清香の場合


[1] 清香 支柱に繋がれてしまいました
清香です。

男の人からの「恥辱の辱しめ」は、とどまることがありません。
会社が「お休み」の日には「デート」に誘われます。
「恥辱の画像の公開」をちらつかせれますので「断る」ことは出来ません。
待ち合わせは…駅前のテナントビルです。
「清香…着ているものを脱いで裸になれ!」
ビルの前で全裸になる様、命令されます。
野外で全裸になるのですから…恥ずかしすぎます。
男の人は清香を亀甲縛りにされます。
その上からミニ丈のワンピースを着用します。
歩くたびに股間にくい込んだ“こぶ”が擦りつけてきます。
これだけでも充分すぎるほど感じてしまっているのですが
パールローターを結び目に押し込まれ、スイッチを「オン」にされるのです。
この恥ずかしすぎる姿でデート(つれ回されるの)です。
「まわりの男たちが清香を見ているぜ!」
耳もとで囁かれ、ワンピースをまくりあげられたり
胸元を開けられたり、されるのです。
(まわりの人たちに清香の恥ずかしい姿を見られている…)
デート中に“イって”しまいました。
「デート中に『イク』なんて…『変態マゾ女』だな!」
男の人から辱しめの言葉を囁かれました。

人通りの少ない路地に連れていかれると
ワンピースを脱がされ全裸姿(亀甲縛り)にされてしまいました。
両手首に手枷を装着され、金属製のチェーンで支柱に繋がれてしまいました。
これで逃げることも身体を隠すことも出来ません。
「露出症の変態マゾ女にはお似合いだな!」
そのまま放置されてしまいました。

男の人が戻って来られるまで、何度もイってしまい、
また何人もの人に清香の恥ずかしすぎる姿を見られてしまいました。
「これから…もっと、たっぷり楽しませてやる!
もっと大勢の人たちに清香の恥ずかしい姿を
見せてやれ!」
男の人に言われている清香でした。



[2] ベンジー
「恥辱の辱しめ」が続いているのだね。
駅前で全裸になるように命令されたのか。
それだけで充分に強烈だね。
亀甲縛りにされて、その上にワンピース一枚で街中を引き回されたのだね。
パールローターでイキながら。

でも、今回のメインはその後か。
亀甲縛りの全裸で支柱に繋がれて放置責めか。
清香にはお似合いと言うわけだ。
何人もの人に見られて、死ぬほど恥ずかしい思いをしたことだろう。
事件にならなかっただけラッキーと思うしかないかな。


[3] 清香 超セクシーランジェリーでした
清香です。

先日、奈央さんから連絡があり、呼び出されました。
待ち合わせは…ホテルの前でした。
いつも清香を辱しめている男の人も一緒でした。
すべては「奈央さんの計画」だったのです。
「ふふ…驚いた?清香さんほどの『逸材』は、いないからね。
 それに、継続的にプレイを行っていないとレベルが落ちてしまうから。
 だから彼に頼んで…清香さんのレベルを維持してもらっていたの。」
「今日は私と『デート』しましょう。たっぷり楽しませて…あ・げ・る」
ホテルにはいると…ロビーの片隅で全裸になりました。(奈央さんからの指示です)

ホテルのロビーで全裸になる…初めての体験でドキドキでした。
「いつもは亀甲縛りだけど、今回は違うわよ!」
用意されていたのは、超セクシーランジェリーでした。
バストトップと股間をぎりぎり隠しているだけで、背後は細い紐だけです。
「さあ、デートに出かけるわよ!」
奈央さんに連れ出されました。
「清香さん…まわりの男たちがあなたを見ているわ!」
耳もとで囁かれ、嫌でも意識させられます。
(まわりの人たちに清香の恥ずかしい姿を見られている…)
完全に理性崩壊です。
ランジェリー姿で歩いているだけなのに“イって”しまいました。
「ふふ…歩いているだけで『イク』なんて…期待どおり、いえそれ以上だわ!」

そのあと…奈央さんの会社に連れていかれ…お仕事されている社員のみなさんに
ランジェリー姿をしっかり見られてしまいました。

ここでも男性社員さんたちから「視姦」され
イってしまいました。


[4] ベンジー
すべては奈央さんの計画だったのだね。
継続的にプレイしていないとレベルが落ちてしまうか。
清香は、これからもずっと責められて続けるのだね。
ホテルのロビーで全裸になるのは初めてだったか。
超セクシーランジェリーで連れ回されたのだね。
歩くだけでイッてしまうなんて、清香の身体も開発されたものだ。
どこでも視姦されながら生きていくのだろうね。