マイの場合


[1] マイ 身動きできない状態に感じてしまいました
初めまして、27歳で普段は普通のOLをしているマイです
高校ぐらいからオナニーをするようになり
ネットで野外露出を見てからは、野外で全裸にされ辱められながら、逝かされることを想像しながらするようになりました
大学生になり彼氏ができ、彼とするときも普通のセックスでしたが、頭の中では外で裸にされ、犯されてることを想像して出来るだけ感じても声を出さないように我慢してました
それが余計に感じてしまい最後には逝かされてました
当時の彼がパイパン好きで剃られてからは、別れてからも週一ぐらいでお手入れして常にパイパンです
本格的に野外オナニーをするようになったのは、就職してからです
一人暮らしを始め、お金を自由に使えるようになり、ネットで色々なグッツを買い、前開きのワンピースをそろえて何時でも出来るようにしてましたが、いざとなるとなかなかできず全裸にワンピースだけ着て徘徊するのがやっとでした
それでも周りの人に気づかれてるんじゃないかとドキドキしあそこはびっちょりで、帰ってきてから辱められながら感じてしまう自分を想像しながら慰めていました
当時付き合っていた彼とSMホテルに入り色々な道具で身動きできない状態でされ、異常に感じてしまい、自分でするときもネットでちょっと太めの綿ロープを買い股にして出かけたり、部屋で後ろ手に簡単に縛って乳首にローターを固定しながら、綱渡りをするオナニーをしたり、後ろ手に縛りながらローターの三点攻めオナニーをするようになり、オナニーのやり方が変わってきました
外でこんなオナニーしたい。そう思うようになり、でも誰かに見られたら変態に思われる。最悪犯されて写真とか撮られて、人生棒にふるう。警察に捕まったらどうしようなど考えてしまい。
悶々としながら普通に彼とのセックスと下着を着けずの徘徊とその後のオナニーで我慢してました。
その彼と別れてから半年すぎぐらいに、仕事のストレスとオナニーだけのストレス、また引っ越しも決まっていたので万が一見つかってもこの場所から居なくなるので願望を果たそうと思い実行を決意しました
会社の有休を次の日にとり、会社から帰りお風呂に入り野外オナニー後に、帰宅しシャワーを浴びて寝るだけの準備をしてから野外オナニーの準備をしました
まず全裸になり振動の変わるローターを3つ用意し一つをあそこに入れ、股縄をしました股縄は、3つ結び目をつけ感じるように着けます。
次に胸が強調されるように縛ります。鏡を見ながらですので、いやらしい自分を見ながら感じてしまってます。あそこが自分で濡れてるのが解ります
その胸に回した縄の背中側に手を通して引けば手が固定されるように縄を付けローターをテープで乳首に固定しスイッチはすべて手で届くように背中の縄にぶら下げてそのままで、夜の10時まで部屋で待ちました。
自分がやろうとしてることをそのような恰好のまま想像してしまいます
ここでオナニーしたくて仕方ありませんローターを動かせば直ぐに逝けそうです
一時間半ほどテレビを見ながら時間を過ごしいよいよ家を出る時間です
前開きのワンピースを着、逃げやすいようにスニーカーを履き部屋を出ました。鍵は無くすといけないので、ポスト入れ、手ぶらで出かけます。
今までとは違い外でオナニーするんだと思うだけで、足が震えてきます
自転車で15分ほど行ったところに大きい公園がありそこのピクニック広場で実行です
公園に入り自転車で一周回りましたが人は見当たりません
ピクニック広場の入り口に自転車を止めいよいよ実行です。
奥のほうに行き木でできたテーブルと椅子がその場所には10数個あるのでそこの椅子の上に服を脱ぎ背中に手をまわし手を固定しました
これで隠すことも出来ません
スイッチを一つづつ違う振動で操作します
乳首から振動が…逝きそうになってしまいますが、我慢しました
次のスイッチを入れるとあそこの中で動き次のスイッチを入れると入れてた乳首の振動が変わりなかなか3っつ動きません
振動のテンポが変わったりし感じてしまいます
あそこからは濡れて太ももに垂れてるのが解ります
ちゃんと3つそれぞれの振動で動いていて何人かに辱められてるようです
目をつぶりしばらく我慢してました
服から離れ足はがくがくしながら全裸で逝くのを必死にこらえながら我慢し入り口付近まで歩いて行きます。歩きながらもローターと縄で刺激され逝きそうになるたびに、座り込んで深呼吸しながら逝くのを我慢して入り口近くに向かいました。入口近くからですと人が通ればすぐにわかるような場所のテーブルの上に横になりました
ローターが容赦なく乳首とあそこをいろんなテンポで攻め立ててきます
逝かないように我慢すると股の縄がクリトリスを刺激しますが、必死に声をこらえます
こんな姿誰かに見られたら…そう思った瞬間激しく逝ってしまい初めて潮吹きしてしまい手でローターのスイッチも寝てる状態なので止められず
何回も逝ってしまいました
我に返り不味いと思い
どうにかテーブルから降りローターのスイッチを止め服のところまで歩いていきました
その間も股の縄に刺激されどうにか、服のある場所まで歩いて、手の縄を解き全部の縄を解き立ったまま又自分の手でしてしまいました
こんな感じたオナニーは初めてでした
その後は服を着縄とローターを自転車の籠に入れ自宅まで帰りました

今、もう戻れないと思い今ここに告白してます。
あれから引っ越してまだ半年ですが、あんなオナニーを出来そうな所の近くに引っ越ししようかと考えております。
あれからは、服を着た状態でローターを着けての露出と家の中での縛ってのローターオナニーで我慢しとります
今ではあの姿で男の人に2・3人に犯されてる自分を想像してしまいます
犯されても今では少し良いかと思ってます。
今度する機会があればコンドームを体に貼り付け目隠しをしながらしたいと思ってます。
乱筆で読みにくいと思いますが、これを全裸で体を縛って書きながら感じて居ますのでお許し下さい


[2] ベンジー
「野外で全裸にされ辱められながら逝かされる」か。
そういうのが良いのだね。
でも現実には難しいので、いろいろと工夫しているわけだ。
彼氏にそういう趣味がある人がいれば良かったのにね。
思い切って、相談してみると言う手もあったかもよ。
SMホテルに行った彼は惜しかったかも。
それでも自分なりに冒険していたのだね。
凝り出すと、夢中になってしまうタイプかな。
グッズを集めては、妄想しながらオナっているわけだ。
タイマーとか使ってみるのも良いかもね。