りんの場合


[1] りん リビングで全裸になりました
お部屋を作っていただいて、ありがとうございます。
コメントへのお返事と、家の中で全裸になってみたので、そのことを書きますね。

> 家の中を全裸でコソコソするのが面白かったか。

家の中だから、お風呂のときに着替えを忘れたことはあるけど、
それでもバスタオルを巻いたから全裸で歩くなんてなくて、
なんだか悪いことしてるような感じでハラハラしてました。

> 素っ裸で外には出られないか。
> でも、新しい世界に巡り合ってしまったようだね。

女の子なのに「素っ裸で外に出なさい」って言われるなんて…、
軽い気持ちでディープな世界に足を踏み入れた気分です。

> やってごらんよ。

やっぱりこのサイトでは珍しいことではないんですね。
自販機はともかくコンビニなんて絶対に人がいるのに…
でも、どれくらい恥ずかしくてハラハラするのか気になってます。

お部屋が欲しいと思ったのは、もう少しやってみたいと思ったからです。
夏休みの間は昼間は家に私だけという時間がたくさんあります。
なので家の中だけですけど、また全裸で過ごしてみました。
両親が出かけてからリビングで服を全部脱いで、試しに家の中を歩き回ってみました。
家には私しか居ないとわかっているから、夜中にコソコソ歩いたときほどは緊張しないけど、
それでも服を着てるいつもとは何かが違っていて、ずっと変な感じがしていました。
なれてきたら窓の近くに立ってみたりとか、塀があって外からは見えないんですけど、
そのドキドキを楽しいと感じた私は、やっぱり露出に向いているのかな?

それからリビングに戻っていたら郵便屋さんが来てすごくあせりました。
インターホンの音に飛び上がるとモニターには郵便屋さんが映っていて、
もちろん向こうからは見えないけど全裸で話すのってドキドキしました。
それから急いで服を着て、何もない感じで普通に荷物を受け取りました。
気持ちが切れちゃったので、このまま全裸はおしまいにしました。
ひとりで過ごしているときでも全裸ってドキドキしますね。
本当に外でしたらどうなるのかなって、想像しちゃってます。

[2] ベンジー
また家の中で、全裸で過ごしたのだね。
家の人がいないから緊張は少なくても、
いつもは服を着て過ごしている空間で全裸は刺激的だったことだろう。
塀があるなら、そのまま庭に出ることはできるかもね。
郵便屋さんにはドキッとしただろうね。
インターフォン越しとは言え、全裸で話ができて良かった。
りんが他人と全裸で直接話をするのは、いつになるだろうね。


[3] りん 全裸で庭に出てみました
全裸で過ごすのは家の中でもとっても刺激的でした!
郵便屋さんが来た時なんて息苦しいくらいにドキドキしてたのに、
全裸で直接お話なんてしたら、どうなっちゃうんでしょう……??

庭は塀に囲まれて外からは見えないようになっています。
なので今日は庭まで出てみようと思いました。
家の中に私ひとりだけになったらリビングで全裸になって、
最初はまた家の中を歩き回ってみることにしました。
やっぱり変な感じがするし、この間のことを思い出したりしました。
玄関に行ったら郵便屋さんが来たあとのことを思い出して、
あの時は急いで服を着て対応したけど、もし全裸だったらって思って、
裸足でタイルの床に降りたらひんやりして凄くドキドキしました。
人がいるとわかってて全裸でドアを開けるのって勇気がいりそうです…

リビングに戻ってきて、そこから庭に出てみることにしました。
見られないとわかっていても、外に出るのって緊張します。
サンダルを履いて庭の真ん中まで行くと身体に陽の光があたりました。
お陽さまの下でおっぱいを出してるなんて初めてかも…
小さい頃はビニールプールで遊んだけど、それでも水着を着てたし。
外に出るといろいろな音が聞こえるから家の中より緊張して、
もっとドキドキできるのが楽しいし気持ちいいなって思いました。

