友紀子の場合


[1] 友紀子 全裸コートのこと、知られているかも
ベンジーさま

冨澤友紀子です。

「商店街で全裸コート&オナニー」の課題をやってきました。

「全裸コートのこと、知られているかも…」
なんて、意識してしまい、心臓ドキドキで、ひとり興奮してしまっていました。

まわりを見渡して、誰もいないことを確認してコートの前を開けました。
乳首が痛いほど、勃っていました。
触れるだけで電流が流れて…しびれるくらいに「感じて」いました。
股間に手を伸ばすと、信じられないくらい濡れていました。
(こんなところ、誰かに見られたら…)
商店街の隅で隠れて「して」いましたから、余計に感じていたのかもしれません。

あっ…と、いう間に「イって」しまいました。

全裸コートでオナニー…恥ずかしすぎるのですが「癖」になりそうです。


[2] ベンジー
商店街で全裸コート&オナニーの課題を実行して来たのだね。

> 「全裸コートのこと、知られているかも…」

意識せずにはいられないよね。
それが全裸コートの醍醐味だし。

全身が露出の快感で性感帯になっていたみたいだ。
どこを触っても、感じてしまったのではないかな。

> (こんなところ、誰かに見られたら…)

誰かに見られたら「犯して」って口走っていたかもね。

> 全裸コートでオナニー…恥ずかしすぎるのですが「癖」になりそうです。

癖になっていいんだよ。
何度も挑戦してね。


[3] 友紀子 コートの下、何も身につけていません
ベンジーさま

今月の課題「全裸コート&オナニー」を行ってから…やめられなくなってしまいました。

始めた頃はお休みの日に…でしたが、お仕事から帰ってきてからも行うようになり
人目のつかないところでは“オナニー”をしてしまうことも…

今はお仕事の帰りに「全裸コート」で帰宅するようにまで…なのです。

帰りの電車の中…ドキドキなのです。
コートの下、何も身につけていません。
(もし、このことを知られたら…)
(コートを脱がされて全裸にされたら…)
頭の中は、『いやらしいモード』でいっぱいです。
最寄り駅からは、途中でコートを脱いで全裸姿になってしまうことも…
当然、まわりの人たちに見られてしまいます。
恥ずかしいのですが、感じてしまうようになってしまいました。

完全に「変態露出女」になってしまった友紀子でした。


[4] ベンジー
全裸コート&オナニーが止められなくなってしまったのだね。
仕事帰りも全裸コートか。
気が付くと股間に手が伸びているという感じかな。
友紀子もイヤらしくなったものだ。

> (コートを脱がされて全裸にされたら…)

ホントは誰かに脱がして欲しいのではないかな。
そのままコートを持って行かれて、全裸で電車内に取り残されるとか。

> 当然、まわりの人たちに見られてしまいます。

見られてしまうことを承知でコートを脱いでいるのだろう。
恥ずかしさに感じてしまう変態露出狂だね。


[5] 友紀子 大勢の人に全裸コート姿を
ベンジーさま

冨澤友紀子です。

今月の課題
「全裸コートで、長時間、人混みに出る」
行ってきました。

コートを着ているので、まわりの人たちにはわからないはずなのですが
全裸姿を見られているようで恥ずかしいですね。
何度も行っていますが、慣れることはありません。

「こんなところに全裸コートで来るなんて『いやらしい』女ね!」
「恥ずかしいとは思わないのかしら!」
「露出症の変態女!」
まわりの人たちから言われているような感覚でした。

大勢の人に全裸コート姿を見られて感じてしまった友紀子でした。


[6] ベンジー
全裸コート姿を見られてきたのだね。
周りの人にわからない筈。
でも、見られている、気づかれている。
そんな気持ちにドキドキしてしまうのだろう。
いつか本当に気づかれて、妄想のような罵倒をされる日が来ると良いね。