正美の場合


[1] 正美 野外プレイをしてきました
正美です

野外プレイをしてきましたので、ご報告させていただきます。

お仕事を終えて…オフィスを出ました。
あるお店に寄りました。
小さなテナントビルにあるアダルトショップです。
ここのお店は、何度か利用したことがあります。
購入したものは、パールローターと電動バイブでした。
パールローターは、コンビニのトイレでショーツの中に
しのばせて…スイッチをオンにしました。
ローターが振動を始めて、敏感なところを責めてきます。
「いったら、罰として全裸でバイブオナニーさせるからね!」
目的はバイブを使って全裸オナニーをすることでした。
場所を探して、いろいろ歩きまわって…小さな公園を見つけたのです。
誰もいない公園…木の影に隠れて、全裸になりました。
そして…バイブを使って、オナニーをしました。
誰かに見られたら…の、ドキドキ感がたまりません。
声をださないように我慢するのが精一杯で"イって"しまいました。

ポーズを変えて、イメージしながら楽しんできました。

これから帰宅します。


[2] ベンジー
パールローターでの責めは、最初から全裸バイブオナニーをさせるための伏線だったわけだ。
まんまとやられてしまったね。
結局公園の木の陰で実行してしまったか。
なんだかんだ言って、楽しんでいるみたいだね。


[3] 正美 お仕置きは公開処刑
正美です。

今日から22歳の女性社員さん(N子さまと呼ばせていただきます)が出社されました。
海外旅行に行っておられたので、出社が今日になりました。
私が出社してきたときには、女性社員全員が出社され、
更衣室にいらっしゃいました。
「おはようございます…」
皆さんにご挨拶しました。
N子さまから
「夏季休暇中…出勤していたんだって…ご苦労様」
言葉をかけていただきました。
「みんな、聞いて」
仕事中は全裸でいたこと・ご奉仕プレイのこと・
生挿入したことなど、夏季休暇中の内容を
皆さんに報告されたのでした。
「この女…自分から脱いで全裸になって、お尻を
ふりながら、出勤していた営業社員を挑発して
自分の欲求を解消していたのよ!」
「いやらしい」
「露出変態だけでなく、『させ子』だったの!」
「三十路の独身女はこれだから、嫌なのよね!」
「お仕置き…公開処刑が必要だわ!」
皆さんから、罵声をあびせられました。
「どうせ、野外でも全裸になってオナニーしているはずよ!」
この発音には、驚きました。
先日のプレイを見られているかと、"ドキッ"と、しました。
「私が、お似合いの制服を用意してあげたわ。それに着替えなさい!」
用意されていたのは、ホワイトカラーのノースリーブブラウスとタイトミニのスカートでした。
下着はハイレグタイプのショーツとパンストだけで
ブラジャーのたぐいはありませんでした。
着ているものを脱いで全裸になります。
目の前には総勢8名の女性社員が見ておられます。
かなり、恥ずかしかったです。
全裸になりますと、全身くまなく見ていただきます。
当然、おっぱいを揉まれ、乳首をいじられるなど
身体を触られました。
ショーツを身につけ、パンストを着用します。
ブラウスに袖をとおしました。
(このブラウス…小さすぎる…)
サイズ表記は160と記載されていました。
ウェスト部はかろうじてボタンは留まりましたが
バスト部は谷間まで丸見えでした。
ブラジャーをつけていないので、ブラウス越しに丸わかりです。
スカートは…かろうじてお尻が隠れるほどで
膝を曲げるだけで、ショーツが丸見えになります。
「これをショーツの中に、いれておきなさい!」
渡されたのは、リモコンタイプのパールローターでした。
指示されたとおりショーツの中にローターを、いれます。
「勝手に取り出せないようにしておかないと…」
私が脱いだ洋服や下着を小さなケースにわざと
くしゃくしゃにして押し込んで鍵をかけられました。
皆さんと一緒に更衣室を出ました。
今度は男性社員さんからの視線に晒されます。
「ごめんなさいね。本人がどうしても着用したいというので…ね。」
N子さまは、パールローターのリモコンを持っておられます。
スイッチをオンにして、私の反応をみて楽しんでおられます。
電話が鳴りますと、「正美、電話にでなさい」と指示され、震える声で応対させられました。
男性社員さんたちは、私の身体を触りにこられます。
背後から胸を揉まれたり、乳首をいじられたり
中にはスカートの中に手をいれてこられる人も…
すべてはN子さまからの指示でした。
女性社員さんからは「いやらしい臭いがする」と露骨に言われてしまいました。
ただ、仕事はすべてまわされて、やらされました。