[4] ベンジー
家の中での全裸は習慣になってしまったようだね。
玄関に行くとドキドキするか。
いつかそのまま、そのドアを開けるが日が来るのだろうね。
案外、近かったりして。
庭にも出てみたか。
野外露出の第一歩だ。
やはり緊張感が違うよね。
塀の向こうに憧れの世界が待っている感じかな。


[5] りん まさか習慣になるとは
まさか習慣になるとは思ってなかったけど、
家の中で全裸で過ごすのが楽しみになってます。
庭は敷地の中だけど、それでも外を感じるから、
野外露出するとこうなのかなって思いました。
人が居ないところでなら外でしてみたいなって思ってます。

[6] ベンジー
全裸で庭に出るのもお気に入りと言うわけだ。
次はもっと別の場所で露出したくなるのも当然だ。
まずは下見だね。
ここでハダカになったらとか考えながら散策するのもドキドキだと思うよ。
良い場所が見つかると良いね。


[7] りん 下見の次は実行ですね
家の中の全裸は楽しくて、庭に出たときの外って感じが好きです。
そしてもっと広いところでハダカになってみたくなっています。

普段は行かないような奥まった場所とか、
人目を避けられる場所を探しながら歩いてみました。
小さな神社とか、あまり使われてないトンネルとか、
気にしてなかった場所が色々とありそうです。
「ここでならハダカになれそう」って思うのと、
「本当にここで脱げるの?」っていうのが両方あって、
そんなことを考えるのもドキドキでした。

下見をしたなら次は実行ですよね。
すごく緊張しそうです…

[8] ベンジー
もっと広いところでハダカになってみたいのだね。
それは良い傾向だ。
ハダカになれそうな場所を探して歩いたか。
それだけで、結構、ドキドキだったことだろう。
次は実行か。
報告を楽しみにしているよ。

[9] りん 神社の裏側でハダカになりました
ハダカになることを考えながら歩ていたら、
いつもの場所も違って見えてドキドキしました。

雨が降っちゃってどこで実行するのか迷いました。
最初はトンネルと思ったけど雨の日なのが気になって、
次に考えたのが小さな神社ですることです。

両親が出かけたら傘をさして神社へ行きました。
森の中にあって、いつも誰もいないところです。
その神社の裏側でハダカになることにしました。

下着姿までは簡単になれたけど、
脱ぐ決心がつかなくて服を畳んだりしました。
それでちょっと気持ちが落ち着いてきたので、
思い切ってブラを外してパンツも脱ぎました。
これが私にとって初めての野外露出です。
周りは木しか見えないような場所だけど感動して、
ドキドキして逃げ出したい気持ちでいっぱいです。

こうしているうちに土砂降りになっちゃって、
少しおさまるまで雨宿りすることにしました。
誰も来ないだろうしハダカのままでとも考えたけど、
そんなに我慢できなくて服を着ちゃいました。
野外露出って楽しいですね。

[10] ベンジー
初めての野外露出を実行して来たのだね。
場所は神社裏か。
良い場所を見つけたね。
全裸になる時は、さすがに躊躇してしまったか。
それでもハダカになりたいと思う気持ちが強かったのだね。
良く頑張ったじゃないか。
りんもこれで立派な露出っこだ。
今はもっと色々な場所でハダカになってみたいと言う感じかな。

[11] りん 神社だったら安全に全裸になれると
私が野外露出をできたなんて不思議な感じです。
あの神社だったら安全に全裸になれるとわかったので、
今日もハダカになりに行ってきました。

雨が降ってこの間と同じ感じで、
2回目だから楽勝だと思っていたんですけど、
下着姿になるとすごく緊張しました。
思い切って下着を脱いだら風がひんやりして、
気持ちよくてドキドキして嬉しくなりました。
そのまま立っているだけで緊張してきて、
ドキドキしてガマンできずに服を着ました。

