見世子の場合


[1] 見世子 ハロウィンでおっぱい丸出し
ハロウィンで、露出してきました。
私の住んでいる所は、田舎なので東京程、ハロウィンで仮装している人はいませんが、ここ数年は、それでもコスプレ好きの人やお祭り好きの人たちが数十人仮装して駅前通りに集まっています。
私はけっこう仮面のコスプレをやりたかったのですが、さすがに、全裸では駅前交番のお巡りさんに捕まってしまうので、諦めてハロウィンですから怪物系で考え、ミイラのコスプレにしました。
当日は、ほとんどの人が駅のトイレで着替えていたので、私も、トイレで着替えることにしました。
包帯をいちいち巻くのは大変なので、直ぐに着替えれるようあらかじめ衣装を作っておきました。
日焼け防止用のロング手袋を白いティシャツの、袖に縫い付けました。ティシャツはおっぱいの部分を大きく切り取りました。包帯を、手袋から順番に巻き緩まない様に所々縫い付けました。
おっぱいの所だけ、縫い付けずに巻いただけです。
下半身も、同じように長い靴下というかタイツ?に包帯を巻き軽く縫い付けました。ジャージの足部分を切った物に縫い付け、履けるようにしました。
股間からお尻にかけて大きく切り取り包帯を巻き完成です。
ハロウィン当日、駅のトイレで着替えにいくと、ゾンビの格好でメイク中のグループでいっぱいでした。仕方なくトイレのいる口付近で着ているものをすべて脱ぎ、全裸になりました。トイレの前を通った人数人に見られました。
メイク中の彼女達が、私に気付き、奥の方に入れてくれました。
彼女達に見られながら、前張り代わりのガムテープを、割れ目ギリギリの所からオマンコに貼り付け、(駅前交番の前を何度も通る為)彼女達に確認してもらいました。
ミイラの衣装上下を着て、お尻は割れ目が見えるように緩く巻き直し、安全ピンで固定しました。股間も、チラチラ見える程度緩くしました。おっぱいは、少しずらせば丸出しです。
顔は帽子を改造したものを被ってから包帯を巻き完成です。
最初は裸足のつもりでしたが、万が一危険を感じたときに直ぐに逃げれるように、白の運動靴に包帯を貼り付けた靴にしました。
駅のコインロッカーに着ていた服とバッグを預け、ゾンビの彼女達について行きました。
駅前交番には、警備中のお巡りさんが居ました。
一瞬目が会った時、ドキッとしましたがまだ露出していなかったので大丈夫でした。
駅前通りを進んでいくと、ドラキュラや狼男、魔女などの仮装をした人でいっぱいでした。
殆どがゾンビで、ミイラは私だけでした。
駅前通りを一往復したので、安全ピンの位置を変え、お尻が半分以上見えるようにしました。胸の部分もずらして片方の乳首が見える様にしました。
商店街の端まで来た所で安全ピンを外しお尻丸出しにし前も半分見える所まで緩くしました。来た道を戻りながら胸の部分もずらしておっぱい丸出しで、歩きました。
数人の男性が、一緒についてきます。
途中喉が渇いたので、胸を隠してコンビニに行きました。
コンビニで、トイレを借り前張り代わりのガムテープを剥がしました。
お尻と、股間部分の包帯を緩めに巻き直ししゃがめば、確実に見えるようにしました。
胸の部分もユルユルに固定仕直し、手で押さえないと、おっぱい丸出しになるようにしました。
トイレから出て、しゃがんでお菓子を物色したり飲み物を選んでいるとき、お尻が丸見えで、ノーパンなのを子供に気付かれ、[あの人、パンツはいてないよお尻丸見えだもん。]と叫ばれ、回りのお客さんにばれてしまいました。
選んだ飲み物と、お菓子を手に持ちおっぱい丸出しでレジに向かいました。
店員さんは、ニヤニヤしながら接客しました。
支払い中にさっきの子供がすぐ後ろに来たので、振り向いておっぱいも見せてあげました。
子供が[おっぱい・・・]と叫びそうになった時にその子の親が慌てて口を塞ぎました。
コンビニを後にし、飲み物とコンビニのレジ袋を左右それぞれの手に持ちおっぱいも、お尻も丸出しで歩きました。
酔っ払いとかに冷やかされながら、駅に向かいました。
交番が近づいたので、前を手で押さえ衣装が破損して手で隠している風を装って、交番前を小走りに走りました。
お巡りさんにもお尻丸出しなのを見られましたが、特に注意されることなく無事にコインロッカーの前につきました。
終電間近で、コインロッカーの所には、4〜5人の人しか居ません。
コインロッカーの鍵を探す振りをして、ミイラの衣装を脱いで下半身丸出しになり、履いていた衣装を振り回し、コインロッカーの鍵を拾ってコインロッカーを開け荷物を取りだし駅のトイレにおっぱいと下半身丸出しで、向かいました。
トイレで、ミイラの衣装をすべて脱ぎ暫く全裸で居ました。
他の女性客が、トイレから出ていったので、全裸でトイレの入り口付近に行き辺りの様子を伺いました。
トイレから出て見ましたが、誰も待ち伏せしている様子はありませんでした。
全裸まま見つかって、数人の男性に犯されてしまう事も覚悟していましたが、何事もなく露出することが出来ました。


