友紀子の場合


[1] 友紀子 絶対服従するプレイ
ベンジーさま

冨澤友紀子です。

官能小説に出てきた“絶対服従する”を…ひとりで始めたのでした。

私の露出プレイを“もうひとりの私”に知られてしまいました。
「口外しない代わりに、絶対服従する」
ことになりました。

もうひとりの私からのミッション
「全裸コートでショッピングセンターに行く」でした。
(ベンジーさまの課題を真似してしまいました。申し訳ございません)

コートのフロントボタンは全開したかったのですが、
あまりにも恥ずかしくてふたつだけ留めることにしました。

逆に全裸コートであることがまわりの人たちにわかってしまいます。
その姿を見られるのですから、恥ずかしかったですね。
「あの女、全裸コートよ!」
「恥ずかしくないのかしら?」
「露出症の変態女よ!」
まわりの人たちがこんな話をされているようでした。

「友紀子…コートを脱いでみなさんに見てもらいたいでしょう。命令してあげましょうか?」
命令されたら従わなければなりません。
「ここでは許してください…」
「場所を変えてあげるわ。」
人通りのない通路に移動しました。
「コートを脱いで、通路を往復してきなさい!」
「はい…」
コートを脱いで…通路を往復してきました。
人通りがない、と、いってもショッピングセンターの中です。
絶対に誰も来ないとは、限りません。
ドキドキは…終わってからも続きました。

「絶対服従プレイ」をはじめた友紀子にでした。


[2] ベンジー
友紀子は絶対服従させられたいのだね。
口外しない代わりに絶対服従か。
リアルでそういう相手がいると良いのにね。

> コートのフロントボタンは全開したかったのですが、
> あまりにも恥ずかしくてふたつだけ留めることにしました。

いっそのこと、思い切ってボタンを全部切り取ってしまうとか。

周りの人にバレて嘲笑されたり、罵倒されたりしてみたいのだね。
いっそのこと、コートを脱がして欲しいなんて考えているのではないかな。

> 「友紀子…コートを脱いでみなさんに見てもらいたいでしょう。命令してあげましょうか?」

コートを脱ぐ命令か。
されたら絶対服従だからね。
全裸で歩かなければならないわけだ。
場所を変えるなんて許さない、なんて言われるのはいつの日かな。

[3] 友紀子 恥辱の命令です
ベンジーさま

冨澤友紀子です。

絶対服従プレイ
「もうひとりの私」からの「恥辱の命令」です。
「全裸コートで、出かけてきなさい!
 従わなければ、友紀子の露出プレイを会社の人に公開するだけよ!
 営業所の人たちだけでなく、本社の人やほかの営業所の人たちにもね!
 自宅周辺の人たちにも顔写真付きで公開するから!」
このように言われてしまい…従うしかありません。

全裸姿にコートだけ…で、出かけました。
コートのフロントボタンは全開させられています。
「自分の手でコートを広げなさい!」
「これ以上は…許してください…」
「私の命令に叛くの?ネットにも『冨澤友紀子は露出症の女』と、公開してもいいのよ!」
もうひとりの私からは…どんどん辱しめの命令をされてこられます。
「申し訳ございません…」
コートを広げました。
(自ら…露出症の女と、言っているようだわ…)

川沿いの一本道まで来ました。
「友紀子…ここでコートを脱いで…公園に行ってきなさい!」
一本道の突き当たりが公園ですが、誰かに見つかると
逃げるところも隠れるところもありません。
コートを脱いで、公園まで、行ってきました。

公園はもちろん、道路でも友紀子の全裸姿を見られてしまいました。
(全裸露出は…命令されて行ったのよ。仕方がなかったのよ!)

自身に言い聞かせて…露出プレイをしている友紀子でした。



[4] ベンジー
「もうひとりの私」からの「恥辱の命令」か。
「もうひとりの私」は、やろうと思えば何でもできるから、絶対服従するしかな いというわけだ。
全裸コートで出かけて、前を広げて、川沿いの一本道で脱がされて、
全裸姿を見られてしまったのだね。
来年はもっとエスカレートしていくのだろうね。