他の場所でもハダカになってみたいと思うし、
少しでいいからハダカで歩いてみたいです。

[12] ベンジー
りんは、もう立派な露出っこだよ。
露出するの、不思議手も何でもないさ。
またハダカになりに行ったのか。
外でハダカになると緊張するわけだ。
他の場所も探してみるのだね。

[13] りん 外でハダカになるだけで
私も露出っこに仲間入りしたんだって、
外でハダカになって少しずつ実感できてきました。

外でハダカになるだけであんなにドキドキするのに、
ハダカで歩いたらどうなっちゃうんだろう…
そう考えたらやってみたい気持ちが強くなりました。

それでこの間見つけたトンネルに行ってきました。
トンネルは道路をくぐるだけの小さくて短いもので、
人通りの無い場所だけど、それでも心配はあります。
一瞬だけならと思い切って下着も一気に脱いで、
服を脱ぎ散らかしたままトンネルの中を歩きました。

両手で胸とあそこを隠して前かがみになって、
それでも緊張して少しずつしか歩けなくて、
服から離れるのが不安で10歩が限界でした。
本当はもっと歩き回れるつもりだったんですけど、
誰も居ない場所なのに恥ずかしくて仕方なくて、
すぐに服を着て落ち着くまでしゃがんでいました。

[14] ベンジー
外でハダカになるのが、すっかり気に入ってしまったのだね。
ハダカになるだけでなく、歩いてみたいと思ってしまったか。
それをすぐに実行してしまうなんてノリノリだね。
服から離れたのは10歩だけか。
それでも立派な成果だね。
少しずつ、もっと遠くまで行けるようになればいいさ。
りんなら、すぐにできるようになるんじゃないかな。


[15] りん ハダカで外を歩く練習
家の中とは全然違うドキドキがあって、
外でのハダカが好きになっちゃいました。
もっと外でハダカになってみたいです。

今日はハダカで外を歩く練習をしようと思って、
全裸で庭に出て塀の中だけど家の敷地を1周しました。
お昼前に雨がやんだので、リビングで全裸になりました。
庭に出ると気持ちいいけど、ドキドキは物足りないです。
ただ、玄関の前だけは門の隙間から見ようと思えば見えるので、
そこを駆け抜けたときはかなり緊張しました…

リビングに戻ってハダカで休んでいたら郵便屋さんが来ました。
家の中に戻っていたから急いで服を着て対応することができたけど、
もう少し来るのが早かったら私はまだ家の外にいたかもしれません。
ハダカで隠れてやり過ごすのを想像したらドキドキしてきました。

[16] ベンジー
外でのハダカが好きになったか。
もっといろいろな場所でハダカになってみると良い。
他人に見つかる危険がある場所だと、もっとドキドキできると思うよ。
敷地の中を一周か。
それもひとつの冒険だったね。

> ハダカで隠れてやり過ごすのを想像したらドキドキしてきました。

実はこれ、やってみたかったりして。

[17] りん 露出できる場所を探してみます
いろいろな場所、もっと探してみようと思います。
見つかるかもしれない場所って、緊張しそうですね。

ハダカで隠れてやり過ごすの、やってみました。
居留守を使うようなのは気がひけるので、
新聞屋さんの来る夕方にハダカで庭に出ました。
門の裏に隠れていると、遠くからバイクの音がしてきました。
それが走ったり止まったりしながら家に近づいてきます。
だんだん緊張してきて、でも今は門の裏が一番見えないから、
そう考えて怖いけど頑張って静かにそこで待ちました。

いよいよ家の前でバイクが停まって、足音が聞こえました。
壁の裏に人がいると思うと緊張して息ができないくらいです。
郵便受けに新聞が入るカタンッて音がすごく大きく感じました。
バイクのエンジンの音が離れるまで物音を立てないように必死で、
それでようやく息ができるくらいのドキドキでした。

[18] ベンジー
「隠れてやり過ごす」を実行したか。
思い切ったね。
ハダカで外にいる時に、近くまで他人が着ていたわけだ。
ドキドキがどこまでも大きくなっていたことだろう。
そういうスリルを楽しんだわけだ。
よくかんばったものだ。
でもこれが公園とか、別の場所だったら、
もっととんでもないことになっていただろうね。

