悠里の場合


[1] 悠里 基本は外で全裸になることでしょうか?
はじめまして、悠里(ゆうり)といいます。
パンチラにハマってる16歳の女子高生です。

きっかけは夏休み明けの日に寝坊をして、
慌てて見せパンを履き忘れてしまったことです。
そんな日に限って強い風が吹いていたせいで、
駅のホームでスカートの前がめくれ上がりました。
風の感触の違いで見せパンを忘れたことに気づいて、
慌てて裾をおさえて恐る恐る周りを見回してみると、
向かいのホームでおじさんが目を逸らしました。
それで「パンツ見られちゃったんだ…」と理解して、
うつむいて恥ずかしさで赤くなった顔を隠しました。

帰っても落ち込んだままの気持ちを慰めたくて、
同じような体験をした人がいないか探しました。
それが野外露出に触れるきっかけになりました。
私には耐えられないほど恥ずかしい体験だったのに、
そんなの野外露出に入らないくらいに思えてきて、
それからはもう夢中で色々な体験談を読みました。

体験談を読むうちにパンチラの恥ずかしさを思い出して、
またあの恥ずかしさを体験したいと思うようになり、
見せパンをやめてスカートも少し短くしました。
「見られるかも」と意識するのは恥ずかしいけど、
少しずつそれを楽しいと思えるようになりました。
でも同じ学校の子はみんな見せパンを履いているし、
「自分から見せてる」と思われるのは怖いので、
偶然のパンチラでドキドキを楽しんできました。

こうしてメールを送ったのは冬休みに入ったからです。
夏休み明けから楽しんでいた制服でのパンチラも、
冬休みに入るとなかなかできなくなってしまいます。
もう少し本格的な野外露出を体験したい気持ちもあって、
きっかけにしようと思ってこのメールを送りました。

どんなことをしたらいいか迷っているんですけど、
やっぱり基本は外で全裸になることでしょうか?


[2] ベンジー
パンチラが野外露出のきっかけになったのだね。
見せパンでないパンツを見られてしまったことが、そんなに恥ずかしかったか。
悠里は恥じらいが強いみたいだね。
露出っこには向いていると思うよ。

外で全裸になることは基本だけど、それにこだわる必要はないさ。
いろいろな体験談を読んで、マネのできるものから始めてみたら。

[3] 悠里 恥じらいは他の子よりも強いかも
お部屋のオープンありがとうございます!
メールを送ったばかりで「あるかな?」と思ってアクセスしたら、
もうお返事があってびっくりしちゃいました。

恥じらいは他の子よりも強いかもしれません。
最初のパンチラで落ち込んでたときも、
友達に「そんなことくらい」と言われてしまって…
その恥ずかしさと、あまり良くないことじゃないかって、
理性が邪魔してパンチラ以上のことができませんでした。

このサイトは野外露出を好きな人が集まっているので、
メールしたのは野外露出することを認めてほしかったのかも…
私が露出っこに向いているというのは少し不思議ですけど、
せっかくだから楽しいと思えるのか頑張ってみますね。

優しいアドバイスもありがとうございます。
露出奴隷とか刺激的な言葉も目にしていたので、
いきなり全裸で歩き回るように言われるとか、
アソコの毛を全部剃らされてしまうとか、
キツいこと言われないか正直ドキドキしてました。

体験談で気になるのはやっぱり同世代の子なんですけど、
私より年下でもすごい体験をしている子ばかりですし、
樹里亜さんの懺悔に出てきた女の子たちが印象的で、
誘われたからって人前で全裸になれる思い切りと、
誘ってもらえているのが正直うらやましいと思いました。

私はまずは外で服を脱いでみたいと思っているので、
深夜に外に出て下着姿になるというのでもいいでしょうか?

