清香の場合


[1] 清香 全裸姿での『放置』だったのです
ベンジーさま

篠宮清香です。

土居は、いつもなら、ぎりぎりにしか出社しないのですが、この日は私より早く出社していました。
「おはようございます!」
土居は嬉しそうに私に挨拶をすると1枚のDVDを見せたのです。
私がバッグから、鍵を取り出すと、部屋の鍵を開けて、部屋の中に、はいりました。
土居は私の席まで来ると持っていたDVDをデスクの上に置いたのです。
「課長の『オナニーショー』の映像、編集できましたので、課長にプレゼントしますね。
 しかし…篠宮課長は『いやらしい』女ですよね!
 撮影されているのがわかっていて…すべてを見せるように『M字開脚』や『よつん這い』の姿をして…『イク』まで“する”んですからね!
 おかげで『いい映像』が撮影できましたよ!
 ところで、篠宮課長…大嫌いな土居が見ている前で裸になるのは、どんな気分でした?
 少しは『土居さま、ご覧になって』という従順な気持ちになれましたか?」
私は言葉もでず…にらみつけることしか、できませんでした。
土居の “いいなり” なんて…屈辱以外ありませんから…

「今週は…仕事が終わったあと、デートしてくださいね!
 わかっているでしょうが…断ると、このDVDが…」
「わ、わかったわ…」
結局…土居の言いなりになるしか、ありませんでした。
土居のいう『デート』は…全裸姿での『放置』だったのです。
連れていかれたのは…公園の公衆トイレや屋外の駐車場、倉庫の跡地などでした。

目的地まで連れていかれると、
「脱ぐように!」と、命令されました。
当然、脱がないと、オナニーDVDを配布する・いくつものサイトに拡散配信すると脅されるのです。
(脱いでいくところは…撮影されてしまいました)
全裸になると、私の脱いだもの(バッグやパンプスも一緒)をすべて持ち去ってしまいました。
(最悪だったのは翌朝まで放置されたこともありました)
「楽しいデートでしたよ!また、新しいプレイを考えておきます!」
と、言われてしまいました。

ますます、土居から辱しめられる清香でした。


[2] ベンジー
大嫌いな土居に、好き放題されているみたいだね。
清香のオナニーDVDか。
M字開脚に四つん這いね。
案外、清香もノリノリで撮影されていたりして。
土居とのデートは朝まで全裸放置か。
どうせなら後ろ手に縛ってホームレスのいる公園に置き去りとか。


[3] 清香 身体が求めてしまうのです
ベンジーさま

篠宮清香です。

私をさんざん辱しめてきた土居や美咲さん優子さんたちが突然、退職されたのです。
また…私に『枕営業』を強要していた上司の方も退職されたのでした。

土居からタブレットやDVD、アダルトグッズがはいった箱が送られてきました。
「変態課長の相手に疲れました」
と書かれたメモが、はいっていました。

これで『辱しめられる』ことはなくなったのですが、身体が『求めて』しまうのです。

今は平日は深夜まで、土曜、日曜日もひとり出勤して、仕事をすることで、まぎらわせている清香でした。


[4] ベンジー
清香を辱めて来た面々が退職したか。
タブレットやDVDの送られて来て、これで清香も無罪放免と言うわけだ。

> これで『辱しめられる』ことはなくなったのですが、身体が『求めて』しまうのです。

次は誰にイジメて貰えるのだろうね。