ゆかりの場合


[1] ゆかり 秘密を知られてしまいました
ベンジーさま

中原ゆかりです。

本社から「査察」に来られていた課長さんに「秘密」を知られてしまいました。

この日…ノーブラ・ノーパンでお仕事していました。
(自宅を出る時から身につけていませんし、持って来ることもしていませんでした)
本社から課長さんが来られるのを当日知らされたのです。
課長さんは会議室でお仕事されておられました。
課長さんから指示され…資料をお届けに行きました。
会議室のテーブルに足を引っかけてしまったのです。
派手に転ぶことはなかったのですが、課長さんに抱きついてしまうことに…

課長さんは私の秘密(ノーブラ・ノーパン)を知られますと…制服を脱ぐよう命令されたのです。
目の前で見られているところで裸になるのは、恥ずかしすぎました。
「出来ないのなら、関係者全員に報告しなければならないですね。」
このように言われてしまいますと、従うしかありません。
制服を脱いで…全裸になりました。
課長さんは会議室から電話をされ
「今日1日、業務のお手伝いをしてほしい」
と所長に了解をとりつけられました。
課長さんからは質問責めにされ「露出プレイ」のことを話すしか、なかったのです。
(元澤さん・冨澤さんのことは「秘密」にしています)

この日は、課長さんのいらっしゃる中で全裸勤務させられました。
常に見られているのでものすごく恥ずかしかったです。
今回の査察は1日だけでしたが退社される間際には
「今度は本社にきてもらうようにするから。
 露出プレイも、させてあげるからね!」
と、言われてしまいました。

本社でのお仕事(露出プレイ)を楽しみにしている、ゆかりでした。


[2] ベンジー
ノーブラ・ノーパンがバレて、会議室で全裸にされてしまったのだね。
課長さんは、ゆかりの趣味がわかっていたわけだ。
恥ずかし過ぎる体験も強制されればやってしまう女だと思われたんだ。
全裸勤務をさせられたのは、ゆかりにとっては好都合だったかな。

次は本社か。
どんな露出プレイが待っているのだろうね。


[3] ゆかり 全裸コートは恥ずかし過ぎるプレイです
ベンジーさま

中原ゆかりです。

今月の課題を実行してきました。

自宅から離れたところにある小さな商店街に行ってきました。

全裸コートは、恥ずかしすぎるプレイですね。
まわりの人たちは知らないのに、ひとりドキドキしていました。

バスに乗車して、近くまで行き、バス停からは徒歩で移動しました。
商店街に着いた頃には、ひとり感じてしまっていました。

コートの中に手をいれて確認すると、乳首は痛いほど勃っていて
股間は泉のように濡れていました。

商店街の細い路地でコートのボタンをはずしてオナニーをしました。
あっという間に「イって」しまいました。
あまりにも感じすぎて、何回も“イって”しまいました。


[4] ベンジー
全裸コート&オナニーの課題を実行して来たのだね。
小さな商店街か。
それでも時間帯によっては、買い物客は大勢いたことだろう。
そんな場所で恥ずかし過ぎるプレイをして来たのだね。
コートの下の乳首は痛い程興奮していたか。
オナニーの前戯になっていたのだろうね。
路地でのオナニーはすぐにイってしまったか。
気持ち良くなれて良かったね。

[5] ゆかり 「全裸勤務」させられました
ベンジーさま

中原ゆかりです。

本社・課長さんから「全裸勤務」させられたことで
オフィスで全裸勤務をするようになりました。
と、いっても…誰もいないお部屋ですが…

ノーブラ・ノーパンで出社・制服に着替えます。
お仕事中も、ノーブラ・ノーパンです。
「資料整理に…」
と別室に移動します。
中から鍵をかけて、制服を脱いで全裸になります。
「仕事中に裸になるなんて…ゆかりは“いやらしい女”だ!」
誰かに見られて、耳もとでささやかれた感覚でした。
全裸露出はこれだけで終わりません。
そっと…全姿で、部屋を出てしまったのでした。
(見つかったら…)
ドキドキ感MAXで、気を失うほどでした。

恥ずかしすぎて、たまりません。が、癖になってしまいました。

[6] ベンジー
一人全裸勤務を実行しているのだね。
仕事中はいつもノーブラ・ノーパンか。
着替えの時に、同僚にバレたりしないのかな。
別室で、中からカギをかけて全裸か。
そのままそっと部屋を出でしまうなんてやるじゃないか。
見つかったら、言い訳もできないね。