なつみの場合


[1] なつみ ミニスカサンタの思い出
ご無沙汰しています。
なつみです。

覚えていますでしょうか。
10年以上前に会社でミニスカサンタをした時の報告をしたのですが。

この時期になると思い出してしまいます。
あの時はものすごく恥ずかしい思いをしたのに、
それでもみんなが喜んでくれたのと、注目を浴びるのが気持ち良くて、
またやりたくなっている自分がいます。
太ももに視線が集中している感覚が忘れられません。
ショーツだって見えていたかもしれません。
いや、きっと何度もパンチラしていた筈です。
ノーパンで、なんて話もありました。
実現はしませんでしたが、みんなが上手く誘導してくれたらもしかして……なんて。

今はもうすっかりおばさんになってしまいました。
スタイルは、それなりに維持しているつもりですが、今更、需要はないですよね。



[2] ベンジー
> 10年以上前に会社でミニスカサンタをした時の報告をしたのですが。

なつみのメールを見つけたよ。
職場でのミニスカサンタ、評判だったようだね。
毎年続けて来たのではなかったのかな。

> 太ももに視線が集中している感覚が忘れられません。
> ショーツだって見えていたかもしれません。

なつみも気に入っていたんだよね。
恥ずかしいからこそ、感じてしまったわけだ。
露出っことしての素質があったんだね。

> ノーパンで、なんて話もありました。
> 実現はしませんでしたが、みんなが上手く誘導してくれたらもしかして……なんて。

そこまで考えていたなんて、実行できなかったのが残念だよ。

> 今はもうすっかりおばさんになってしまいました。
> スタイルは、それなりに維持しているつもりですが、今更、需要はないですよね。

そんことはないさ。
女性が人前でハダカになるのは、いくつになっても恥ずかしいものさ。
その恥じらいがある限り、露出っこになれるんだ。
応援しているよ。