[19] りん この間よりも長くハダカでいられました
すぐ近くに人がいるのを感じると、壁があってもドキドキしました。
公園とか、本当に見られちゃう場所なんて怖くてたまらないです…

もう少し服から離れたりしたいと思って、
今度はエコバックを持ってトンネルまで行ってきました。

トンネルの周りを確認してから真ん中まで歩いて、
一枚ずつ服を脱いでエコバックの中に入れました。
それだけでもすぐに着れないと感じて緊張しました…
それから思い切ってエコバックを振り回して投げました。

遠くに飛んでいくエコバックを見ながら思わず駆け出すと、
トンネルに響く足音にドキッとしました。
それでも構わずに走って、大慌てで服を着ました。
誰も居ない場所だと思っていても恥ずかしくて緊張して、
せっかくハダカになってもすぐに服を着たくなっちゃいます。
それでもこの間より長くハダカでいれました。

[20] ベンジー
公園内の遊具のトンネルかと勘違いしてしまったよ。
そのトンネルは、りんにとって絶好の露出スポットになっているのだね。
今回もまたエコバックに服を詰めて露出したか。
それだけでは満足できなくて、野外でオシッコもしてしまったのだね。
ドンドン成長しているようでうれしいよ。
ハダカを強制されるのが好きか。
だったら、エコバックを鍵のかかるトランクとかに変えて、
その鍵をトンネルから離れた場所に隠しておくとか。

[21] りん 公園ではまだ……
> 公園で露出して来たのだね。

ごめんなさい、公園は私にはまだできそうになくて…
露出したのは以前にも行った人気のないトンネルです。
それでもすぐに服を着られないのって、すごく緊張しました。
エコバックを拾われることは考えてなかったけど、
そんなことになっちゃったらほんとうに大変ですね。
ハダカで取り返しには行けないから、そのまま帰らないと…
そう思うと大胆なことしちゃいましたね。

今日もまたいつものトンネルで露出してきました。
野外で露出するならもう少し遊べないかなって考えて、
思いついちゃってたくさん水を飲んでから出かけました。

トンネルでは服を脱いでエコバックの中に入れて、
この間のように振り回して遠くに投げました。
遠くに落ちたエコバックを見るとドキッとするし、
危ない気もするけどすぐには拾いに行きません。
まずはトンネルの壁に身体を押しつけて、
ひんやりしてザラッとした感触を楽しんでみたり、
乳首を押し当ててその刺激を感じたりしました。

そのうちにおしっこをしたくなってきて、
全裸でおしっこ、しちゃいました。
「こんな姿、見られちゃったら…」と思うと、
緊張と不安でドキドキするのに全然止まらなくて…
自分の身体を抱きしめるようにしていました。

それから急いで服を着るとほっとしたけれど、
振り返るとおしっこの跡が見えてドキッとしました。
ハダカを強制されるのって好きかもしれないです。

[22] ベンジー
早速、やって来たのだね。
リュックのファスナーに鍵を掛けたか。
その鍵をトンネルの先に置いてハダカになったのだね。
泣きたくなる程なのに、それでも実行してしまったわけだ。
安全地帯から出てしまうなんて、また一歩成長したね。
リュックを脱いだ場所に置いて鍵を取りに行くと言う手もあるね。
その方がハダカで放り出された気分になれるかもよ。

[23] りん 服を着られなくなると思うと
トンネルはもちろん野外ではあるんですけど、
めったに人の来ない安全地帯だと思ってます。
この場所でエッチなことしてると楽しくて、
つい色々なことをしてみたくなってしまいます。

> その鍵をトンネルから離れた場所に隠しておくとか。

「私にできるかな…」と少し心配になりつつ、
せっかくアイディアをもらったので鍵を探してきました。
リュックのファスナーにつければ開かないようにできます。

どっちでしようか迷って、トンネルの向こう側に鍵を置きました。
それからトンネルに戻って、服を脱いでリュックに入れました。
鍵をファスナーに通すまではすぐにできたんですけど、
この小さな鍵をかけるだけで服を着られなくなると思うと、
メチャメチャに緊張して鍵をかけたら涙が出てきました。

