maikoの場合


[1] maiko 素っ裸で泳ぎました
寒中水泳の続きです。

死ぬのは嫌だから水着を脱ぎました。
何回も何回も素っ裸で泳ぎました。
私が動けなくなったのを見て先生は「もういいよ」と言って
帰っていきました。

私は少し安堵し、しばらく動けなくてプールサイドで寝ていました。
どのくらい経ったでしょう。
少し動けるようになって制服を着て帰りました。

昨日、最終の進級会議がありました。
私は留年が決まりました。

帰り道、わたしはバーに制服のままフラフラと入っていました。
出されたものを飲み、また気を失いました。

冷たさで気がつくと私は素っ裸。
桜の木に縛られてガキが私の股間に棒アイス突っ込んでいました。

ガキに頭を下げてほどいてもらい、タクシーをひらおうと道に出ました。
通る車にたくさん見られました。

タクシーに手を上げましたが、
手を振り返してにやけながら去っていきます。

ずいぶん多くの人に裸を晒しました。

[2] ベンジー
そこまでして寒中水泳をしたのに落第なんて、先生も酷なことをするものだ。
maikoが荒れてしまうのも仕方がないか。
それにしても、寒空に全裸で木に縛り付けられるとはね。
ガキに解いて貰えなかったら、どうなっていたことか。
長時間、野外で素っ裸、ご苦労さん。