清香の場合


[1] 清香 全裸&ハイヒール姿で電車に
清香です。

男性社員さまからは
「まわりの社員に気づかれないためにも
勤務時間中は厳しく指導してください」
と、言われています。
その代わり…ふたりだけになりますと恥辱の宣言プレイが待っています。
「全裸になります」や「オナニーします」
だけでは満足していただけません。
また、清香から男性社員さまの身体に触れることは許されていません。
男性社員さまも「お仕置き」のとき以外身体には触れてこられません。
「変態が伝染する」が、理由なのです。

「身体に触れずに勃起させてみろ!」と
ミッションを与えられています。
が、まだ一度もクリアすることが出来ていません。
ので、「お仕置き」をお願いするばかりです。
(お仕置きも飽きられつちいました)
「課長を辱しめたい社員は、大勢いるから、望むなら、増やしてもいい。」
と、言われていました。

ついに…ミッションをクリアすることが出来ました。
出張先で…全裸&ハイヒール姿で電車に乗車してきたのでした。
両手は身体を隠せないように後ろ手に手枷で拘束していました。
車内では当然、注目されました。
男性社員さまからも
「課長がそこまでするとは…」
ほめていただきました。
(初めて抱きしめていただき…ご褒美にキスをしていただきました)
「清香は俺を悦ばせることができる牝奴隷だ!」
ついに「牝奴隷」と認めていただきました。
これからも、ハードな恥辱プレイをして、悦んでいただきます。

[2] ベンジー
恥辱の宣言プレイはみじめだろうね。
男性社員さまは、それを狙っているのだろう。
「変態が感染する」か。
すごいことを言うものだね。

> 「身体に触れずに勃起させてみろ!」と
> ミッションを与えられています。

面白いことを考えるものだ。

> 「課長を辱しめたい社員は、大勢いるから、望むなら、増やしてもいい。」

これも近い内に実行されてしまいそうだね。
社内の共有奴隷課長の誕生かな。

> 出張先で…全裸&ハイヒール姿で電車に乗車してきたのでした。
> 両手は身体を隠せないように後ろ手に手枷で拘束していました。

これはまたすごいことをしたものだ。
男性社員さまも満足していたようで何よりだよ。
キスまでしてくれて、牝奴隷と認めて貰ったわけだ。

> これからも、ハードな恥辱プレイをして、悦んでいただきます。

私も楽しみにしているよ。