こうなってしまったら急いで鍵を取りに行くしかなくて、
リュックを背負って急いでトンネルの出口に走りました。
いままでハダカでトンネルの出口に近づいたことはなくて、
明るい外に出るのは凄く怖く感じて足が止まりました。
でもそこからでも置いてきた鍵が見えていたので、
思い切って走って鍵を拾ってトンネルに戻ってきました。
一瞬のことなのにハアハアと息が上がっていました。
急いでリュックを下ろして下着だけを着て、
それだけでホッとして落ち着くまでしゃがんでいました。
ようやく動けるようにな服を着て帰ってきました。

リュックに鍵をかけたらハダカで放り出された気分になって、
その瞬間からずっと心細くて仕方なかったです。
でもそれで歩き回るのはイヤじゃないって感じました。

[24] ベンジー
早速、やって来たのだね。
リュックのファスナーに鍵を掛けたか。
その鍵をトンネルの先に置いてハダカになったのだね。
泣きたくなる程なのに、それでも実行してしまったわけだ。
安全地帯から出てしまうなんて、また一歩成長したね。
リュックを脱いだ場所に置いて鍵を取りに行くと言う手もあるね。
その方がハダカで放り出された気分になれるかもよ。

[25] りん ハダカで放り出されるのが好きみたい
トンネルから出るって危ないことだと思うし、
追い込まれた感じとかは本当に泣き出したいくらいで、
ワクワクして気持ちいいだけじゃない緊張感というか、
これが野外露出のスリルなのかって強く感じました。

あの時は限界まで頑張ったつもりでも、
トンネルからはちょっと出ただけなんですよね。
それにリュックを置いてというのもやってみたくて、
続けてになるけど今日もトンネルに行ってきました。

リュックと鍵をどこに置くのかとか考えて、
鍵はこの間の反対になるトンネルの入口に置きました。
人が来るとしたらこっち側からのはずです。
それからトンネルの反対側の端まで行きました。
ここで脱いだら全裸でトンネルを往復することになります。
すごく不安で、でも期待してる気持ちもありました。

地面にリュックを置いて、一枚ずつ服を入れました。
ハダカになって鍵を手に持つと急に緊張してきて、
本当にこんなことできるのかって不安になってきました。
震える手で鍵をかけたら、どっと汗が出てきたみたいです。
「またやっちゃった…」という少し後悔する感じと、
ハダカで放り出されて焦る気持ちが一緒にありました。

リュックを持って行きたい、でもそれはダメ…
そんな迷いがあって、その場をなかなか動き出せなくて、
こうしているだけハダカでいる時間が長くなるんですけどね。

このままではどうしようもないから思い切って立ち上がりました。
何度も歩いたトンネルなのにとても長く感じるし、
誰かが来るんじゃないかっていつも以上に不安になりました。
鍵には近づいても服から離れることがとても心細くて、
前かがみで胸を隠して何回も振り返りながら歩きました。
ある程度離れると誰かにリュックを取られることを思い浮かべて、
不安と緊張がどんどん膨らんで身体がしびれるみたいでした。

なんとかトンネルの入口側まで歩いてきて、
明るい外を見てしまったら怖くて足が止まりました。
でも「ようやくここまで来たんだから」って気持ちで、
思い切って走って鍵を拾ってトンネルに戻ってきました。
2回目だけどやっぱり緊張して息が上がっていました。

鍵を握りしめたら早く服を着たいという気持ちが爆発して、
何も考られなくてリュックのところまで全力で走りました。
置いたときのままのリュックを拾い上げると力が抜けて、
ハダカのままリュックを抱きしめてしゃがんでいました。
身体がブルブル震えてポロポロと涙がこぼれてきました。

