静香の場合


[1] 静香 露出症のいやらしい女にお似合いのコート
ベンジーさま

青木静香です。

全裸コート外出…懲りずに出かけてきました。
今回はお尻が半分ほど見えてしまうほどの短い丈です。
もうひとりの私に
「露出症のいやらしい女にお似合いのコート」と着用させられたのでした。

歩くだけで裾からお尻が全開…でした。
それどころか“奥”まで…見えていました。
「露出症の静香に、お似合いよ!」
「見られて感じるなんて…ほんと、変態ね!」

こんな恥ずかしいコート姿で出かけたことを後悔しました。(でも…やめることは、できませんでした)
ものすごく恥ずかしすぎて…泣きそうなくらいでした。
こんな思いとは逆に…身体はいやらしく反応していたのでした。
(太ももの内側まで濡らしていたのでした)

露出に歯止めがかからなくなって、ますます「露出症のいやらしい女」になった静香でした。

[2] ベンジー
また全裸コートを実行して来たのだね。
お尻が半分見えてしまう程短いコートか。
周りの人にはバレバレだね。

静香は見られて感じる変態なんだ。

> こんな恥ずかしいコート姿で出かけたことを後悔しました。(でも…やめることは、できませんでした)

これも全裸コートの良いところと言うか、
その場ですぐに止めることはできないから、どんな恥ずかしくてもそのままでい るしかない。
恥ずかし過ぎて泣きたくなってもね。

それで感じてしまうのだから、静香はホントに「露出症のいやらしい女」だよ。

[3] 静香 ショッピングセンターに全裸コートで
ベンジーさま

青木静香です。

ショッピングセンターに全裸コートで出かけてきました。
コートは前回と同じくお尻が半分ほど見えてしまうほどの短い丈です。
歩くだけで裾からお尻が全開で“奥”まで見えています。
センターでは注目されます。
「あの人…恥ずかしくないのかしら!」
「恥じ知らずにも『限度』があるわ!」
「いやらしい女!変態ね!」
まわりから浴びせられる「声」を想像しながら…

「露出症のいやらしい女」は、たっぷり感じていました。
あまりにも感じすぎて…立つのもやっとでした。
屋上にある駐車場ではコートを脱いで全裸姿を晒してしまいました。
(センター内では…できませんでした)

身体に触れただけで「ぴくっ」と、反応して…あっという間に「イって」しまいました。

「野外で全裸オナニーして『イク』なんて…変態女ね!」
そんな声が聞こえました。
「変態女には…厳しいお仕置きが必要ね!」
恥辱のお仕置きプレイを始めることにしました。
優香さんからのアドバイスで「絶対服従の誓約書」まで作成しました。

これからのプレイを楽しみにしている静香です。


[4] ベンジー
全裸コートでショッピングセンターか。
お尻が半分見えてしまう丈って、それは注目されるよね。
罵声も浴びるわけだ。
それでも静香は感じていたのだね。

優香さんのアドバイスで「絶対服従の誓約書」を作ったか。
どんなプレイになるのか、楽しみだね。