定時で退社させていただきましたが、
「明日もこの制服を着用しなさい!
ショーツは持ち帰りも洗うことも禁止よ!
指示に従わないと、明日は裸でお仕事させるからね!」
と、言われてしまいました。

オフィスを出ますと、まったく知らないビルの
駐輪場に行き、全裸になり、オナニーをしてきました。
ロータープレイでは、イクことができなかったので
"すっきり"したかったのでした。

野外での全裸オナニーは、はまってしまいました。
場所を変えたり、して…しばらく続けていきたいです。

[4] ベンジー
N子さんには、何もかもお見通しなのかもね。
男性社員からすべてを聞いているようだし、野外で全裸オナニーも見られていたりして。
何にしても、露出狂のサセ子だって言うのが社内の共通認識になってしまったようだ。
制服もきわどいものになったし、
これからますますエスカレートするのかな。
女子社員のイジメも。
男性社員へのご奉仕も。
正美の野外全裸オナニーも。

[5] 正美 "フェラ"でも"SEX"でも
正美です。

この日は、更衣室にひとりの男性社員を招き入れられました。
今年入社された22歳です。女性社員のコマ遣いをさせられています。
「土居…今日も、この女と残業してもらうわ!
今回は特別に"エロババア"の裸を見せてやるわ!」
「N子さん…土居は"エロババア"が好きみたいですよ。」
「"サセ子"だから、"フェラ"でも"SEX"でも、してもらうといいわ。」
「エロババア…脱いで土居に裸を見せてあげなさいよ!」
女性社員全員に男性社員が見ているところで裸になるのは、恥ずかしいものです。
「ほら、いつものように、いやらしいところを見せてあげなさいよ!」
「土居…じっくり覗きこんであげなさいよ!」
「いやらしい臭いも、嗅いであげてもいいわよ!」
土居くんに股間を覗きこまれて、臭いまで嗅がれてしまいました。
「エロババアも、見られて感じているみたい…」
「割れ目が濡れている…」
女性社員から辱しめの言葉を浴びせられてしまいました。
土居くんも女性社員たちの見ているなかで脱ぐことになり、勃起しているペニスを晒すことになってしまいました。
私と土居くんは全裸姿で更衣室を出ました。
女性社員さんたちは、皆さん帰宅されました。
ふたりは、小会議室に移動しました。
「恥ずかしい思いをさせられたから責任をとってくださいよ!」
土居くんに迫られ、両膝を床につけて…フェラチオをさせられました。
あまり経験がないのか、すぐに射精してしまわれました。
その後、生挿入もさせられました。


[6] ベンジー
更衣室で辱めを受けたのだね。
今回は男性社員も招待されたか。
女子社員全員の前でひとりだけ脱ぐなんて、それだけでも十分に恥ずかしいよね。
まして男性が加われば尚更だ。
最後は責任とらされて、フェラに生挿入か。