しばらくしてようやく落ち着いたら鍵を開けて服を着ました。
その間もトンネルはずっと静かで怖がることなんてなくて、
それが頭でわかってても緊張やドキドキは収まりませんでした。

こんなに不安な気持ちになって緊張してもドキドキが楽しくて、
鍵をかけた瞬間の「怖いけど行くしかない」というのが、
露出課題を実行するのってこんな感じなのかなって思いました。
やっぱりハダカで放り出される感じとか、好きみたいです。

[26] ベンジー
連続で露出なんてノリノリだね。
今度はトンネルの反対側に鍵を置いたか。
ハダカで歩く距離も長くなり、その分、時間も延びたのだね。
リュックから離れる心細さも体験してしまったね。
身体が震えて涙がこぼれるような思いをしても、
ハダカで放り出される感じが、ますます気に入ってしまったようだ。
「行くしかない」と言うか、後戻りできない感じが良いのだろうね。
もっと自分を追い込みたいなら、
鍵を置く場所を少しずつトンネルから離れた場所にしていくことだね。


[27] りん 早く鍵を出さないと
確かにただハダカで歩き回るだけじゃなくて、
後戻りできない緊張感も好きなのかもしれません。
あの感じが忘れられなくて、またトンネルに行きました。

もっと自分を追い込んでみたいと考えると、
鍵が離れて見つかりづらいのがいいと思って、
トンネルの入口から後ろ向きに鍵を投げました。
草の中に入たようでカサッという音がしました。
この後鍵を見つけられるか不安に感じながら、
トンネルの反対側まで歩いてリュックを下ろしました。

あんなに緊張したのにまた全裸になることや、
もし鍵が見つからなかったらということを考えて、
少しためらう気持ちもありながらハダカになりました。
鍵をかけるのは何回やっても緊張して手が震えます。
そして、カチッと私をハダカで放り出す音が聞こえました。

何よりも早く鍵を探さないとって気持ちで、
急いでトンネルの入口から飛び出しました。
なんとなく鍵が落ちた方向は覚えているから、
地面を見ながらその方向に歩いていきました。

トンネルの中と比べれば開けた場所だから、
見られるかも知れない不安がすごくあって、
身体を隠したいし逃げ出したい気持ちでいっぱいです。
でも鍵を見つけないとどうしようもなくて…
しゃがんで必死に草をかき分けていると、
緊張と暑さで汗がポタポタと落ちてきました。

何とか鍵を見つけることができて、
その鍵を握りしめて立ち上がりました。
そうすると自分がいる場所が開けた外で、
そこにハダカでいることを改めて感じて、
急にあせってきてトンネルに駆け込みました。

無事に鍵を見つけられてホッとする気持ちと、
結構長い間探してたことに対する焦りがあって、
なんだかソワソワしながらトンネルを歩きました。
リュックは置いたときのままで、
今日はすぐに服を着て少し休みました。

鍵を探してる時は夢中でわからなかったけど、
きっと長い時間ハダカで外に出てたと思います。

[28] ベンジー
後戻りできない状況も好きなんだね。
それで今度は鍵を投げ捨ててしまったか。
これはちょっと危険だったかも。
鍵が見つからなかったら、全裸で家まで帰るところだったね。
それこそ、後戻りできない状況だ。
ハダカで外にいる時間も、かなり長くなって来たようだ。
アダルトショップで手錠を買って、
トンネルの中で後ろ手に掛けてしまうと言う方法もあるね。
手錠の鍵は、当然、トンネルの外だよ。

[29] りん 四つん這いになるのは恥ずかしかったです
鍵はそんなに遠くに投げることはできなかったけど、
それでも見つからなかったらと思うと危なかったですね。
全裸で家まで帰るなんて、とてもできないし…
後ろ手錠もきっとすごくハラハラするでしょうね。

