由紀子の場合


[1] 由紀子 だるま茶巾で取り残されました
私は磔女子グループに連行される形で体育館裏まで歩かされました。
そこで私はだるま茶巾から解放されるものだと思ったのですがそれは甘い考えでした。
私は彼女達に早くスカートを解いてくれるように頼みましたがニヤニヤ笑っているだけで解こうとしませんでした。
「由紀子、だるま茶巾くらい自分で解きなよ」と言うだけで見ているだけでした。
実は私は両腕をガムテープで縛られていて腕を自由に動かすことが出来ませんでした。
だから誰かに首の所のリボンを解いてもらわなければこの状態から抜け出すことは不可能でした。
でも私は彼女達がだるま茶巾にされた私を晒し者にする目的であることがようやく分かったのでした。
しかしもうすぐ授業が終わってしまいます。
この場所から脱出しないとまずいことになってしまいますが、その為には彼女達がいる所を通らなければならないのです。
しかしその進路を塞いでいる為に私は抜け出すことが出来ませんでした。
そして終業のチャイムが鳴り、体育館から1年生が出て来たのを確認すると彼女達は立ち去って行きました。
結果として私は体育館裏に1人取り残されてしまったのでした。


[2] ベンジー
だるま茶巾で体育館裏まで連行されたか。
まさに「連行」という感じだったのだろうね。
でも、そこでも解放されずにだるま茶巾のままとはね。
由紀子をそのまま晒し者にするのが目的だなんて残酷なことだ。
一人取り残されてしまった由紀子はどうなるのだろうね。

[3] 由紀子 だるま茶巾のまま廊下を歩かされました
授業が終わり1年生が体育館から出てくると私は見つからないように物陰に隠れやり過ごすことが出来ました。
しかしここも掃除の時間になると1年生がやってくるので、体育館から出て来た1年が立ち去ったのを確認して移動しないと大変なことになってしまいます。
でもどこに移動すればよいのか考え付きませんでした。
自分の教室に戻るにしても1年生の教室の所を通らなければならなかったのです。
渡り廊下に出たところで走ってきた女子とぶつかってしまいました。
私はよろけて尻餅をついてしまいました。
ぶつかってきた子は「ごめんなさい」と言って私を起こそうとして動きが止まりました。
私は「お願い早くスカートを解いて」と頼みましたが
彼女はだるま茶巾にされた私を凝視していました。
すぐにその子を追ってきたと思われる集団がやって来ました。
その子は「ごめんなさい」と再び謝って走って行きました。
そして彼女の追手?がやってきました。
その子達は私を見て呆気にとられていましたが
「ふーん、あんたここでそんな恰好して何やっているの?」
と質問されましたがすぐには言葉が出てきませんでした。
そうしているうちに他の1年生もやってきました。
「ねぇねぇ、何しているの」
と聞いてきて
「わぁ〜すごい恰好しているけどなにしているの?」という声がしました。
リーダーと思われる子が
「これってだるま茶巾ていうやつだよ。茶巾ずしと違って顔が出ている分恥ずかしいやつ」
1年生達はだるま茶巾を見るのは初めてらしくまじまじと見られました。
「でもなんでこんな格好してるんだろうね?」
「この子、黒のパンツ穿いているからじゃないの」
と言うとみんなの視線が私の下半身に注がれました。
教室でだるま茶巾にされたことはありましたが、この時の恥ずかしさはその比ではありませんでした。
そして私はその格好で体育館前の廊下を歩かされたのでした。
何往復も。
恥ずかしくて何回も途中でしゃがみこんでしまいましたが彼女達はそれを許さず、立ち上がるように命令されました。
これによって私の格好は多くの1年生に見られたと思いました。
全裸磔に比べたら軽いですが、不特定多数の人に見られたという点では恥ずかしかったです。
その後ですが体育館横のトイレに押し込まれ、制服を脱がされ持って行かれてしまいました。
もちろん制服のベルトで縛られて逃げ出せないようにされました。
私がこの状態から解放されるのは大分時間が経ってのことでした。


[4] ベンジー
茶だるまの姿を1年生たちに見られてしまったのだね。
顔出しだから、由紀子がそういう子だって、皆に知られてしまったわけだ。
次は1年生からも呼び出しされてしまうかもね。
最後はトイレに押し込まれか。
制服を持っていかれたということはビキニ姿で放置されたということかな。
解放された時は、ビキニは無事だったのだろうか。