正美にとっては災難だったのかな。
それとも悦んでいたりして。


[7] 正美 力づくで犯される妄想
前回の続きです。

土居くんに生挿入までされ、彼からも
「正美さん…本当に"サセ子"なんですね。
ぼくみたいな男にまで、されて悦んで…
これからは、したいときに、させてもらいます。」
と、まで、言われてしまいました。
土居くんが任されていた仕事は、ほとんど私がさせられました。
(仕事をせず、私に背後から抱きついてきて、身体を弄られました。)
「正美のおかげで、早く出来た。次も頼むわ!」
さっさと、着替えて鍵を私に預けて帰宅されました。
ひとり残された私は、下着を身につけず、直接ブラウス&スカートを着用しました。
オフィスを出て、帰宅します。途中の駅で降りました。
「正美…たっぷり楽しませてあげるわ。公園に行きなさい!」
公園に行き、入り口でブラウス・スカートを脱いで全裸になり、公衆トイレに行きました。
頭の中は、男の人に力ずくで"犯される"妄想で、いっぱいでした。
疑似ペニスや電動バイブを使って、楽しんできました。
あまりの"良さ"に、トイレの中で気を失ってしまいました。
やはり、私は「変態露出のエロババア」なのかもしれません。


[8] ベンジー

正美はマジでサセ子だったんだ。
土居くんの奴隷になってしまったようだね。
仕事でもセックスでも。

> 「正美…たっぷり楽しませてあげるわ。公園に行きなさい!」

正美の中に、正美に命令するもう一人の正美がいるわけだ。
もう一人の正美は、正美のしたいことを一番よく知っているわけで、
その一番したいことを命令してくれるのだね。
今はそれが野外全裸オナニーというわけだ。

[9] 正美 「正美は私たちの奴隷よ」って
正美です。

ベンジーさまからのお言葉「奴隷」重い響きです。
人間でありながら、"所有物"なのです。
高校生の時、先輩からの言葉を思い出しました。
「正美は、私たちの奴隷よ!」
「命令には絶対服従だから!」
先輩たちの"ご奉仕"を教えこまれました。
(女子高なので、"レズ"プレイです)
また、毎日のように辱しめをされました。
もしかして、この頃から"オーラ"が出ていたのかもしれません。

"あの事件"以来、土居くんは、N子さんから
「正美さんをレイプした罰として、
今年いっぱい、仕事中はこれを着なさい!」
女性用競泳用水着を着用させられています。
女性社員さんたちは、その姿を見て笑っておられます。

私は…来月から新しい制服を着用することになりました。
レオタードとスパッツが一緒になっていて、
肌の露出は両腕だけです。
ただ、更衣室内で全裸になることは継続されますが…

野外での全裸オナニーをして悦んでいますが
新しいプレイをしてみたいのですが
なかなか、思いつきません。
"エロババア"に、アドバイスをいただけませんでしょいか?
どんなハードな内容であっても、かまいません。
よろしくお願いします。

変態露出するエロババア・正美でした。

[10] ベンジー
正美は奴隷が気に入ってしまったようだね。
やはり高校生の頃から、そういうオーラを纏っていたわけだ。

> 「正美さんをレイプした罰として、今年いっぱい、仕事中はこれを着なさい!」

自分たちでけしかけておいて、罰とはヒドイかも。
でも、案外、土居くんも喜んでいたりして。

> レオタードとスパッツが一緒になっていて、

実は何か仕掛けが有ったりしてね。
水を掛けると透けるとか、溶けるとか。
その制服でおつかいに行かされるとか。

> "エロババア"に、アドバイスをいただけませんでしょいか?

それじゃあ、全裸オナニーを誰かに見て貰うまでは帰って来てはいけないと決めるとか。
見て貰う人数はサイコロを振って決めるとか。


[11] 正美 オナニーする場所を見直します
ベンジーさまのアドバイス…さっそく実践します。

オナニーする場所を見直し、しないとダメですね。
今までは"ひとりプレイ"が基本でしたから…ね。


[12] ベンジー
人前露出オナニーを実行するのだね。
もうすっかりノリノリのようだ。
何人くらいに見て貰えるかな。

[13] 正美 コンビニの近くで全裸オナニー
正美です。

ベンジーさまからのミッション
全裸オナニーを誰かに見てもらう…は
クリア出来ていません。

帰宅途中で、駅前の駐輪場や満車の駐車場、あとコンビニの近くなどで、全裸でオナニーをしてきました。
見てもらうまで帰らないとの決まりでしたので深夜まで頑張ったのですが…ダメでした。