[4] ベンジー
恥じらいは他の子より強いか。
いいじゃないか。
パンチラで落ち込んでいる悠里にはいきなりかもしれないが、
ノーパンから始めてみたらどうかな。
それだけでも、かなり刺激的だと思うよ。

近くに、樹里亜のような女性がいると良いのだけどね。

[5] 悠里 秘密を守るなら
ベンジーさんから課題をもらえて嬉しいです。
ノーパンはパンチラの先として意識してたけど、
どうしても踏み出せなかったことなんです。
今度こそ思い切ってチャレンジしてみます!
パンチラもいつも見えているわけではないから、
ノーパンだって簡単にはバレないですよね…?

パンチラで落ち込んだのは最初だけで、
今は見られてもドキドキを楽しめてます。
あくまで偶然見えちゃうようにしてるので、
最初のときほど見えちゃったことはないですけど…

誰かと一緒にできたらきっと楽しいですよね。
でも絶対に秘密を守るなら1人がいいのかな?

[6] ベンジー
ノーパンにチャレンジしてみるのだね。
パンツは保険みたいなものと言っていた子もいたよ。
真意はわからないけどね。
悠里の方がわかるんじゃないか。
偶然見られるのと、見られることを覚悟して見られるのとでは、
恥ずかしさが全然違うみたいだよ。

近くに露出っこメイトができると良いね。


[7] 悠里 ノーパンにチャレンジしました
ノーパンの課題にチャレンジしようと決めたけど、
でもやっぱり怖い気持ちとの間で揺れていて、
そんな時にお返事をもらって元気が出ました。
「パンツは保険」って少しわかる気がします。

いろいろなことを考えて迷いながら、
夜なら人が少なくて簡単には見られないから、
ノーパンで自販機まで行くことにしました。

時間になる前にパジャマも下着も脱ぎました。
自室でも全裸になると少しソワソワします。
下着はつけずに普段着に着替えて、
パンツはスカートのポケットに入れました。
姿見で見た姿はいつもと何も変わらないけど、
肌に擦れる生地の感じは全然違っています。
私の表情だけがとても不安そうにしていて、
そっちでバレないかが心配になりました。

こんな遅い時間に外に出ることもめったにないから、
玄関に向かうだけでも少し変な感じがしていました。
音を出さないように外に出てドアの鍵をかけました。
スカートの中に冷たい風が入ってくるので、
下半身の頼りなさを思い知らされて緊張します…

冷たさで敏感になったおしりにスカートの生地が擦れて、
一歩ごとに裾がヒラヒラ動いているのが伝わってきました。
「私、ノーパンで歩いてる」ということが感じられて、
「ついにやっちゃったんだ」と少し感動しました。

もちろん感動した以上に恥ずかしさと緊張もありました。
そんなに風は強くないから不安はないはずなのに、
誰かいないか気になってずっとキョロキョロしてました。

少し歩いた先に自販機が見えてきました。
なんだかいつもよりも明るいような気がして、
前に立って照らされるのが心配になりました。

はやく行きたいけど近づくのが怖い気持ちもあって、
ドキドキしながら一歩ずつ自販機に近づいていきました。

自販機の前に立って、ポケットから小銭を出そうとしました。
したんですけど、緊張と寒さで指がうまく動かなくて…
なかなかつまめないし、そうしているうちに落としてしまいました。

チャリーンという音にビクッとして、
慌ててしゃがんで手のひらで小銭をおさえました。
パッとおさえられたのは良かったんですけど、
膝上のスカートで無防備にしゃがんでいたので、
前からは中が丸見えになっているはずです…

無人の道路に向かってだけどアソコを晒して、
「やばっ」と慌てて立ち上がりました。
それでもそのドキドキの余韻はなくなりません。

お金を入れるために自販機の前に立つと、
思いっきり明るく照らされてると感じました。
「もしここに全裸で立ったら…」
そんなことを思い浮かべながらお金を入れました。

お金が入る音も、ジュースが落ちてくるときの音も、
みんないつもより大きく聞こえてきました。
それだけ緊張してたんだと思います。

ジュースを取り出すときにもしゃがんだけど、
自販機に向かってなのでそんなにドキドキしませんでした。

ジュースが買えたところでようやく半分です。
残りは帰りだと思うと気持ちが少し軽くなりました。
そうなると少し遠くまで気にする余裕も出てきて、
「音はまだ遠いからだから大丈夫」とか、
考えながら歩くことができるようになりました。