[2] ベンジー
ハロウィンで露出か。
見世子ならやりそうだとは思っていたよ。
ミイラになって来たのだね。
全裸に包帯巻いて、少しずつ解けていくと言うのがよかったのだろうが、
なかなか上手くはいかないか。
それでも、おっぱい丸出し、お尻丸出しまでやって来たのだね。
他人も大勢出ていたことだろう。
良いハロウィンになったね。

[3] 見世子 大家さんとお風呂に入りました
大家さんとお風呂に入りました。

最近、私に部屋の給湯器の調子が悪くて、お風呂のお湯がわかなくなり仕方がないのでコンロでヤカンや鍋で沸かしたお湯を使って、髪を洗ったり身体を拭いたりしていました。
その日も、丁度沸かしたお湯で髪を、洗おうとしていたら部屋をノックする音が聞こえ、私は、全裸のままタオルで前を隠しながら出てみると大家さんが回覧板を持って来たところでした。
以前から大家さんには、給湯器の調子が悪いことは話してあったのですが、業者さんが忙しくなかなか見てもらえていませんでした。
大家さんが、「直るまでまだ数日かかりそうだから、暫く家のお風呂に入りに来な。」と言ってくれました。
大家さんの行為に甘えて、シャンプーセットとバスタオルを持ちハンドタオルで前を隠しながら部屋を出て、一階の大家さんの部屋に向かいました。
階段の所で二部屋隣の女性 F さんが帰って来たところで、すれ違いました。
 F さんには、もう何度も裸を、見られていますが私がまだ自宅では全裸生活を続けていたので驚いていました。
大家さんの部屋を、ノックすると大家さんが、裸の私を見て「寒いから早く中に入りなさい。」と招き入れてくれました。
大家さんに奥さんに、「お風呂のお礼に、旦那さんと一緒に入って背中を流してあげたいけど、いいですか。」と聞き、許しをもらったので大家さんとお風呂に入りました。
旦那さんも、何度も私の裸を見ていますが、自分も裸で若い娘と混浴は恥ずかしそうでした。
私は、大家さんに「実家では今でも父親とたまにお風呂に入る事があるから気にしなくて良いですよ、今は大家さんが私のお父さんみたいな感じですから。」と伝えました。
私は、少しイタズラしてやろうと思いタオルではなく、自分の体にボディシャンプーを付け大家さんの背中に抱きつきおっぱいで洗ってあげました。
大家さんは初めは、すごく照れていましたが、私が調子にのってアソコで大家さんの腕に股がって洗ってあげると、大家さんのアレがだんだん大きくなっちゃいました。
大家さんは、私のアソコをもっと良く見たいと言うので、私は、浴槽に座って指で開いて見せてあげました。ますます大家さんのアレが大きくなってしまいました。
流石に大家さんと、エッチするわけにはいかないので私が手でサービスしてあげました。
大家さんは、今度は私を洗ってくれると言って、私のおっぱいを、洗いながら揉んだり、アソコも手で洗いながら、触って刺激をあたえたので、気持ち良くなってしまい声が出てしまいそうでした。
お風呂を、上がり自分の部屋に戻り、部屋のドアを閉めずに直ぐにオナニーしてしまいました。
幸い誰にも見られなかったようですが、大家さんの、触り方が気持ち良くて、アレも、凄く大きかったので、思い出すと体の火照りがなかなかおさまりませんでした。


[4] ベンジー
大家さんと混浴して来たか。
よく奥さんが許してくれたね。
ただ身体を洗うだけでは済まないって思わなかったのかな。
見世子もサービスしすぎてしまったかな。
さすがにエッチまではできなかったようだけど、
その内、大家さんからお誘いがあるかもね。