玲奈の場合


[1] 玲奈 カウンターの下の下半身に
ベンジー様
覚えておられないでしょうが
もう7〜8年前まで何回か懺悔の投稿をしていた玲奈といいます。
結婚して子供も出来ましたが露出願望は無くなりませんでした。
夫にはカミングアウトしていません。
でも誰かに知って欲しくてまた投稿させていただきます。
よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

月に二、三回電車に乗って近くのターミナル駅で降り
デパートや駅ビルなどで買い物をするのが
わたしの息抜きでもあり、楽しみだった。
駅のコンコースにあるコーヒーショップで
のんびりとおいしいコーヒーを飲むひと時が至福の時間だった。
この前来た時とは様相が変わっていた。
コンコースに面したガラス張りに隣接した席がカウンター席になっていた。
前は四人がけのテーブル席が並んでいたと記憶していた。
木のカウンターに背の高いそして背のところには小さな背もたれが付いた丸い椅子、
おしゃれなバーのように思うカウンターだった。
足下には足を乗せるパイプがついている。
腰掛けるとベルベット地のクッションが程よく聞いて座り心地は良かった。
前は全面ガラス張りで、その向こうには大勢の人が歩いている。
意識しなければ風景の一部と思える流れであった。
一人で四人がけの席に座るのは遠慮があったけど
これなら気軽に過ごせると嬉しくなった。
込み合ってきた時などは四人がけの席に一人では肩身が狭い思いがしたこともあったのだ。
席につくと本日のコーヒー、そしてチーズケーキを注文した。
のんびりとコーヒーを飲みながら文庫本を読み始める。
本が好きな私は夢中になって読み始めると
周りが見えなくなる程集中してしまう癖がある。
電車の中で読んでいて降りる駅を過ぎてしまうこともたびたびあった。
ふと、本を置きさめてしまったコーヒカップを持ち上げたとき視線を感じた。
誰かに見られている、誰?どこ?
店内にはそれらしい人はいなかった。
外にいる人の顔がこちらを向いている人を見つけた。
さりげなく立ち止まりスマホを見ているようなふりで
ちらちらとこちらに視線を送っている。
でも、目が合うことはなかった。
カウンターの上のわたしではなく
カウンターの下の下半身に視線を落としている。
カウンターの下はタイトなピンクのミニスカート
本に熱中するあまり、すこし膝が開いていた。
きっと二本の白い足の奥にある白い三角地帯がまる見えだったのだろう。
わたしは自然に露出できる場所を見つけた喜びで
つい、微笑みを浮かべていた。
膝を閉じることなく、また本を読み始めた。
スカートの奥に視線を感じながら・・・・・。


[2] ベンジー
おかえりなさい、だね。

結婚して子供もできても、露出願望は無くならなかったか。
既婚の女性たちに聞かせてやりたいものだ。

コーヒーショップで読書をしながら、スカートの中を覗かれていたか。
覗かれているのを承知でそのままにしているとなんて、
露出の快感が甦ってしまったということかな。
外からと言うことは、玲奈のパンツを見たのは、その人だけではないかもしれないね。

さて、次はもっと大胆なことをしてしまったのだろうね。


[3] 玲奈 全裸で自販機まで行かされました
ベンジー様

もう十年ほど前になりますが
わたしが初めて露出した時の事を書きますね

短大時代になりますが
1年生の夏 那須高原にチアリーディング部の合宿で行った時のことです
1・2年生合わせて40人ほどで大学の寮に一部屋5人づつの部屋割りでした

朝から夕方までは練習が続き
5時からの早めの夕飯の後は自由時間でした
私たちの部屋は二階の端で一階に下りる階段の傍です
1年生3人と2年2人の組み合わせです

食後にお風呂に入った後はお決まりのゲームで時間をつぶします
上級生の提案でゲームに負けたら勝った人の命令を聞くことになり
トランプゲームが始まりました

最初は1年生が勝ち2年生が負けたので
全員の布団を引く罰が与えられました
その後は私が負けたとき、
勝った上級生の命令はジャージを脱いで下着姿になることでした

上級生の提案でここから負けたら服を一枚づつ脱いでいく罰になり
脱ぐものが全部なくなったら更なる罰が与えられることになりました
何回かゲームが進み 服を着ているのは3年生の一人だけで
後の3人は上下の下着姿で私ともう一人はショーツ一枚の姿です
次に負けたら全裸です

負けまいと思うほどいい手が来ません
結局最後の一枚まで脱がされ
新たな罰として自腹で
ジュースを買いにいくことになりました

自販機は合宿所の玄関の外にあります
合宿所の周りは民家ほとんどありません
服を着ようとすると
「なに服を着ようとしてるの!そのままの格好に決まってるでしょ!
お財布だけで行ってきなさい」
上級生の命令には逆らえません

そっとドアを開け
誰もいないのを確認してから
階段を下りて玄関から外に出ました
自販機は街頭の下にあり自販機自体の灯りもあって
結構明るいのでした
誰かに見られたら全裸なのが丸わかりです
5人分のジュースを買う時間がとても長く感じています
5人分のジュースを抱えて玄関の戻ろうとすると
1階にあるお風呂から戻る部員の声が聞こえました
「風呂上がりにコーラを飲もう!」
玄関を開け外に出てきました
あわてて暗がりに隠れます

何人か出てきてそれぞれが飲み物を買って戻っていきます
最後の一人が
「あれ 鍵が開いてるじゃん 閉めちゃっていいよね」などと
「お願い 閉めないで・・・」願いむなしく
「女しかいないし物騒がから閉めましょう」と声がして
「カシャ!」を音がして閉められました

「どうしよう」
全裸で冷たいジュースを持っているため
体中冷えて来ましたが
なぜか 恥ずかしさと誰かが来たらどうしよう との
気持ちが高ぶり 下半身の一部が暑く熱を持っていました

10分位 いやほんとは2~3分だったかもしれませんが
遅いので同級生が様子を見に来てくれました

外で震えていた私を見て
鍵を開けてジャージの上をかけてくれました

やっとの思いで部屋にたどり着くと
太腿につぅーっと垂れるものが・・・
先輩に気づかれ
「なにおしっこ漏れしてるの?それとも違う汁?」と
からかわれましたが
ねっとりと糸を引いていました

これが露出に目覚めたきっかけになったようです。


[4] ベンジー
大学時代の部活が露出の起源か。
先輩には逆らえないからね。
最初に全裸になってしまったのは、玲奈の運命だったのかもしれない。
罰ゲームは全裸自販機だなんて、過激なことだ。
玄関に鍵を掛けられて締め出された時はどうなることかと思ったことだろう。
朝まで全裸?
それとも誰かに発見されて……
こんな絶体絶命のピンチで感じてしまったわけだ。
玲奈の露出っことしての資質は大きそうだね。

[5] 玲奈 興奮と快感を生むのです
ベンジー様

早速のご感想ありがとうございます。
むっつりさんの私は高校生時代からその傾向はあったのですが
実行する事なんか出来ませんでした。
一つたがが外れるとそれが興奮と快感を生むものになって来ました。


[6] ベンジー
思春期にエッチなのは誰も一緒だよ。
マジメそうなお友だちが、家に帰るとオナニー狂だったりしても、珍しくないと思うよ。

> 一つたがが外れるとそれが興奮と快感を生むものになって来ました。

その魅力に目覚めてしまったのだね。
もう後戻りはできないぞ。