せっかく、ミッションをいただいたのに、いまだにクリア出来ず申し訳ございません。


[14] ベンジー
今回はクリアできなかったのだね。
それは残念だ。

でも、別に期限を設けているわけではないよ。
正美の納得のいく形でコンプリートしてね。

[15] 正美 濡れると透けるレオタード
正美です。

ご報告@

今日、いつものように8時30分前に出社しました。
いつもならギリギリに出社される女性社員さんも
すでに出社されていました。
女性社員専用の更衣室。今回、土居くんはいません。
N子さんから
「エロババアにお似合いの制服を用意してあげたわ!」
用意していただいた新しい制服はオールタイツタイプのレオタードです。
(レオタードとスパッツが一緒になっています)

「今日、着用するのは…」
アメリカンホルターネック・ロングレギンスタイプです。
背中が大きく開いているデザインで着脱は
首の後ろにあるふたつのボタンホックで行います。
レオタードのカラーはピンクベージュです。
レオタードの下は…ハイレグタイプのショーツだけです。

(背中が大きく開いていることもあり、
ブラジャーの類いは、用意されておりません)
着替えは皆さんの見ておられる前で行いました。
全裸になり、ハイレグショーツを着用します。
ショーツのカラーはオフホワイトで1枚仕立てです。
ので、アンダーヘアが透けてしまっていました。
「ヘアがはみ出していないなんて…きちんと手入れしているのね。」
スパッツ部に足を入れて、ゆっくりと引き上げます。
レオタードがかなり、引き伸ばされていました。
フロント部を隠すように引き上げ、首の後ろでホックをとめました。
かろうじて留めることはできました。
「見て!乳首が丸わかり!」
「ツンと勃って…いやらしい!」

「ふふふ…エロババアが着用すると、すごくいやらしくなるわね。
せっかくだから、レオタードの秘密を教えてあげるわ」
胸元に霧吹きで水をかけられました。
すると…レオタードが透けて、乳首が丸わかりになったのです。
「このレオタードは濡れると色がなくなるの!
乾くと、元に戻るわ!」
ベンジーさまが、おっしゃっておられたとおりでした。
それだけでは、ありません。
午前と午後、2回お買い物にも行かされることになりました。
(ベンジーさまには、N子さんの考えがお見通しだったのですね。)
N子さんからの提案でした。
「土居が水着姿だから、代わりにエロババアに
お買い物に行ってもらおうと、思うんだけど…」
「賛成!」「ナイスな提案だわ!」
皆さんが賛成され、決まってしまいました。
「レオタードは日替わりで、着替えさせてあげる」
「その代わり…いま着用しているショーツは1枚だけよ!」
「交換する代わりは、ないから!」
「1週間着用するのよ!」
「持ちかえりは禁止!洗濯することも禁止よ!」
「違反すれば…フルヌードで過ごさせるからね!」
厳しくハードなミッションを与えられました。


[16] ベンジー
ものすごい制服が容易されていたのだね。
背中が大きく開いているだけで刺激的なものだろう。
ただでさえ乳首が丸わかりなのに、水を掛けられると透明になってしまうのか。
おっぱいを強調するためのレオタードみたいだね。
正美のいやらしい身体を見せ放題というわけだ。
その格好でお使いにも行かされるのだね。
行く前に霧吹きで水を掛けられたりして。
わざと違反してフルヌードと言うのも楽しそうだね。


[17] 正美 透けるレオタードで商店街へ
正美です。

ご報告A

10時を過ぎ、皆さんからリクエストメモを渡され
コンビニにお買い物に出かけました。
N子さんから知らされていたとおり、レオタードが汗で濡れると…透けてきました。
透けてきたのはレオタードだけでありませんでした。ショーツまで…透けてきたのでした。
手に持っているのは、スマホだけです。
コンビニに着く頃には何も身につけていないように
見えていました。
お店の中に、はいると汗が乾きはじめ、元に戻りました。
お菓子や飲み物などを購入して支払いします。


