな勢いづいて収まりがつかなくて、覚悟を決めるしかありません。
植え込みのブロック登って脚を開き、顔を上げると本当に多くの人に見らていました。
目の前にいるのは職場の同僚ですが、その周りを何重にも人が囲っていました。
暗い中でみんなにスマホで照らされて、おっぱいもおまんこも浮かび上がらされます。
肌を晒していることを強烈に意識させられ、強烈な恥ずかしさの中で下腹部に力を入れます。
大きなざわめきの中でシャーっという水音が延々と続くように感じました。

それでほぼ解散という形になりましたが、私は男性4人に誘われて2次会に行くことにしました。
全裸のままで再び繁華街を歩かされて、風俗街の入り口につきました。
それから私一人で先に行くように言われて、風俗街を往復させられました。
彼らは距離をとってニヤニヤ面白そうに見ながらついてきました。

それが終わると、今度は近くの公園まで歩かされました。
公園のテーブルに乗って、四つん這いになったり、脚を大きく開かされたりしました。
それだけじゃなく、自分で濡れているおまんこを開いてみんなに見せるように言われました。
恥ずかしくて、おまんこは熱くなって愛液がどんどん溢れてきます。

「それじゃ、2次会始めようか。」という言葉を合図に犯されました。
四つん這いにさせられ、口とおまんこに同時におちんちんを入れられました。
彼らは遠慮なく私の身体を触り、おまんこを突き上げて奥に出しました。
精液を吐き出すと、すぐに入れ替わってセックスは続きます。
口に出されたザーメンを飲み込み、おまんこには中出しされて、
それが延々と繰り返され、口の中もおまんこの中もザーメンでベタベタになって、
最後にはアナルにまで入れられてしまいました。

終わる頃には口からも、おまんこからも、アナルからも彼らのザーメンを垂らしていました。
そして最後に4人から同時におしっこを掛けられ、口とおまんこを開いて直接放尿を受けました。
彼らの肉便器としてボロボロにされて、それでも感じてしまいました。
最後に1人ずつ丁寧におちんちんを口で清めさせられて、2次会は終わりになりました。

3次会はなし、ということでそこで解散になりました。
服は会社でということで、家の鍵だけ返してもらって全裸で帰ることになりました。

久しぶりの同僚への露出は過激すぎるくらいの体験になってしまいました。

樹里亜

[2] ベンジー
樹里亜の復帰を待ち望んでいた読者の皆さんは大勢いると思うよ。
これからの樹里亜にも期待しているさ。
もちろん、私もだけどね。

> コンビニではホントは女の子たちとも遊びたかったんですけど、

一緒に遊べる女の子たちがいると良いね。

今回は忘年会で露出して来たか。
酔いが回るとストリップコールか。
昔の樹里亜を知っている仲間ならではだね。
やはりと言うか、下着姿では満足してくれなかったね。
久しぶりで恥ずかしさもあっただろうが、
逆にここで終わりにされたら、樹里亜の方が欲求不満になっていたのではないかな。
結局、最後は脱がされてしまったのだね。
オマンコまで覗き込まれて、さすがにそのまま輪姦とはいかなかったが、期待はしていたことだろう。
お互いね。

他の客席からもリクエストがあったか。
お店のサービスだと思ったみたいだ。
店員の女の子に、ハダカになって樹里亜のようにサービスしろと言うわけだ。
予想外に大勢の人に全裸を晒してしまったね。
口込みで広まったら、明日からが大変かも。
でも、今回は樹里亜が対応したから良いものの、次の日からは店員の女の子たちが対応するように要求されていたりして。

お開きになっても、二次会はお約束だったね。
繁華街を全裸で歩かされて、恥ずかしさは比べ物にならなかったか。
注目も浴びてしまったね。
さらに全裸放尿か、
ノリと言うのは恐ろしいものだ。
樹里亜にとっても、久々の強烈な恥ずかしさだったようだ。
その後も風俗街を歩かされて、
公園に着いたら、いよいよ二次会の本番だね。
遠慮なしの輪姦で、肉便器にされる快感が甦って来たことだろう。
最後は全裸のまま放り出されたか。
ホントに、樹里亜のことをよくわかっている人たちだね。