今日は前からやってみたかったことをしてみました。
髪型を高めのツインテールにしてチョーカーをつけたら、
ワンちゃんみたいにならないかなかなって思ってました。

トンネルの中でハダカになってリュックに服をいれて、
鏡を見ながら髪型をツインテールにしました。
チョーカーをつけたら思ったとおりの感じになって、
嬉しいけど四つん這いになると思った以上に恥ずかしかったです。

そのままトンネルを往復してみることにしました。
いつもより恥ずかしい姿だって意識しちゃうし、
歩くのも遅くなるからドキドキが長く続くので、
戻ってきた時にはフラフラになっていました。

最後にトンネルの外に出て、
片足を上げておしっこしちゃいました…
明るい場所でワンちゃんみたいにです。
恥ずかしすぎて身体が熱くなりました。
こんな姿、絶対に見られたくないのに、
見られることをどうしても想像しちゃって、
おしっこがなかなか止まらない間、
ずっと心臓はバクバクしていました。

そんなドキドキした気持ちのまま服を着て、
少し休んでから帰ってきました。

[30] ベンジー
> 全裸で家まで帰るなんて、とてもできないし…

そのままトンネルに隠れていて、
深夜になってから、こっそり帰って来るとか。

> 後ろ手錠もきっとすごくハラハラするでしょうね。

興味を持ってくれたようだね。

りんはワンちゃんにもなってみたかったのか。
ツインテールとチョーカーだね。
きっとかわいいワンちゃんに変身していたことだろう。
四つん這いになるだけでなく、片足をあげてオシッコまでしてしまったか。
次はリードで電柱に繋がれてみるとか。

[31] りん 電柱におしっこしちゃいました
> そのままトンネルに隠れていて、
> 深夜になってから、こっそり帰って来るとか。

そうなりますよね、考えただけで怖くなっちゃいます…

> 次はリードで電柱に繋がれてみるとか。

お返事をもらってどきっとしました。
今までより少しトンネルを離れると電柱があるので、
そこにリードを繋いでみたいと思っちゃいました。
チョーカーに「りん」って名札とひもをつけて、
それを持ってトンネルまで行ってきました。

最初に電柱の場所を確認してみました。
ここからだとトンネルの入り口から中が見えなくて、
きっとすごく不安な気持ちになるって思いました。
それからトンネルの中でワンちゃんの姿に変身しました。
ひもがあるとワンちゃんになってしまった感じが強くて、
その姿をとても恥ずかしく感じていました。

四つん這いでひもを引きずりながら歩くと、
逃げ出したワンちゃんみたいでドキドキしました。
トンネルの入口から見ると電柱は遠く感じました。
今までの露出で一番長い距離を四つん這いで歩くと、
背中に感じる暑さとかにボーッとしてきました。

電柱にひもを結びつけて、
離れようとすると首が引っぱられました。
ハダカで繋がれているということを意識して、
一気に緊張感が高まってきました。

それでもすぐにやめちゃう気持ちはなくて、
電柱に身体を擦り付けてザラザラを楽しんで、
それからまたおしっこしちゃいました…
もちろん電柱をめがけて片足を上げてです。
繋がれてる電柱におしっこの跡があるって、
私がしたってことがバレバレですよね。
どうしても見つかった時を想像しちゃって、
ずっと心臓はバクバクしっぱなしでした。

最後にワンちゃんらしく芸をしてみました。
見られてるのを想像しながらチンチンのポーズをして、
それからもう少しエッチにあそこを広げちゃいました。
恥ずかしすぎていつの間にか目をつぶって震えてました。

紐をほどこうとすると手が震えて、
なかなか外せないことにあせりました…
急いでトンネルに戻ると服を着て少し休みました。
電柱の根本の水たまりを見ると繋がれてる私の姿が思い浮かんで、
なんだかたまらない気持ちになりながら帰ってきました。

