由香の場合


[1] 由香 階段の上に立っていました
由香です。

そうなんです。
S子は、私だけに露出させて、それを見るのが面白いようです。
先輩をイジメるのが楽しいのでしょうか。
もしかしたら、とんでもない相手に出会ってしまったのかもしれません。

S子と会う時はいつもノーパンと言う約束です。
破ったからと言ってどうなるものでもないとは思うのですが、いつもそうしています。
S子も特に確かめようともしません。
S子がノーパンかどうか確かめたこともありません。

「今日は階段の上に立っていましょうよ」

駅の階段を登り切ったところで、S子と二人して立っていました。
S子だってスカートは短いです。
パンツが見えているかもしれません。
でも私は……
バレたらどうしよう。
見られたらどうしよう。
そう思いながらも、後輩のS子の命令で逆らえないでいます。

「先輩も好きですね」

なんてS子は言います。
確かに好きなのかもしれません。


[2] ベンジー
> S子は、私だけに露出させて、それを見るのが面白いようです。
> 先輩をイジメるのが楽しいのでしょうか。

たぶん、その通りなのだろうね。

> もしかしたら、とんでもない相手に出会ってしまったのかもしれません。

いや、由香にとっては理想の相手かもしれないよ。
一人ではなかなかできない露出を手伝って貰っているわけだし、
由香自身、イジメられるくらいの方がちょうど良いのかもしれないし。

> 破ったからと言ってどうなるものでもないとは思うのですが、いつもそうしています。

由香もしたいと思っているからだよね。

> 駅の階段を登り切ったところで、S子と二人して立っていました。

何だかんだ言って、S子も付き合ってくれているわけだ。

> そう思いながらも、後輩のS子の命令で逆らえないでいます。

後輩の命令で露出させられている自分に酔っていたりして。

> 確かに好きなのかもしれません。

由香はきっと、露出マゾなんだよ。