午後2時過ぎ…2回目のお買い物に行かされました。

コンビニではなく、少し離れた商店街に行くことになりました。
風もなく、蒸し暑いので…体から汗が出てきます。
と、同時にレオタードが透けてきました。
「絶対に身体を隠してはダメよ!」
お店に、はいると店主の方から指摘されてしまいました。
「裸で買い物に来た…ように見えましたよ。」
会社の人に着用するように言われたのです…と、説明しましたが
「会社の人のせいにしているけど、本当は露出症なんじゃないの?」
じろじろ見られて…胸やお尻まで触られてしまいました。
「今度は全裸で来て!サービスするよ!」
お店を出るとき、こんな言葉を言われてしまいました。
お買い物を終えて、オフィスに戻りました。
レオタードが透けた恥ずかしい姿を皆さんに見られてしまいました。
「いやらしい姿よね!」
「絶対に商店街でもいやらしい姿を晒してきたはずよ!」
「露出症のエロババアね!」
「今週…また、行かせてあげるわね。」
N子さんから言われてしまいました。

[18] ベンジー
買い物に行かされたか。
霧吹きで掛けられなくても、汗を掻いただけで透けてしまうのだね。
コンビニはまだしも、商店街ではすごいことになっていただろう。
店員がハダカで来たと思っても仕方がないよ。
全裸で買い物したようなものだね。

また行かされることになったのだね。
露出狂だと思われてしまったようだし、次に行ったら何をさせられるか。

[19] 正美 ショーツ姿でお仕事をさせられました
正美です。

ご報告B

午後4時を過ぎ…私と土居くんがN子さんに呼ばれました。
「管理業務のデータ処理を土居くんに任せたい。
正美さんには全面協力をお願いします。
正美さんは土居くんの指示に従ってください。
土居…従ってもらえなかったら、報告しなさい。
このときには、正美さんを"公開お仕置き"させていただきます」
N子さんから指示されました。
土居くんとふたり、残業することになりました。

午後5時を過ぎ…女性社員さんたちは、退社され
ふたりきりです。
土居くんは、N子さんからの指示で
女性用の競泳用水着を着用されています。

私はレオタード姿のままです。

土居くんは背後から身体を寄せて、擦りつけてきます。
レオタードの上から、レオタードの中に手をいれて
身体を触ってこられます。
「正美さん…いやらしい臭いですね。変になってしまいます。」
「お願い…や、やめてください…」
土居くんにお願いするのですが、聞きいれてもらえません。
レオタードの首の後ろにあるボタンホックをはずされてしまいました。
「許して…ください…」
「N子さんから言われていましたよね。
正美さんは、僕の指示に従わなければならない。
N子さんに、従ってもらえませんでした…と報告して
"公開お仕置き"していただいても、いいのですよ!」
土居くんにレオタードを脱がされ、ショーツ姿でお仕事をさせられました。
土居くんは、お仕事をすべて私にさせて、
ご自身は私の胸を揉み、乳首を弄り、ショーツの上から指を這わして、こられたのでした。
午後9時を過ぎ、ようやく終わりました。
「明日から…もっと、楽しませてもらうぜ」
土居くんから辱しめられることに、なってしまいました。


[20] ベンジー
土居君と二人で残業か。
でも、これって完全にN子さんの罠だよね。
正美一人に恥ずかしい格好で仕事をさせて、
結局、公開お仕置きになってしまうのだろう。
どんなお仕置きをされるのかな。
オフィスの真ん中で全裸磔とか?

[21] 正美 公開お仕置きされてしまいました
正美です。

土居くんがN子さんに
「私の指示に従っていただけませんでした」
との報告があり、公開お仕置きされてしまいました。
公開お仕置きは…全裸でのオナニーでした。
口には疑似ペニスを咥えて…"ふたつの穴"に
バイブを挿入して…行いました。

女性社員さん全員に土居くんに、見られてしまいました。
「エロババアのオナニー…いやらしすぎだわ!」
「臭いも強烈ね!」「お尻にもいれていたわね!」
女性社員さんたちからは、厳しい言葉を浴びせられました。