家に近づくとしゃがんだ時の感じを思い出して、
最後に家に入る前にスカートをめくり上げて、
一瞬だけどアソコを完全に露出しました。
ドキドキが強すぎて一瞬が限界でした…

こっそりと部屋まで戻ったら身体が震えていて、
こんなに緊張してたんだって驚きました。
でも思い切ってチャレンジしたノーパンは、
やっぱり気持ちよくて嬉しくなりました。

[8] ベンジー
ノーパンチャレンジ、実行して来たのだね。
悠里の戸惑いかわかる、良い懺悔だったと思う。
そういう恥じらいや葛藤がなくなったら、露出がつまらなくなってしまうからね。
自販機の前では、スカートの中を丸見えにしてしまったか。
露出の神様にイタズラされてしまったみたいだ。

> 「もしここに全裸で立ったら…」

そんな妄想もしていたのだね。
悠里が真剣にやりたくなるのは、いつになるのだろうね。

[9] 悠里 ノーパンは気持ち良かった
外でのノーパンは思ってたとおりで、
ドキドキできてとても気持ちよかったです。
特にスカートの中が見えた瞬間がいちばんでした。
露出の神様からがんばった私へのプレゼントかな?

全裸にもなってみたいと思ってます。
でも露出を人に見られる勇気はなくて、
近所に安全にできそうな公園はあるので、
そこでなら脱いでみたいかな?

[10] ベンジー
ノーパン体験、ドキドキできて良かったね。
悠里にとっては、神様のご褒美なんだ。
学校でノーパンすると、ドキドキが何倍にもなるぞ。

野外全裸も実行するか。
頑張って来てね。

[11] 悠里 外での全裸ってドキドキしますね
学校でのノーパンもやってみたいです。
でも、ドキドキしすぎて授業にならないかも…

野外全裸をするために近所の公園に行きました。
この公園の外周は木がたくさん植えてあるので、
公園外の自転車や車から見られることはなくて、
ここなら安全にできそうと前から気にしてました。

深夜になってから家を抜け出しました。
全裸になるのは公園でと決めていたので、
この時の服装は普段着で下着をつけていました。

「深夜だからいないはず」と思いながら、
誰かいないか確認しながら歩いていくのは、
ただの移動でもなんだかドキドキしました。

公園の中もじっくり確認してから、
トンネルみたいな遊具の中に入りました。
ここは明かりもあたっていない真っ暗だから、
それが怖いけど見られる心配も少なそうです。

トンネルの中から外の様子は少し見えるけど、
本当に少しなので簡単には見つからないはずです。
そんな事を考えながら緊張してドキドキしてきました。
これからここで服を脱いで全裸になるということ、
そして全裸になったらどんな気分なんだろうって、
色々と考えながら少しずつ手を動かしました。

服を1枚脱ぐごとにドキドキしながら、
脱いだ服を足元に積み重ねていきました。
ブラとパンツだけの姿になったところで、
もうかなりドキドキして緊張していたので、
それで十分という気持ちもありました。

ここまで脱いだんだからもう一息と、
思い切ってブラとパンツを脱ぎました。
脱いじゃったんだという興奮と、
胸やお尻に感じる冷たい空気にドキドキして、
立っているだけで身体が震えてきました。
トンネルの内側に胸やお尻を押し付けて、
冷たいざらついた感触を楽しんだりしました。

全裸になれたことに満足して、
服を着て少し休んでから帰りました。
外での全裸ってドキドキしますね。

[12] ベンジー
学校でのノーパンもやってみたいか。
授業よりも、お友だちの視線が気になるのではないかな。
悠里のノーパンに気づいて、露出メイトになってくれる子が現れると良いのだが。

野外露出をするための公園に目を着けていたのだね。
トンネルの中で服を脱いだか。
とうとう野外で全裸になってしまったね。
達成感みたいなものを感じているようだ。

次は、全裸のままトンネルから出てみることだね。