見世子の場合


[1] 見世子 「全裸生活始めました」のその後
「全裸生活始めました。」その後
部屋のドアに、「全裸生活始めました。」の貼り紙をしてから数回出前を取ったり、宅配の荷物を受け取ったりしました。
勿論、全裸で手で一切隠したりせずに応対しました。
配達の人が男性の時は、ビックリされますが、皆さん嬉しそうでした。
わざとゆっくり応対して、時には、小銭を落とし拾うときに後ろから股間も覗けるように四つん這いになったりしました。
大家さん(お父さんの方です。)が、回覧板を持ってきてくれた時に、貼り紙を見て、「ホントに全裸で生活しているだね。冗談かと思ったよ。」と、驚いてましたが、私の事を心配して「何かあったら直ぐに連絡するんだよ。」と言ってくれました。
今のところ、触られたり襲われたりはしていません。


[2] ベンジー
全裸生活、始めたのだね。
もう何人にも見られている、と言うか、見せているのか。
男性が驚くのを見て、楽しんでいるみたいだね。
大家さんは確認に来たと言うより、ハダカが見たくて来ていたりして。
近所で噂になって、見世子のハダカを見る目的で訪問があるかもね。


[3] 見世子 海で水着を流されたフリをしました
ベンジー様、一件報告し忘れていました。
八月最後の日曜日、女友達と二人で、海水浴に行ってきました。
今年は、友人達とスケジュールが合わなかったので、今年は一回しか行けませんでした。
私は、露出が目的なので色んな水着を数着持っていきました。
海の家で、日焼け止めをしっかり全身に塗ってから、最初は割と普通の水着(花柄ワンピース)で浜辺に行きました。
今年は、特に暑いからか、台風の影響なのか人が少なかったです。
2〜30分したら友人が、喉が渇いたと言うので、海の家に休憩しに戻りました。
私は、注文した飲み物を待つ間に水着を着替えました。(今度は黒の透け透けワンピースです。)
友人に、「その水着、透けすぎじゃない。」と、言われましたが、「平気、平気。早く泳ぎに行こ。」と、泳ぎに戻りました。水に濡れるとさらに透けて、友人が「おっぱい丸見えだよ」と、言いました。
ビーチボールで、遊んでいたら男性にガン見されちゃいました。
昼食時に、友人に嫌われるのを覚悟して、実は裸を見せる事が好きな、露出狂だとカミングアウトし、協力してもらえないか聞いてみました。
友人はビックリした様ですが、薄々そうじゃないかと、感じていたようです。
彼女は、自分には恥ずかしくて、とてもできないけど友人関係も続けてくれ、多少の協力もしてくれるとの事でした。
私は、彼女に「最後は水着が流された振りで、全裸になるつもりなので、海の中で水着を脱いで渡すから隠して持ってきて。」と、お願いしました。
彼女は、引き受けてくれましたが、彼女の提案で「水から上がった後、体に砂を付けてきた方が、一応隠してる体裁がとれて不自然な感じがしないと思う。」と、アドバイスしてくれました。
極小の紐ビキニ(胸はほぼ乳首が隠れる程度、下は辛うじて割れ目が隠せてますが、お尻は紐だけで丸出し)に、着替えてわざと男性達の近くを通って海に入りました。
暫く彼女と一緒に遊び、男性達がチラチラ見ているのを確認しましたが、ナンパしてくる人はいませんでした。
彼女と二人で、岩場の陰に行き人が居ないことを確認して、水着を脱ぎ全裸になりました。
全裸のままもう一度海水に浸かり、水から上がったら、彼女が渇いた砂を体にかけてくれました。
彼女の言った通り、濡れた体にいい感じに砂がくっついていました。
でも乾いたら砂が剥がれて、すっぽんぽんです。
彼女には先に、近道をして海の家に戻ってもらいました。
私は、岩場の陰から出て、男性達の前を通って海の家に戻るため、歩きだしました。
砂で隠されているとはいえ、全裸で、自分から男性達の方に行くのはかなり怖かったです。いつもはヨガ教室とか、スポーツジムの限られた空間で女性もいる側で数人の男性に見られるのですが、今回は回りには女性もいないし、広い海水浴場でもし襲われても助けも直ぐには来ないだろうし、自分から全裸なったとはいえ、押さえ付けられて犯されたらどうしようとか、色んな妄想が、頭の中をよぎりました。
ドキドキしながら、寝そべってる男性達の前を通り過ぎるとき、私に気がついたようで、「あれ、砂だらけだけど、もしかして裸。」と言ったので他の二人も「まじ、真っ裸なのかよ。」「スゲー全裸で歩いてるよ、水着はどーしたの?。」と言いました。
私は、一応股間を、手で隠しながら「大きな波に揉まれて、脱げてしまい流されちゃった、お願いだからあんまり見ないで。」と言いました。
男性達は、「そうは言っても、そんな格好で来られちゃ見てくださいと言ってる様なものだろ。」と言いました。
私は、「何もしないなら、見るだけなら良いよ。」と言って、手で隠すのを止め海の家に向かって歩き始めました。
男性達は、私と一緒に歩きジロジロ私の体を見ています。
だんだん砂が乾いて、剥がれてきました。
海の家に着いたときには、おっぱいは、ほぼ丸出しでした。
先に戻っていた友人と更衣室に行こうとしたら、男性達が私にもう少しそのままで居てくれたら、私たち二人に焼きそばとかき氷を、奢ってくれると言いました。
友人は、断るように言いましたが、男性達が意外と優しかったので私は、OKしました。
男性の一人と一緒に、焼きそばを買いに海の家の向かいの店に行きました。
ほぼ全員全裸の私に気が付き他のお客さんにも見られました。
焼きそばが出来上がるのを待っているうちに、完全に体が乾き少し動くと砂が剥がれ落ち、焼きそばを持って海の家に戻ったときは全裸で焼きそばを運んでる変態にしか見えなかったと思います。
奢ってもらった焼きそばを食べているときに、パイパンにしているアソコを、しっかり見られました。
写真撮影も頼まれましたが、SNSでの拡散が怖いので絶対嫌だと言って断りました。
更衣室で着替えているとき彼女が、股間が濡れていたよと言ってきました。
全裸を見られたことで、いつの間にか気持ち良くなって感じてしまったようです。
借りてきたレンタカーのガソリンを給油しに、セルフのスタンドに寄ったのですが、他にお客が居なかったので、友人には止められたのですが給油中にタンクトップをまくり上げておっぱい丸出しのまま給油しました。
スタンドには、警備?補助係?の人が一人だけでした。
給油後、トイレを仮に事務所に声をかけ、トイレで全裸になってから事務所内にある自動販売機でコーラを、二本買いました。
補助係の人に、「暑いから脱いじゃいました。」と言ったら笑ってました。


[4] ベンジー
海水浴で露出か。
お友だちの理解が得られて良かったね。
手伝って貰えると、より安全に、より過激な露出ができるというものだ。
波で水着を流されて状態を装ったのだね。
いざ全裸でビーチに出てみると、予想以上に恥ずかしかったか。
それでも、周りの男性たちが良い人(ヘタレ?)で良かったね。
そのまま岩場に連れ込まることはなかったわけだ。
お友だちも見世子を見ていて一緒に露出したくなったりして。