[32] ベンジー
> そうなりますよね、考えただけで怖くなっちゃいます…

暗くなるのを待っている間、ずっとハダカでいなければならないんだ。
何も着る物がないのだからね。
怖いだろうけど、そういう状況に憧れたりはしないかな。

リードで電柱に繋がれるの、気に入ってくれたのだね。
早速、実行して来たか。
今まで一番トンネルから離れたのだね。
それも、四つん這いで。
トンネルが見えなくなるのは心細かったことだろう。
電柱に繋がれている時は、ワンちゃんの気分に近づけたようだね。
オシッコしたり、チンチンしたり、りんはもうすっかり牝犬と言うわけだ。
誰か良い飼い主に拾われると良いのだが。


[33] りん ワンちゃんの格好で恥ずかしいことを
> 怖いだろうけど、そういう状況に憧れたりはしないかな。

ずっとハダカで暗くなるのを待つのは心細いし、
帰り道をハダカで歩くのはとても緊張しそうですね。
露出を命令というか強制されてる感じがして、
もちろん憧れる気持ちはあって想像もしちゃいました。

> リードで電柱に繋がれるの、気に入ってくれたのだね。

リードがあるだけで気分がかなり違っていました。
誰かに見つかって、拾われるのも想像していました。
きっと毎日が恥ずかしいことの連続になっちゃいますね。

今日は夏休みの最終日だったので、
トンネルでもう少し長くハダカでいようと思いました。
おもちゃの手錠も買ってきたのでそれも使いたいなって。
両親が出かけてからすぐに水筒とおにぎりを用意して、
はじめて午前中からいつものトンネルまで行きました。

いつもとは違う時間なのが少し心配だったけど、
トンネルに近づけばいつものように誰もいませんでした。
さっそく服を脱いでリュックに入れて全裸になりました。
特にすることとかは決めてなくて、トンネルの中を歩いたり、
少しだけトンネルの外に出ていって様子を見たりしていました。
それでもずっとハダカでいるのは緊張するし不安でした。

お昼になったらリュックを背負って外に出ました。
トンネルが見えないところまで行って、
切り株に座っておにぎりを食べたんですけど、
緊張と焦りで味はわかりませんでした…

午後からは持ってきたおもちゃの手錠で遊びました。
最初に鍵をトンネルの外に置きに行って、
それからトンネルに戻って後ろ手錠をしました。
鍵を取りに行くのは何回かしていて楽勝と思ってたけど、
手が動かせないのは思っていた以上に不安でした。
絶対に転ばないように慎重に歩かないといけないし、
誰か来ても全然隠せないのってすごく緊張します。
緊張しながら思い切ってトンネルの外に歩いて出て、
何とか鍵のところまで行ったまではよかったけど、
地面に置いた鍵を拾うのは大変であせりました。
おもちゃの手錠だから無理に外せるんですけど、
ぐっとこらえて半泣きで頑張りました。

いつもならすぐに服を着ちゃうところだけど、
なんだかすぐに帰るのがもったいないような気がして、
この間の電柱のところまでもう一度歩きました。
ワンちゃんの格好で恥ずかしいことをしたのを思い出しながら、
今日はいつもの姿なのに芸とおしっこをしちゃいました。
誰もいなくても恥ずかしいことをしてるだけでドキドキでした。

そうやってこの間とは違う恥ずかしさを感じながら、
トンネルに戻って今度こそ服を着て帰ってきました。
夏休みの集大成って感じの露出ができたかなって思います。

[34] ベンジー
露出命令で、家までハダカで帰ることを強制されるか。
りんはそんなこともやってみたいだね。
妄想の中では、首輪を着けたりんを誰かに拾われて、
庭に置かれた犬小屋に繋がれて過ごすとか。

夏休みの最後の露出をして来たのだね。
午前中からトンネルの中でハダカで過ごしたか。
手錠の課題も実行した来たのだね。
後ろ手に拘束されてしまうと、今までとはひと味違う緊張感があるだろう。
見つかった時「自分でしたの」なんて聞かれたりして。
鍵を取り上げられて、言うことを聞かされるとか。
相手が優しいお姉さんだったら、少しはイジメられてみたいとかも思うのだろうか。

夏休みの露出集大成ができて良かったね。