そして…皆さんの目の前で全裸姿のまま土下座をして
「土居さまの指示・命令に、絶対服従する」
ことを約束させられました。

来週からの制服は土居さまが用意されることになりました。


[22] ベンジー
公開お仕置きされてしまったか。
バイブによる全裸三穴オナニーだね。
天井から逆さ吊りにされてムチの嵐、とかではなかったのか。
公開お仕置きには、その内、お隣の会社の人とかも招待されたりして。
それとも、共有スペースでお仕置きかな。

土居さまの用意する制服って、どんなのだろうね。

[23] 正美 正美の臭いはきついって
正美です。

今回は土曜・日曜の会社でのご報告をさせていただきます。

オフィスに出社後…全裸で勤務します。
社長さまからは"いたずら"をされています。
背後から抱きついてこられ、胸を揉まれ、乳首を弄られ
股間に指を這わしてこられます。
社長さまの"指テク"は、抜群で…イカされてしまいます。
「正美の臭い…きついんだよね!」
なんて、言われることもあります。
恥ずかしすぎるプレイとして、ミラーの前に立たされ
背後から社長さまから責められることです。
「正美が本気で感じている表情が好きだな!」
当然、私も自分の感じている表情を見ています。
見たくは、ないのですが、見ていないと、激しく責められるのです。
クリトリスを弄られ、アヌスに指を挿入されてしまうのです。
このことを耳もとでささやかれるのですから…従うしかありません。

何度もイカされて…立っているのもやっと…の状況です。
「お願いです…許してください…」
「それじゃ、正美の得意な○○○をしてくれ!」
私を膝まづかせると、顔にペニスを押し付けられます。
「それではご奉仕させていただきます」
社長さまの…を、咥えさせていただきます。

ここで不手際があり、社長さまに満足していただくことができませんでした。
「正美にはお仕置きが必要だな!」
再び社長さまから責められました。ただ今度は、イカせていただけませんでした。
私以上に私のことを知りつくしておられるのです。
直前て辞められ、再び責められ…このプレイを繰り返してこられます。
「お願いです…イカせてください」
と、お願いしても、完全無視されてしまいます。
これほど、辛い責めはありません。
「どんなことでもします。お願いですから、許してください。正美をイカせてください…」
ようやく、許していただき、生挿入して熱い○○○を注ぎこんでいただきました。

[24] ベンジー
土日は全裸勤務になってしまったか。
社長さんと二人きりなのかな。
鏡の前で自分の痴態を見ながら責められると言うのは恥ずかしいのだろうね。
イッてしまった後、全裸のまま縛られて、鏡の前に放置されるとか。
フェラチオで不手際があったか。
それで次は寸止め責めと言うわけだ。
これは辛いのだろうね。
自分の口で「イカせてください」と言うのも恥ずかしいだろうに、何度も無視されて。
「どんなことでもします」と言ってしまった正美は、次は何をさせられるのだろうね。
平日の全裸勤務とか?

[25] 正美 制服は白のマイクロビキニ
正美です。

土居さまが用意していただいた正美の制服は…
ホワイトカラーのマイクロビキニでした。

「人気のないアイドルが週刊誌のグラビアに出ているみたい!」
「30歳を越えた女が着ると…似合わないわね!」
女性社員さんたちから厳しいお言葉を浴びせられました。

ほとんど全裸で、かろうじて乳首と股間の割れ目を隠しているだけです。お尻は丸見えでした。
私が歩くたびに
「中年女性のいやらしい臭いがする!」
「あんなにお尻を降って、恥ずかしいと思わないのかしら!」

土居さまからは、水着の中に手をいれられ、乳首はもちろん、割れ目の奥まで、いじられました。

土居さまの指示がエスカレートしないことを願っている正美でした。


[26] ベンジー
マイクロビキニも恥ずかしかっただろうけど、
それ以上に、女性社員からの罵声がきつかっただろうね。
そこまで言わなくてもって、感じかな。

> 土居さまの指示がエスカレートしないことを願っている正美でした。

正美以外のだれもが、エスカレートすることを期待しているのではないかな。
まずは、マイクロビキニでお使いとか。